一般社団法人をかしや

メニュー

ベビーメタルと山プリ講座。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

いよいよ今週末の29日から やまなみインタープリター講座、略して「山プリ」が始まります。

 

林業技術だけではなく、山や森に関わるライフスタイルを学ぶこの講座、年齢も職業も様々な人がエントリーしてくれています。

 

 

さて今日からは、そんなやまプリ講座の講師を紹介したいと思います。

3名の講師がいて、どの方もいずれ劣らぬ魅力の持ち主なのですが、まずトップバッターは最年長の

 

 

村瀬 宏之さん から。

 

 

まずはプロフィールをご覧ください。

 

 

村瀬 宏之(さくら組代表)

 

DSC_2338

 

岐阜生まれ名古屋育ち、32才より、全く未経験の林業会社(愛媛県砥部町)に就職、13年勤めて退職、現在独立4年目。体力に合わせて半林半Xを模索、“話の聴ける木こり”を目指し、カウンセラーの勉強を7年前より始める。電話相談ボランティア5年目。4月よりハローワークにて週イチ、キャリアコンサルタントを務める予定。極真系の高見空手の有段者でもあるが、楽しみは妻と飲みに行くことと、娘との長電話。趣味は料理とオペラ、映画鑑賞、そして「ももクロ」ことももいろクローバーZのライブ鑑賞。

 

 

「”話の聴ける木こり”を目指し、カウンセラーの勉強を7年前より始める」

 

 

「極真系の高見空手の有段者でもあるが、楽しみは妻と飲みに行くことと、娘との長電話」

 

 

「趣味は料理とオペラ、映画鑑賞、そしてももいろクローバーZのライブ鑑賞」

 

 

・・・このプロフィールだけでも、すでにすごくないですか?

 

 

つーかギャップがありすぎる・・・。

 

 

そう、村瀬さんの魅力はギャップがものすごくあることだと思います。

 

 

 

先日、こんなことがありました。

 

 

村瀬さんの木こり仕事を手伝いに、愛媛県の内子町に行きました。

このことは、本ブログでもお伝えしました。

 

 

二日間の仕事の予定で行ったのですが、雪が降ってしまい初日は林業ができなくなってしまいました。

そこで、村瀬さんに案内していただいて小田深山や内子のいろんな場所を巡ることになったのです。

 

 

 

内子町に、しだれ桜が有名な「野村」という地域があります。

 

美しい石垣や田畑、そして桜をはじめとしていろんな花々が咲き乱れる桃源郷のようなところです。

 

野村のしだれ桜

野村のしだれ桜

 

 

その時のことです。

 

 

野村への道すがら、村瀬さんがおもむろに「これ見てみる?」と一枚のDVDを取り出し、軽トラのプレイヤーに入れ再生し始めました。

 

 

軽トラでDVD再生できるところがすでにすごいのですが、そのDVDは、「ベビーメタル」のライブDVDでした。

 

 

『え?ベビーメタル』

 

 

みなさんはベビーメタルを知っていますか?

 

 

BABYMETAL(ベビーメタル)は、日本の女性3人組メタルダンスユニット2010年に「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成。新感覚のスタイルに国内のみならず海外からの支持も多く、ワールドワイドな活動を展開している。

 Wikipediaより
ベビーメタル

 

 

日本はもちろん世界中で爆発的に人気のある「ヘビメタなのにアイドル」な3人組ガールズユニット。

 

3人の年齢は18〜19歳という若さだそうです。

 

 

私も、日本より世界で凄く人気があるということは知っていましたが、この瞬間までほとんど見たことありませんでした。

 

 

 

それよりなにより、、、。

 

なんで野村で、しかも軽トラの中でライブ見なきゃならないワケ?

 

 

 

想像してみてください。

 

「これぞ日本の原風景」ともいうべき棚田や石垣、そして菜の花咲く桃源郷のような景色の中を、おっさん二人が軽トラに乗って、大音量でベビーメタルのライブ見ながら走っているさまを、、、。

 

※写真はイメージです

 

babymetal1

 

とにかくギャップありすぎ!

