一般社団法人をかしや

メニュー

裏山の整備。

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、先週末のこと。

古民家の裏山の手入れをしました。

 

うちの古民家はすぐ裏に山があるのですが、そこにシノ竹やらさまざまな潅木やらがしげってしまい、なにか鬱蒼とした、ちょっとしたジャングルのようになっています。

 

あたたかくなる前に、これらを切り開かなければなりません。

さもなければ、大量の蚊に襲われるハメになるでしょう、、、。

 

田舎暮らしでは、このように折に触れて日々の作業をし、自分で「汗を流す」ということがとても大事なのです。

 

で、その裏山の様子がこんな感じ。

 

dav

 

これでも手前の方はだいぶ手入れした後です。

もう少し寄ってみると、ボサボサ加減がすごい。

 

dav

 

なのでまずは刈った篠竹(しのだけ)を集め、古民家の敷地に運び、燃やして処分します。

 

その後もう一度刈り払い機で篠竹や藪を切り開いていくのです。

 

 

敷地の、燃やす場所はこんな感じ。

 

本当は畑にしたいのですが、以前に刈った竹や木があるため、まだまだ畑にはほど遠い状態。

 

dav

なんか積もってます、、、。

 

まわりに燃えうつらないように中心に竹を集め、気をつけながらじゃんじゃん燃やします。

 

dav

燃やしていきます。

 

周囲に家は隣接していないので、煙のことなど気にせず燃やすことができます。

この辺が田舎暮らしのよいところです。

 

このようにして運んで燃やしては刈り、刈っては燃やしを半日ほど続け、きれいになった裏山がこちら!

 

dav

ジャーン!

 

スッキリーーーー!

 

刈った後は、二本の木が見えています。

 

これ実は、桜とビワ。

 

植えられてある程度育った後にシノ竹に囲まれてしまったんですね。

 

 

刈る前と比べると、スッキリ加減が一目瞭然。

 

dav

 

これでなんとか、無事に夏を迎えられそうです。

よかったー。

 

そんなわけでこれからも、山を手入れしたり薪を割ったり畑をつくったり、私たちの「自分の暮らしを創る」試みは続いていくのです。

2017年04月04日

をかしやの、をかしなお餅つき。

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、昨日は一般社団法人をかしや初の、ご近所さんや顧客をお招きしての餅つき大会でした。

 

毎年毎年私たちは親しい人たちと一緒に忘年会を開催しているのですが、昨年末は古民家への引越しや、その他の事業がめちゃくちゃ重なっていたため、初の忘年会不開催となってしまいました、、、。

 

 

いつも親しくさせてもらっている皆さんに不義理をしているのが申し訳ない、、、。

 

 

そしてちょうど先日、羽釜やら石臼やら杵やら蒸し器やら、餅つき道具一式を地域の方からいただきました。

 

これはありがたい!

 

ということで、古民家もだいぶ片付き、春になり暖かくなったこともあり餅つきをすることにしました。

 

 

 

参加メンバーは、近所の仲良しの家族や、をかしやの顧客のみなさん。

 

とくに、一般社団法人をかしやの前身である「よろず体験事務所をかしや」時代に実施していた「森のようちえん」のメンバー。

 

 

をかしやは7年もの間「森のてらこや」という名の森のようちえんを実施していたのです。

参加していた当時は小さかったみんなも、今では小学校高学年や中学生になっています。

 

 

そんなメンバーを中心に、餅つきを実施しました。

 

 

蒸したもち米を石臼に入れ、餅つき開始!

 

dav

 

dav

 

がんばって餅をついたら、手でころころ丸めていきます。

 

そしてその場で、素のお餅をそのまま食べたり、あんこ、きな粉、ごま醤油などをつけて、食べたりします。

 

なんせつきたてのお餅はうまい!

 

あっという間に一臼分の餅がなくなりました、、、。

 

 

そして第二ラウンド。

 

強力な助っ人の登場です。

 

dav

屈強なタカさん登場!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この屈強な方は、なんとアームレスリングの西日本チャンピオン。

をかしやのすぐ近くにお住まいで、家族ぐるみのお付き合いをさせてもらっています。

 

パートナーであるロシア人のオリガさんと力をあわせ、初めての餅つきに挑戦。

 

さすがにすごい力です。

あっという間に餅が出来ていく。

 

なんせこの筋肉ですから。

 

dav

筋肉ハンパねー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、帰り際には、めちゃ重い石臼を「ヒョイ」と持ち上げあっという間に片付けてくれました。

私は都合でその場にはいられなかったのですが、一同びっくりだったとのこと。

 

さすがチャンピオン!

 

 

さてさて、今回食べるものは餅だけではありません。

一品づつ持ち寄り形式にしたので、とても美味しそうなご馳走が並びました。

 

dav

ご馳走たち

 

dav

見目麗しいそばサラダ

 

dav

オリガさんが焼いてくれたほうれん草のパイ

 

美味しそうなものがたくさん並んでおります。

さらに!

 

てづくり苺大福

手作りいちご大福

 

手作りいちご大福の差し入れまで。

なんともシアワセであります。

 

美味しいものをたくさん食べ、子どもも大人もリラックス。

思い思いの時間を過ごしました。

 

周りはのどかな景色。

 

dav

 

dav

 

暖かな陽気に、うとうとと眠りこけてる人も。

 

dav

 

大学生の頃から「しまなみインタープリター講座」に参加し、それ以来ずっと関わってくれている通称「もじゃ」君は子どもに大人気。

 

dav

 

そしてコテンパンにやられておりました。

 

子どもたちに聞いたら

 

「もじゃ退治たのしかったー!」

 

だって(笑)。

 

 

おおらかでよろしい。

 

もじゃ、おつかれ様。

そしてありがとう。

 

dav

 

「森のてらこや」の最初期からの参加者で、今は中学2年生になったK君。

一心不乱に火をおこしています。

 

 

「森のてらこや」では3歳の子どもたちにも火おこしを教えます。

3歳でも、きちんと教えてきちんと見守れば、安全にちゃんと火を起こせるようになります。

 

かれは年長の時から参加していました。

14歳にして、火おこし歴8年以上の猛者なのです。

 

 

そんなこんなで、春のうららかな1日はのんびりとすぎて行きました。

 

 

いやー、楽しかった。

 

 

田舎で過ごす1日が楽しいのはもちろん、今までの事業を通じてつながった「仲間」と今もこうして関わっていけるのが、なにより嬉しい。

 

 

だから私たちをかしやはこれからも、人と人、人と自然をつなぎ続けていこうと思っています。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年03月20日
1 3 4 5 6 7 9