一般社団法人をかしや

メニュー

下関にてキャリア教育

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

昨日今日は(といっても日付変わってしまいましたが、、、)、下関にてキャリア教育の仕事でした。

 

中学生に、造船と船にまつわる仕事を体験してもらうのが業務内容。

トータル十時間くらいの授業時間をもらい、様々な体験をしてもらいます。

 

今回はその総仕上げ。

 

最後のプレゼンテーションに向けて、模造紙を使っての壁新聞作りのワークショップです。

 

 

今回お邪魔したのは二校。

 

最初の学校は眺めが良かった!

関門海峡がよく見えます。

 

dav

 

 

二校目は一昨年からの継続校。

ワークショップ会場には、卒業生が残した造船の各場面を型どったステンドグラスが。

 

dav

ステンドグラスは造船!

 

そしていよいよ壁新聞作り。

今まで学んできたことをふりかえりつつ、模造紙にまとめていきます。

 

dav

 

みんな一生懸命やって、なんとか形にすることができました。

 

後は本番のプレゼンテーションのみ。

みんながんばれー!!!

 

 

そんなこんなで二日間を過ごしてきました。

 

 

ちなみに、下関と言えばやはりフグ。

 

下関では「ふく」というようです。

 

 

昼食に「ふくたたき丼」をいただきました。

 

dav

ふくたたき丼

 

 

私は乗り物が好きなので、行き帰りの新幹線も相当楽しい!

 

帰りの新幹線は700系ひかりレールスター。

四列シートが素晴らしく、グリーン車気分。

 

でも、700系のレールスターですら、今や新幹線の中の鈍行「こだま」扱いなんですよね。

 

dav

ゴージャス列車「ひかりレールスター」

 

そのあと乗り継いだのは九州新幹線「さくら」。

青磁色のボディが美しい。

 

dav

 

 

そんなこんなでいろいろ楽しんだ下関出張でした。

 

明日からは東京出張です!

 

 

2017年06月09日

中学生職場体験 二日目

おはようございます。

理事でインタープリターでアニマルコミュニケーターの たま(菊間裕子)です。

 

緑が濃くなってきて、いきものも元気いっぱい。

ホタルがふわりと飛び交い、田んぼにはおたまじゃくし、それを食べに来た鷺の群れ。

さまざまなヘビにも出くわします。ムカデもしょっちゅう登場。

 

 

強いのは「草」。  モリモリと背を伸ばし、あっという間に地面が見えなくなって…。

ああ、刈らなきゃ…  何度も草刈りはたいへんですが、

ふと思います。

 

 

もし、草たちがいなかったら…。

土地は赤裸。 カラカラに乾いて、土に栄養が溜まることもなく、生き物が住む余地もなく…。

 

砂漠。

 

ということは、彼らは、何度刈られても、抜かれても、倒れても、

ひたすらに、ただ一心に、大地を緑で包もうとしているんだな。

 

そう思うと、草刈りはたいへんだけど、草はありがたい存在なのだな、

とも思えたこの春でした。

 

 

5月下旬はいろんなことがありました。

をかしやではツバメががんばって子育て中。5羽のヒナがすくすくと育っております。

が、5月末、母さんツバメがうちの猫に捕まり亡くなるという悲劇が起きてしまいました。

悲しくほんとうに申し訳ない気持ちでいっぱいですが、

父さんツバメは、一羽になっても、ただ黙々と一生懸命に、朝から晩までこどもたちにエサを運んでいます。

その姿に、胸を打たれ、頭が下がります。

 

ヒナたちが無事育つことを心から願います。

そして、辛いこと苦しいことがあっても、私もがんばろう、という勇気を、

父さんツバメからいただきました。

 

 

さて、やっとお仕事の話。

 

地元の中学生が職場体験に来てくれた二日間。

1日目は事務作業と薪割などをやってもらい

2日目は、翌日の鈍川渓谷ツアーの下見に一緒に行きました。

DSCN5847

さまざまないきものに出会い、この日の自然のようすをチェックし、ツアーで紹介したいものをピックアップしていきました。

 

DSCN5868

彼が見つけた、恐竜のホネ!?

ではなく、大きなイノシシの頭骨です。

なぜ死んだのかはわかりませんが、ここで懸命に生きた命の亡骸です。

背骨や足の骨、毛も、辺りのあちこちに散らばって落ちていました。

このイノシシの亡骸は、たくさんの動物のお腹を満たしたことでしょう。

そして、土に、森に、還っていきます。

 

地元だけどあまり鈍川渓谷に来たことがなかった中学生の彼。

「こんなに大きいのがほんとにいるなんて、びっくりしました。」衝撃だったようです。

ほかにも美しい鳥や自然の美しさを発見し、地元の自然の豊かさを感じてくれました。

 

彼にいただいた職場体験お礼のお手紙には、

地元の自然の豊かさを知ったこと、

仕事は準備が9割だと知ったこと、自分も準備を嫌がらずできる人になりたい、ということが書いてありました。

職場体験が、彼の何かの役に立てれば、私たちは心から幸せです^^。

将来、インタープリターを目指すのかな。彼の未来を応援します。

 

新鮮な二日間でした。

 

 

そして思い出しました。私が大学生の時、

「インタープリターになりたいんです。ボランティアさせてください!」

と、初めて、姫路市自然観察の森の門をたたいた時のこと。

そこに勤める日本野鳥の会のレンジャーさんは、それから4年間、多くのことを教えてくれました。

それから、公益財団法人キープ協会環境教育事業部の実習生になったこと。

インタープリターを志してから、た~くさんの先輩たちに、仕事、人生、いっぱい学ばせていただいて、

今があるんだなあ。

 

改めて先輩方に感謝いたします。

 

 

 

 

2017年06月01日
1 2 3