 

私にとってなかなか衝撃的な体験でした。

 

 

しかし、それ以来妙にベビーメタルが気になってしまい、家に帰ってからもユーチューブとかでみたりして、今ではすっかりハマってしまいました。

 

ヴォーカルはめちゃくちゃうまいし、パフォーマンスも完璧、演奏する「神バンド」は超絶技巧、歌詞も「和」な感じで巧みに童謡とか取り入れてるし、、、。

 

よかったらぜひ見てみてください、ベビーメタル。

 

ハマる人はハマると思います。

 

 

 

そんなワケで、そんなかつて知らない新たな世界に気づかせてくれたのが「やまプリ」講師の村瀬さん。

 

 

かといってオタク的な要素はみじんもなく、とにかく料理からカウンセリングからアイドルまで、趣味の幅が広いのDEATH!

 

DEATH

 

 

 

そして一方で、きこりとしての技術もすごい。

 

 

私は昨年から、冬の時期に林業に携わっており、村瀬さんと一緒に仕事させてもらっています。

 

驚いたのが、とにかく、仕事が早い!

 

 

間伐の仕事をしていても、あっという間に切り倒してどんどん進んでいきます。

 

私も大学時代林学を学んでいましたし、実際に富士山麓で1年間林業に携わっていましたが、もはやそんなレベルではない。

 

 

村瀬さんと、次回紹介する江崎けんちゃん、みさちゃんと仕事をしているとまるで

 

 

「悟空やベジータと一緒に戦わなくてはならなくなったクリリンの気持ち」

 

 

になります。

 

 

わかりますかね?

 

到底かなわない戦いをしなければならない辛さ、ですかね。

 

 

「あ、俺死んじゃうかも、、、」

 

みたいな。

 

クリリン

 

 

 

とにかくそんなすごい林業技術や体力をもちながら、ぜんぜん鼻にかけず、趣味も人間の幅も広い。

 

とんでもないギャップを持った人、それが村瀬 宏之さんです。

 

 

ぜひそんな、素敵な講師に会いに来てくださいませ。

 

以下、やまプリ講座のご案内です。

 

 

単発参加も大丈夫なので、よろしければぜひどうぞ!

 


 

やまプリ講座  〜やまなみインタープリター講座〜

 

「やまプリ講座」は、森林や林業、そして山と関わるライフスタイルについて学ぶ講座です。

 

例えば、薪ストーブを使うと、少し人生って豊かになります。

あるいは、焚き火を囲むだけで心が穏やかになります。

 

そんな、山や森と関わる第一歩を、伐採体験やチェーンソー体験、そしてさまざまなメンバーとの交流を通じてやってみよう!という講座です。

 

日時:第一回・・・・平成29年4月29日(土・祝)9:30~17:00

第二回・・・・     6月4日(日)9:30~17:00

第三回(一泊二日)・・・7月8日(土)9:30~ 9日(日)17:00

定員:20名

会場:愛媛県今治市玉川町鍋地集落および集会場

テーマ:第一回・・・きこり入門

第二回・・・チェンソーワーク

第三回・・・森を伝える人になる

 

こんな人にオススメ!:

 

中学生以上の

 

・森林や林業にちょっと興味のある人

・木を伐採して、その木で何かを作りたい人

・チェーンソーの扱い方、選び方を知りたい人

・チェーンソーの目立て(刃の研ぎ方)の仕方、目立てに超便利!な道具の選び方を知りたい人

・薪ストーブや、薪の扱い方を学びたい人

・多様なひとびととの交流を楽しみたい人   ・・・などなど

 

参加費:連続参加:9,800円(三回一括料金、三回目の食費別途)

単発参加:初回・二回目、3,000円/回、最終回5,000円(食費別途)

 

※ガク割、あります! 中高大学生の参加費は上記料金の半額!!

