一般社団法人をかしや

メニュー

さんぽっぽの会 2018

こんにちは。菊間たまです。
ここ愛媛・今治では、田んぼに水が入りました。青空を映す五月の景色。
みとれてしまう故郷の景色です。

さて、ちいさな子どもと親の、おさんぽ森のようちえん「さんぽっぽの会」
を今年も開催します。

昨年度、鈍川渓谷でのさんぽっぽの会では、
ちいさな探検隊がさまざまな発見をしました^^。
かわいい笑顔がいっぱいで、私も癒されました。
昨年のようす・森のようちえんカテゴリ

今年は、鈍川渓谷と、をかしや拠点の玉川町鍋地・古民家事務所周辺にて
2会場でさんぽっぽの会を実施します。

自然と遊び、自然を感じる体験は、
こどもにとっても、大人にとっても、
のびのび自分らしさを取りもどし、本来の力を呼び覚ましてくれるものです。

6年間実施した 森のてらこや にて、のびやかに、たくましく変化していく
こども・大人をたくさん見せていただきました。

また、すぐそばにある自然に気づくことができ、親しめる喜び。
その感性を育てることは、一生の財産になります。

自然とのふれあいで得られるもの。それは、すぐには目に見えないものかもしれません。
でも、確実に、心の中で、体の中で、栄養になり、力になるものです。
人間という生き物、私たちも自然の一員だからこそ、不可欠なものなのです。

さんぽっぽ仲間、お待ちしています^^!

2018さんぽっぽの会たまのきまぐれ森のようちえん

2018さんぽっぽの会たまのきまぐれ森のようちえん

**********

「たまのきまぐれ森のようちえん さんぽっぽの会」

森や里山を のんびり歩いて遊ぼう!
親子で自然の楽しみ方見つけよう♪

一緒にと自然の美しさや不思議さを共有する体験は、
親にとってもこどもにとっても、かけがえのない“宝物時間”です。
自然と遊ぶための“視点”を身につけ、
“宝物時間”をたくさん作りましょう^^。

日時:2018年
① 5月26日(土)

②  7月 1日(日)

③ 10月13日(土)

④ 12月 1日(土)

⑤  3月 3日(日)2019

各回 9:30~2時間ていど

(雨天実施。雨の日は雨の自然と遊びましょう^^)

場所: ①②④の回 今治市玉川町鈍川渓谷 ふれあいの森森林館発着

③⑤の回  今治市玉川町鍋地  をかしや古民家事務所発着

対象:
自分で歩いて自然に出かけられるようになった子どもさん親子(1歳さん位親
子) ~ 小学2年生まで親子
※ベビーカーでは行けないところです。
自分でトコトコ歩いて探検できるようになったお子さんから対象にしています。

定員: 16名程度

参加費:各回 親子2人 1,800円、家族1人追加につき +700円

持ち物・服装:
野外で活動できる汚れてもいい服装、運動靴やトレッキングシューズまたは長
靴、帽子、タオル、飲み物、ピクニックシート、カッパ(雨天時使用。傘は使い
ません)、お子さんの着替えがあると安心

申込 申込フォーム

または メール info@wokaisya.jp
(下記をお知らせください)

たまのきまぐれ森のようちえん さんぽっぽの会 申込
①日程(上記をご覧ください)
②参加者全員のお名前と年齢と生年月日
③代表者のご住所
④電話番号
⑤当日連絡先電話番号(携帯)
⑥メールアドレス
⑦参加にあたってひとこと^^

**********

2018年05月10日

開始まであと10日!やまなみインタープリター講座。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

今年度初の主催事業「やまなみインタープリター講座」の開始まであと10日と迫りました。

この講座は山に入って木を切ったり、チェンソー思いっきりぶん回したりメンテナンスの仕方覚えたり、はたまた斧で薪割って斧の選び方を学んだりする講座です。

 

とはいえ、この講座はの目的は林業に関する技術習得ではありません。

「山」や「森」と関わるライフスタイルについて学び、暮らしの中に山の恵みを取り入れよう!

