一般社団法人をかしや

メニュー

をかしやさんは、今日も柴刈りに。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、本日は、またもや「柴刈り」に行きました。

薪集めですね。

 

来年用の薪ストーブ用の薪は、今の時期に切り出すのです。

 

本当はチェーンソーでする作業は柴刈りとは言わないんでしょうが、ともかく天気もよかったので、前回に引き続き、近くの山に薪を切り出しに行きました。

 

前回作業したので、現場はだいぶ綺麗になっています。

が、軽トラ2台分くらいの薪は、まだ残っています。

 

dav

川に落ち込んでる材を切り出します。

 

長靴を履いて川に入り、チェンソーで切り出します。

材はアラカシ。カシは硬いので、とても良い薪になります。

 

でもチェンソーをよく研いでおかなければいけません。

 

刻んでは運び軽トラに積み、それを をかしや古民家に運び込む事二回。

すっかり現場は綺麗になりました。

 

dav

スッキリ!

 

朝から二時間弱の作業で、天気もよく気持ち良く汗を流しました。

 

そして、古民家の庭で一休み。

田舎暮らしならではの贅沢な時間。

 

dav

 

そうそう、この写真に写ってるのが、前回も手伝ってくれた、をかしやサポートスタッフでもあり、林業仲間でもあるSさん。今回から名前を改め「ともさん」と呼ぶ事になりました。

 

顔出しも許可していただきました。

今回も軽トラで駆けつけていただき、ひじょーにに助かりました。

 

ともさん、ありがとう!!

 

 

しばらくまったりとし、コーヒーを飲んだりカントリーマアムをたべたりして、昼前に解散となりました。とても気持ちの良いお茶タイムでした。

 

やっぱり田舎暮らしは楽しい。

なんてことないお茶の時間なのですが、労働のあとのお茶は格別です。

 

そしてをかしや古民家は、さらに薪だらけとなりました・・・。

早く薪棚作って、薪割りしないと、、、、。

 

dav

山盛りです、、、。

 

 

そうそう、こんな、山や森と共にあるライフスタイルを学ぶ講座「やまなみインタープリター講座」絶賛募集中です。現状申し込みは12名ほど。

 

参加メンバーは多様で、学生さんから林業はじめて女子、そうかと思えばプロのきこりまで、実にいろんな人が来ます。

 

地域もさまざまで、愛媛県内だけでなく徳島県や、遠くは大阪からもやってきます。

 

今年もまた、面白い講座になりそうです!

 

 

それでは、今日はこのへんで。

2017年04月14日

をかしやさんは、山へ柴刈りに。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さてさて、先日、山に薪取りに行きました。

昔話で言うところの「柴刈り」です。

 

をかしや家は薪ストーブで暖をとっているため、冬を越すためには大量の薪の確保が必要となるのです。

 

今年は1月に古民家に入居したため、薪の確保が間に合わずやむなく生木を燃したりするはめになりました。生木だと煙突が詰まるし、燃焼も良くないのです。

 

ということで、来年の薪の確保に行きました。

 

立木を着る場合、春をすぎると木が水をあげてしまうため、その前に伐るのがベストです。

 

場所はをかしや古民家のすぐ近く。

少し前にご近所さんが「切っていいよ」と言ってくださった場所

でも我が家には軽トラがないので、取りに行くのを躊躇していました。

 

 

しかしそこに救世主登場!

 

なんと偶然にも、をかしやヘルプスタッフであり、林業仲間であるSさんが、軽トラに乗ってふらりとやってきてくれたのです!

 

チャンス到来!

 

ということで薪を伐り出すことにしました。

dav

川沿いの場所に、倒された木が積み上がっています。

これを運べる長さに刻んで、運び出すのです。

 

こう見ると少ないように見えますが、結構な量があります。

 

材はアラカシ。

カシ類は材が硬く、最高の薪になります。

 

川の手前には、すでに切って積んである枝があります。

これも刻んで薪にします。

dav

 

これを刻むのは結構手間がかかるのですが、手伝ってくれたSさんが手際良く刻んでくれました。

Sさんは森林ボランティア歴が長いので、こういった作業はお手の物なのです。

 

Sさんありがとう!助かったー!

 

dav

手際の良いSさん

 

そうしてに時間ほど作業し、軽トラックで二台分を搬出しました。

作業後の現場はこんな感じ。

 

dav

だいぶスッキリ!

 

全部運べたわけではありませんが、まああと2時間くらい作業すれば綺麗になるはず。

これでも軽トラ2〜3台分くらいあります。

 

薪を運びこんだをかしや古民家はこんな感じ。

 

dav

山になってます、、、。

 

このあとは、ちょうどいい長さに切って、割らなければいけません。

ああ、その前に積むための薪棚作らなきゃ、、、。

 

 

と、田舎暮らしはでは連鎖的に作業が発生し、結構いそがしいのです。

もちろん、それが楽しいのですが。

 

あ、そうそう。

このような、山と関わるライフスタイルを体験するための講座「やまなみインタープリター講座」4月29日開講です。

山、森、薪などに興味のある方、ぜひどうぞ!

 

 

以上芝刈りレポートでした

2017年04月07日
1 2 3 4 5 6 9