一般社団法人をかしや

メニュー

晩秋の自然 ゆったり癒されよう 感性が目覚めるツアー

こんにちは。インタープリターでアニマルコミュニケーターの菊間たまです。

 
秋真っ盛りですね。
七十二候では 「地始めて凍る(ちはじめてこおる)」
冬が始まっています。

 
こちら愛媛・今治のをかしや周辺では、
紅葉が色づきはじめ、イチョウの金色じゅうたんが待ち遠しいころです。

 
紅色に色づいた桜の落ち葉に惚れ惚れします。
真っ赤な宝石のようなフユイチゴの実、う~ん甘酸っぱい。

 
ヒッ、ヒッ、と高い声。
10月の末から、あちらこちらで鳴いている、冬鳥のジョウビタキ。
「おかえり。長い旅おつかれさまでした。
この冬もご近所づきあいどうぞよろしく。」

 
*****

DSCN6621

自然の中に佇むと、余計なものが洗い流されていきます。
心と体が癒されていきます。

 

光のエネルギー、
調和とバランスをもたらしてくれる緑色、
さまざまな音が絡まりあった ゆらぎ のリズム、
樹木から発せられるフィトンチッド、
水から発せられるマイナスイオン、
・・・

 
おかげで、
リラックスし、自立神経が整い、ストレスホルモンが減り、免疫機能が高まるのです。

 

 

自然を感じるチャンネルを開くこと。

 
意識して自然を感じ、気持ちのよい体験をすると、
ふだん自然がそこにあるのを知っていても、
実は知っていなかった、つながっていなかった、ことに気づきます。

 

まるで、ずっと温かく見守ってくれていた、そばにいてくれた人の存在に気がつくように。

 

それは、毎日を心豊かに、心穏やかに、健やかに過ごせることの始まりです。

 

 
この晩秋と初冬、
11月25日(土) 感性が目覚めるツアー 4
12月2日(日) 森のようちえん 鈍川渓谷さんぽっぽの会 冬

 
それぞれ今年さいごの実施です。
一緒に行きませんか。深く優しい自然の中へ。
 
11月25日(土) 感性が目覚めるツアー 4 
お申込みは本記事いちばん下へどうぞ。
 
*****

 

夏の癒しツアー のようす
「感性が目覚めるツアー8/11 と 朝の森林浴ツアー」

DSCN6642

夏、8月11日の感性が目覚めるツアーにご参加いただいたのは
男性の方々でした。

インタープリターという仕事に興味がある、自然が好きでのんびりリラックスしたい、・・・
大学生とそのお父さん、社会人の方々。

ゆっくり森の空気を吸いながら、森の自然を見たり聞いたりさわったり。

遊び心のワーク。

夏の盛りなのに、真っ赤なカエデの葉っぱも見つかりました。

 

DSCN6619

この日は山道にも上がり、林内が見渡せる斜面でものんびり一人の時間を。

 

「森は静かで何も動かないと思っていたら、動かないはずの木が、動いてた。
そよ風に揺られて、あんなにも枝葉がゆらゆらと。」

 

DSCN6642

渓谷の奥で、静かに水と戯れました。水面を見つめ

「魚と遊んでいます」

うれしそうなみなさんそれぞれの足に、小さな魚が寄ってきていました。
 
「水面がキラキラして、光が、木に、葉に映って輝いている。
こんな美しい景色まじまじと見たことがなかった。
癒されました。息子と一緒にこんな体験ができて良かった」

「自然がこんなにリラックスできるものだなんて、初めて知りました」

「自然は好きだったけど、寝転んで過ごすなんて初めてで新鮮でした」

 

みなさんそれぞれ、自然とつながることができました。
 
SN3V0129

こちらは同じく、夏に実施の 癒しツアー「朝の森林浴ツアー」
 
早起きして、6:30の鈍川渓谷。
朝の自然は格別に爽やか。まだ涼しい中を歩きながら、花の香りや小さな生き物、自然のアートに出会いました。
川辺で、ひんやりした清水で手を洗ったり、水を肌に当てれば、すがすがしい。
裸足を通して、水から土から、自然の力をいただきました。
山の道では朝の光が森を照らし、すべてが輝き始めます。頬を撫でるそよ風。
一時間後、セミの声がだんだん大きくなりました。
 
「こんなに早起きしたの、久しぶり。気持ちいい。川の水、気持ちよかった」
「太陽が、あんなに温かかったなんて」
「自然のリズム、取り戻せました」

 
SN3V0137
 

みなさんが、自然の中で元気になれる時間を、
自然とつながるチャンネルを開くきっかけを ご提供したい。
 
感性が目覚めるツアー 過去記事はこちら
第1回・5月      第2回・6月
 
*****

 

感性が目覚めるツアー

 

忙しく、頭ばかりを使うことが多い現代人。

必要なのは、考えるのではなく、「感じる時間」。

鈍川渓谷の優しい自然の懐で、
歩き、遊び、ゆったりし、五感を使った楽しいワークを通して、
「感性」、「感じる力」を呼び覚まします。

美しい自然に“気づく”力がつけば、
普段の暮らしの中でも、自然からの癒しを得、疲れをリセットしやすくなります。

「感じる」ことで、素の自分自身を大切にし、本来の力を取り戻しましょう。

さあ、肩の力をぬいて、
自分の中にある 自然の力を見つけにいきましょう。

 