 

講師:村瀬 宏之氏、江崎 賢二氏、江崎 美沙氏

 

申し込み方法:下記申し込みフォームからお申し込みください

申込フォーム

 

※本事業はセブンイレブン記念財団の助成を受けて実施します。

(さらに…)

2017年04月26日

太陽が育む森。

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて今日の仕事は、太陽石油さんのCSR(企業の社会貢献)事業のお仕事。

今治市との協働で実施している「太陽が育む森」という事業でした。

 

この事業はすでに13年も実施している由緒あるイベントで、太陽石油の社員さんが今治市内の森に来て植林したり、さまざまな自然体験をする、という内容です

 

私が関わるのは今回で4回め。

 

dav

会場の様子

 

dav

 

全体のスケジュールとしては、午前中に植林を行い、私たちの出番は午後から。

私は太陽石油の社員さんを対象に、ロープワーク教室を実施させていただきました。

 

植林を終え、お弁当を食べて、いよいよロープワーク教室開始。

 

 

ロープは使い方次第で、とても役にたつ道具になります。

私が実施するロープワーク教室は、まず基本的な結び方を2つ3つ覚えます。

 

そして最後に、覚えたロープワークを実際に使って作業をします。

 

今回は、結びの王様と言われる「もやい結び」と、長さを自由自在に調整できる「自在結び」をマスターし、最後にブルーシート(白いけど、、、)を使ってタープ(布で作る屋根)をはる、という体験をしました。

 

まずは私が結び方のデモンストレーションをし、あとは実践あるのみ。

 

 

立木に結びつけたり、お互いの体をつかったり、とにかく結びを体で覚えていきます。

 

dav

 

dav

 

結びは難しいけど、やるととっても面白い。

うまくできたら、自然と笑みがこぼれます。

 

dav

 

そうして幾つかの結びを覚えたら、いよいよ実践!

 

シートを使ってターピング。

屋根作りにチャレンジです!

 

現代的な日常生活では、ロープなど使う局面は少ないかもしれません。

しかしロープワークは、キャンプなどの野外活動でとても役立ちます。

 

さらに、ものすごく役立つ局面があります。

 

それが「災害」です。

 

私はかつて新潟に住んでおり、ちょうどその時に中越沖地震が起きました。

被災して三日間くらいは電気ガス水道などのインフラがストップしました。

 

夜は真っ暗、ガスもないから煮炊きもできません

 

そんな時に役立つのがアウトドアスキル。

 

 

一枚のシートがあり、ロープワークができれば雨風をしのぐことができます。

 

火を起こすことができれば、寒い夜も暖を取ることができます。

 

 

緊急時には、それが生死を分けることもあるのです。

 

 

実際に私は3年前の広島で起きた水害の際、被災地支援にも行き、それを実感しました。

不便な状況下では、アウトドアスキル、サバイバルスキルは何よりも頼りになるものです。

 

ということで、そんな状況を想定して、一枚のシートだけで屋根を作ります。

 

dav

 

もちろんみなさん、こんなことするのは初めて。

1時間半前まで、ただ一つのロープワークさえ知りませんでした。

 

しかし今は少なくとも2つの結び方を知っています。

それを駆使して、タープ張りに挑みます!

 

 

タープを貼るためには「ポール」と呼ばれる柱が必要。

でもそんなものはありません。

 

 

だから山の木を切り、柱を作ります。

 

dav

 

 

 

 

 

アウトドアの経験がなくても、そんなの関係ねー!

 

知恵を絞り、体をうごかします。

 

各自ができることを考え、やるべきことをやります。

 

 

するとどうでしょう。

 

人生で全くやったことのないことでも、幾つかのロープワークをしっているだけで、ちゃんとできてしまうのです。

 

dav

タープ完成

 

 

このようにして、いまだかつてやったことのない未曾有の課題にチャレンジし、そして皆の力を合わせて見事に克服できたのでした。

 

 

最後に、完成したタープの前で記念写真。

 

みんないい顔

みんないい顔

 

 

達成間溢れる、いい顔をしています。

 

 

ということで、ロープワーク教室無事終了しました。

 

 

やはり、アウトドアはいいですね。

 

人間の「限界」を知ることができる。

 

自然は厳しいけど、誰にでも平等です。

 

そこから我々が学べることが、たくさんあるのではないかと、いつも思ってます。

 

 

 

 

 

2017年04月22日
1 2 3 5