一般社団法人をかしや

メニュー

絵本の読み聞かせ。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、私はたまに、近くの小学校で絵本の読み聞かせをしています。

 

小学校の父兄が作った読み聞かせののグループがあり、その一員として活動しています。

今から10数年前にできたグループで、現在のメンバーは10人ほど。

 

そして面白いのが、10人のうち半分の5人が男性なのです。

つまりお父さんね。

 

これって結構珍しいと思います。

 

 

しかも、そのうち二人は坊さん!!

 

なかなか面白いメンバーです。

 

まあ、平日8時からの読み聞かせなので、なかなか堅気の人には難しい。

坊さんとか、私のように比較的自由の利く職業じゃないと行けないんですね。

 

 

そんなわけで読み聞かせに通っています。

 

時間は10分なので、だいたい二冊読めます。

 

dav

 

ある時はこの二冊。

 

「いわしくん」は海を泳いでいたイワシが網で捕らえられ、船に揺られて買われて家庭の食卓に上がって食べられてしまう、という結構シュールな内容。

 

でも最後に、イワシは食べられた少年の一部になってプールに行き「僕は泳いだ」というのです。

 

食べるということの本質に迫ってますね。

 

 

そして食べたら必ず出るのがうんち。

 

 

これらの絵本を通じて、食べる食べられるってことを感じてもらえればいいな、と考えてのチョイスなのです。

 

 

またある時はこの二冊。

 

dav

 

二冊ともとにかく楽しい絵本。

 

このときは一年生だったので。

大盛り上がりでした。

 

やっぱり一年生はかわいいですねえ。

 

 

そしてこの二冊。

 

dav

 

しましまじまはツペラツペラさんの絵本で、絵が綺麗で楽しい。

 

なんかこの時はちょっと長めの絵本を読みたくなって、この二冊を選びました。

 

 

が、この日は大雨洪水警報によりまさかの休校!

 

ガーン。でも仕方ない、また今度読もう。

 

 

ということで、楽しく読み聞かせをしております。

 

 

思い起こせば、私も二人の子どもを育て、彼らが小さかった頃は絵本を読んでいました。

でも今や二人とも小学生になったので、そんな機会もすっかりなくなってしまいました。

 

読み聞かせは、子どものためというより、実は読んでる大人の方に良いらしい。

脳波を測ってみると、大人の脳に良い影響が出てるようです。

 

ということで、これからもぼちぼち読み聞かせに行きたいと思います。

 

 

みなさんも読み聞かせいかがですか?

 

特にバリバリ仕事してるお父さんがやると、子どもや先生に喜ばれるし、なにより本人に取っても良いのではないでしょうか。

2017年07月02日

優雅な休日。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、今日は日曜日。

そして珍しく仕事がありません。

 

私たちの仕事は基本的に土日が忙しいのですが、この時期はオフシーズンに当たるので、土日に休むことができるのです。

 

昨日も休みをとることができました。

 

なので、家族で近くの公園に行ってみました。

とても広い芝生のある公園で、多くの家族連れがボール遊びをしていました。

 

dav

とても良い天気。

 

このような普通の光景を目にすることって、私には珍しいことなのです。

基本、土日は仕事ですから、、、。

 

私たちもひとしきりボール遊びに興じた後、ティータイム。

コーヒーやココアを入れて飲むことにしました。

 

dav

 

ガソリンストーブ(コンロ)でお湯を沸かします。

いつでもティータイムができるように、私の車にはこういった道具を積んであります。

 

ちなみにこのガソリンストーブはとても珍しいもの。

ドイツ製の「JEWEL 34」というストーブ。

 

ジュエルとかいて「ユベール」と読むらしい。

 

 

私はアウトドアの仕事をしていますが、いわゆる「最先端のギア」には全く興味がありません。

 

登山など、必要性がある場合は別ですが、私はそういった「新しい道具」ではなく、古くて味わいのあるものが好きです。

 

 

例えばこのJEWEL 34は数十年前に作られたもの。

東西統一前のドイツの製品だと思います。

 

こういった古い道具をメンテナンスして使うのが好きなのです。

 

そもそも、私たちの「をかしや」という屋号も「日本的なものや、古いものを大切にしたい」という思いから古語の「をかし」をとって名付けたのです。

 

 

 

さて、このストーブの形そのものは、現在でも生産されているスウェーデンの名機オプティマス123R、通称「スヴェア」とほぼ同じです。

 

しかし素材とデザインは全く違います。

スヴェアは金色に輝く真鍮製ですが、JEWEL34は鉄に美しい塗装が施されています。

 

dav dav

 

特にこの、クラシックなハイキングのイラストにはしびれてしまいます。

古き良き時代を思い起こさせます。

 

dav

 

五徳を兼ねるケースの中にはストーブ本体が。

本体は青く塗装されており、これがまた美しい!

 

まさにJEWEL=宝石。

 

dav

 

350mℓ缶と比べると、そのコンパクトさがわかりますね。

それでいて結構な火力なのです。

 

ということで、このストーブでお湯を沸かしコーヒーを淹れ、一人悦に入るのでした。

 

 

いやー、実に優雅な休日。

 

 

こういった、お金では計れない楽しみが、田舎ぐらしやアウトドアにはありますね。

 

私はこれからも、仕事やプライベートを通じて、そんな魅力を伝え続けていこうと思っています。

 

 

ちなみに、今は自宅である古民家前でこれを書いています。

天気が良いので、庭にテーブルをだして。

 

dav dav

 

こういうのどかな景色を眺めながら仕事できるのも、田舎暮らしのシアワセなところです。

 

 

それでは、今日はこのへんで!

 

2017年03月12日