そしてそれを伝えられる人になろう!

という講座です。

 

だから林業に全く興味ない方でも初めての方でも大丈夫。

反対に、プロの林業家も大歓迎!

一緒に学び合いましょう。

 

去年は全く初めての方から、プロの林業家までさまざまな人が参加してくれました。

そんな講座ってなかなかないと思います。

 

そして女性が多いのも特徴ですね。

 

 

あ、あと「いつか薪ストーブ入れたい」という方にもオススメ。

チェンソーや斧の選び方を、実際に使い比べながら学ぶことができますよ〜!

 

 

IMGP9475

 

さて、そんな「やまなみインタープリター講座」の昨年の様子を振り返ってみたいと思います。

一体どんなことをするのでしょうか?

 

 

メイン会場は、今治市玉川町鍋地集落の集会所。

 

のどかな地域の小さな集会所を、地域にお願いして使わせてもらっています。

快く使うことができましたが、地域行事以外で使うのは初の試みだそうです。

ありがたいことです。

 

さて、やまプリ講座をはじめ私たちをかしやの講座には、全国からメンバーが集まります。

今回も、徳島や大阪から来たメンバーがいました。

顔合わせをしてかんたんな挨拶のあと、車座になり講座スタート。

IMGP8390

まずはオリエンテーションで講座の趣旨を確認し、講師紹介をします

講師はもちろんこのお三方。

仕事がめちゃくちゃ早いスーパーサイヤ人です。

 

IMGP8643

そしてお互いを知り合う時間。

20代の学生から60代の方まで多様なメンバーがいるので、体を動かしたり話しあったりするワークを行います。

IMGP8398 IMGP8399

遠方からわざわざこういう講座に参加してくださるメンバーはみな熱意があり、話はとても盛り上がりました。

休憩を取った後は森についての小講義。

 

日本には森がたくさんあることや(森林率67%)、間伐が遅れていること、材木価格がめちゃくちゃ安くて林業がなかなかなりたたなくなっていることなど、山や森にまつわる基本的なことを学びました。

 

その後、それぞれが感じたことを共有する時間を設けます。

聞いて聞きっぱなしではなく、それをアウトプットすることが大事なのです。

 

IMGP8410 IMGP8413 IMGP8416 IMGP8415

お昼ご飯を食べて、午後からはいよいよ間伐に出発!

とても良い天気で、田園風景の中を気持ちよく進みます。

 

IMGP8418 IMGP8425

現地についたら、講師陣によるレクチャー。

本気を出した講師 村瀬さんは、スーパーサイヤ人オレンジ

IMGP8435

伐採は、まず切り倒す方向に「受け口」をいれ、その後反対側から「追い口」を入れます。

フリップを使い、わかりやすくレクチャー。

 

さすがスーパーサイヤ人オレンジ!

さすがスーパーサイヤ人オレンジ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、山に入るための儀式を執り行います。

 

山には山の神様がいます。

山の神様は女性で、嫉妬深いと言われています。

その神様に、山に入る挨拶と、作業の安全を祈願します。

 

講師けんちゃんとみさちゃんがいつもやっている方法で、御神酒をささげ、二礼二拍手一礼をもって、神に祈りを捧げます。

IMGP8489 IMGP8490

ちゃんと山に関わる人たちは、このように昔からの言い伝えやしきたりをとても大事にします。

けんちゃんの話では、この儀式を怠っていきなり山に入ると、怪我をしたり、なにか作業がうまくいかなかったり、ということが起こるそうです。

やはり、昔からの言い伝えは大事ですね。

 

この後はいよいよ間伐です。

 

3グループにわかれ、それぞれに講師がつき、以後各グループごとに進めていきます。

初日の作業内容は手鋸による伐採です。

 

木を切るときにはまずまわりを見て、どこに倒したい方向を考えます。

 