 

日時: 11月25日(土) 9:30~2時間程度
集合場所: 鈍川渓谷ふれあいの森森林館
(今治市玉川町鈍川 鈍川温泉峡上流約1.5㎞左手の駐車場) 駐車場あり
対象:     16歳以上一般
定員:     16名程度(最少催行人数2名)
料金:     ひとり2,000円

※雨天実施(荒天中止)

 

持ち物・服装:

野外で活動しやすいあたたかい服装・靴(履き慣れた運動靴など)、帽子、タオル、行動中の飲み物、

カバンは両手が空くリュックサックなどが便利、雨具(カッパ)、ザックカバー(雨天用 必要な方)

※雨の日はカッパを使います。傘は使いません。カッパは上下セパレートのものがおすすめですが、あるものでも結構です。

 

申込フォーム

またはメール info@wokasiya.jp
(メール申込の場合は、下記をお知らせください)
 

鈍川渓谷 感性が目覚めるツアー 11/25(土)申込
1.参加者全員のお名前と生年月日
2.代表者のご住所
3.当日連絡先電話番号(携帯)
4.メールアドレス
5.参加にあたってひとこと^^

 

 

2017年11月14日

感性が目覚めるツアー2

をかしや インタープリターでアニマルコミュニケーターの 菊間たまです。

 

みなさんどんな夏をお過ごしでしょうか。

 

降りすぎる雨の地域もあれば、
こちら今治では梅雨から雨が少なく、川の水がなかなか増えません。

 

豪雨の被害に遭われた地域の方々には、心からお見舞いを申し上げます。

 

地球温暖化が進むとさらに真夏日が増え、豪雨が増えるようです。

こどもたちへつなぐ未来の地球が、暮らしやすくありますように、

あらためて、人の暮らしと自然とのかかわりを、みんなで考えていきたいですね。

 

 

今治市蒼社川では、
去年はアユがたくさんいましたが、今年は非常に少ないようです。
川の水が少ないため天然アユが河口から上流に上がってこれず、
また、浅い水の中でサギやウに食べられてしまいます。
厳しい状況でも、命をつないでいってほしいなと思います。

 

 

さてさて、夏休みプログラムのお知らせで、

レポートが遅れましたが、

「感性が目覚めるツアー」

大人のための癒し時間、6月24日(土)も実施しました。

 

DSCN6286

今回は、川のせせらぎにふれることをメインに、ゆったりと感じる時間を持ちました。

 

DSCN6284-2

大きな石は、心地いいベッド。
真ん中に、ちょうど背中がフィットするくぼみがあるんです。

こんな石を見つけたら、さわってみる。寝てみる。

1億歳の石。地球上の、私たちの大先輩ですね。

大きな石は、静かに自然に溶け込み、聴き入るすばらしさを教えてくれるのです。

 

DSCN6289

この石もね、いいんですよ。

これは、石の下にかくれんぼしている魚をじっと見ているところ。

 

DSCN6293

DSCN6298

 

DSCN6301

藻の中には、小さな魚のこどもたち。

オタマジャクシが大きな口を開けてモジョ、モジョ、と苔を食べていました。

サワガニが石の間からこっそり顔を出したり、

小さな水族館は、静かな気持ちで見入るとたくさんの発見があります。

 

DSCN6302-2

いい香りがすると思ったら、夏の花、ネムノキの花。

ふんわりとした優しいピンクの花は、夏の始めの森に彩を与えてくれ、

そして、近くで匂うととても素敵な香りがします。

 

DSCN6305

想像力を働かせて石と遊んでみました。

これは、歯!

DSCN6310

真ん中の丸い石、パン生地にしか見えなくなっちゃたんですって^^。

たしかに!いい発酵具合。

 

19248036_801864666644553_774705926989154413_n

ドキッとする発見もありました。

立派なオスジカの頭の骨。

流れの中からこちらに視線を投げかけていました。

みんなハッとして見入りました。

それぞれに胸に響くものがありました。

 

19424347_801864783311208_4510202174600489301_n

こちらは、渓流の歌手、カジカガエルのこども。

石にそっくりな色と、平べったい体が特徴です。

シカの頭の近くに現れました。

生まれる命、大地に還る命、自然にはいつも命のドラマがあります。

 

19429707_801865033311183_3017931235089843139_n

川を後にし、森の中へ入ると、最後にまた素敵な出会いが。

なんとセミの幼虫が、この日羽化しようと、穴から出てくるところでした。

貴重な出会い。

がんばってね、幸運を、と願わずにいられませんね。

 

それぞれに、ゆっくり自然を見つめ、心と体でゆったり遊び、

感じることにフォーカスしたツアーでした。

たくさん出会いがありました。

 

次回は8月11日(金・祝)。

夏の森で、川で、みなさんが自然から感じるものは、、、。

その日の自然との出会いを楽しみに。

参加メンバーお待ちしています。

詳細・お申込はこちら

 

2017年07月29日
1 2