一般社団法人をかしや

メニュー

ワークショップ・太陽の光と川の水で電気を作る MINI発電所を作ろう!

こんにちは。菊間たまです。
寒くなりましたがみなさまお元気ですか。
日に日に冬が近づいていますね。
冷たい空気、澄んだ星空、鮮やかな紅葉。

寒くなると、よりお日様の温かさが身に沁みます^^。ああありがたい。

 

今年のをかしやは、再生可能エネルギーについて学んだり、
体験する勉強会やワークショップを実施しています。

 

今月末、11月29日(日) 太陽光発電、小水力発電を体験し、
自然エネルギーから電気ができる仕組みがわかるワークショップを開催します。

 

太陽光小水力発電ちらし

太陽光小水力発電ちらし

 

 

「太陽の光と、川の水で電気を作る
MINI発電所を作ろう!」

 

お日様のエネルギーは無限大。ソーラーパネルにより、
太陽の力を電気として使わせてもらうことができます。

 

小水力発電は、地域の川や用水路でも発電できる、
可能性いっぱいの再生可能エネルギーです。

 

今回はこの2種類の自然エネルギーを、使える電気に変えていく体験をします。
いくつかの機器をつないで、発電システムを作っていきます。

 

 

電気は目には見えません。
コンセントにぽちっとさせば、当たり前のように電気製品が使える毎日です。
しかし、電気はどうやっておうちに来ているのか、
何から電気ができているのか、
体験しながら知ることで、ライフスタイルについて考えることができます。

 

そして、身近で、自然のエネルギーを電気にして使えるって、
すごくないですか。
私たまは、電気や物理は、苦手ですが、
食べ物から自然の恵みをいただいているように、
エネルギーも自然の恵み。
恵みをいただいて心地よく過ごせるのは、ありがたいことですね^^!!

 
おうちで。アウトドアで。防災に。持続可能な未来のために。
電気を生み出して使える機器、テクノロジーにふれることで、
ワクワクする未来の可能性が広がります^^。

 

ご参加お待ちしています。

 

申込フォーム

「太陽の光と、川の水で電気を作る
MINI発電所を作ろう!」

電気はどこから来るのだろう?

このワークショップでは、2種類の自然エネルギーから電気を作ります。

ソーラーパネルを使った太陽光発電、
らせん型小水力発電機を使った小水力発電のシステム作りを体験します。

いくつかの機器をつないで、お家で使える電気に変えていきます。

仕組みがわかれば、電気がもっと身近なものになりますよ。

 

期 日:2020年11月29日(日) 9:30~16:30

会 場:今治市玉川町鍋地集会所

対 象:小学5年生~一般

定 員:16人

参加費:無料

講 師:小林 修氏 (愛媛大学国際連携推進機構)

入岡 利成氏(キカイ・ジャパン合同会社)

持ち物:マスク、水筒、帽子、タオル、防寒着(野外へ出ます)、お弁当、

USBで充電したい小型電子機器

 

申込問合せ先:一般社団法人をかしや

 

お申込は  申込フォーム

 

お問合せは info★wokasiya.jp  (★を@に変えてご利用ください)

 

主 催:一般社団法人をかしや

 

ƒZƒt?ƒ“ƒAƒ“ƒg?ƒAƒCà’cŒˆ’èÅV

この活動は一般財団法人セブン‐イレブン記念財団の助成を受けています。

 

2020年11月15日