そして木を下から見て、木の重心と枝の張り方をみて、伐倒方向を決めます。

そんなプロセスを、実際に講師みさちゃんがレクチャー。

 

IMGP8500 (1)

伐倒木と伐倒方向をきめたら、いよいよ切っていきます。

 

IMGP8531 IMGP8543 IMGP8546

この森は20年生くらいのヒノキ林。

ヒノキは枝が強く、枝を張っているためなかなか倒れないこともしばしば。

 

そんなときはみんなで力を合わせて引っ張ったり、ロープを使って倒していきます。

IMGP8569 IMGP8598 IMGP8586

倒すことができたら、枝を払っていきます。

けんちゃんにやり方をおしえてもらい、みんなでガシガシ切ります。

 

IMGP8575 IMGP8578

このヒノキ林のとなりには竹林があり、とても綺麗に手入れされています。

地主さんに許可をいただき、たけのこ掘りも体験することができました。

たけのこ掘りは、実は竹林を管理する上で大切な作業。

 

たけのこを掘らないとそのまま竹になり、混み合った竹林となってしまいます。

みんなでせっせと掘りました。

 

たけのこを初めて掘る人もいて、お土産もできて、皆大満足でした。

IMGP8603

 

IMGP8430

このように作業を終えて、集会所に戻り、ひとやすみ。

 

その後、ふりかえりを行いました。

体験して感じたことをフリップに書き、車座になり、それをみんなで共有していきます。

IMGP8626 IMGP8649

IMGP9581

 

参加者それぞれがいろんなことを感じた1日となりました。

 

最後に集会所前で記念写真をパチリ。

山の新緑が綺麗です。

IMGP8660

 

 

ということで昨年のやまプリ講座をふり返ってみました。

昨年は初回1日、二回め1日というスケジュールだったのですが、今年は初回に二日間かけて行います!

 

初日に手ノコによる間伐、二日目は徹底的にチェンソーを使い倒します。

二日目チェンソーのレポートはまた改めて記事にしようと思います。

 

IMGP9484

IMGP9567

 

やまなみインタープリター講座、略して山プリ。

いよいよ来週末開講です!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やまプリ講座  〜やまなみインタープリター講座〜

 

日時:第一回(一泊二日、もしくは通い二日間)

・・・・平成29年5月12日、13(土・日)10:00~17:00

第二回(日帰り)・・・・6月10日(日)10:00~17:00

第三回(一泊二日、もしくは通い二日間)

・・・7月7日(土)9:30~ 8日(日)17:00

定員:20名

会場:愛媛県今治市玉川町鍋地集落および集会場

テーマ:第一回・・・きこり入門〜間伐体験とチェンソー!〜

第二回・・・木から材木へ 〜製材をしてみよう〜

第三回・・・徹底チェンソー&森を伝える人になる

 

こんな人にオススメ!:

高校生以上の

・森林や林業に興味のある人

・木を伐採して、その木で何かを作りたい人

・チェーンソーの扱い方、選び方を知りたい人

・チェーンソーの目立て(刃の研ぎ方)の仕方、目立てに超便利!な道具の選び方を知りたい人

・薪ストーブや、薪の扱い方を学びたい人

・多様なひとびととの交流を楽しみたい人   ・・・などなど

 

参加費:連続参加:12,800円(三回一括料金、一、三回目の食費別途(実費)

単発参加:初回・三回目、6,000円/回(食費実費)、二回め3,000円

 

※ガク割、あります!  高大学生の参加費は上記料金の半額!!

 

講師:村瀬 宏之氏、江崎 賢二氏、江崎 美沙氏

ベビーメタルと山プリ講座。

申し込み方法:

申込フォーム

またはメールで 名前、住所、電話番号、メールアドレス、年齢、生年月日、参加にあたって一言 を書いて

info@wokasiya.jp までお申し込みください。

※@を@に変えてください。

 

以上、やまプリのご案内でした。

たくさんの方の申し込み、お待ちしてますー!!

 

 

2018年05月02日