一般社団法人をかしや

メニュー

木こりの森体験ツアー

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

昨日のお仕事は「木こりの森体験ツアー」のガイドおよびコーディネートでした。

 

主催は松山の「新日本建設株式会社」さん。

 

 

新日本建設さんは、愛媛県産の材にこだわり、自社で森林を持ち、葉枯らし、天然乾燥をさせた材で家を作る、ホンモノの木の家をつくる建設会社です。

 

家づくりは、その土地の気候風土に合った材で作るのが一番。

 

日本にはかつて植林されたスギやヒノキがたくさんあり、すでに伐採時期に達しています。

 

その人工林を切って使うことが、家づくりはもちろん、森林環境や日本の林業のことを考えた時、とても大事なのです。

 

 

しかし現在、家を作るためには外国産の材が多く使われています。

主にコストの問題から、外材が多く使われてしまうのです。

 

それによって海外の森林が荒れてしまっている状況もあります。

(すべての外材が悪いわけではない)

 

 

そんな状況に真っ向から立ち向かっているのが新日本建設さん。

 

中間コストをカットするために自社で森林を管理し、「愛媛の木で作る家づくり」を実現させています。

 

なかなか素晴らしい取り組みだと思います。

 

 

さて、木こりの森体験ツアーについて。

 

新日本建設さんは、家の木がどこから来たのか?を知るためのツアーを実施しています。

 

それが「木こりの森体験ツアー」。

 

 

私は二年ほど前からツアーのガイドとコーディネートをお手伝いさせてもらっており、今回は三回目の実施でした。

 

 

参加者は主にファミリー層で、基本的なメニューとして、伐採を見学し植林をする、というのは決まっています。

 

そこに毎回、新しい体験を入れています。

 

 

今回の目玉は「ツリーハウス」。

木の上に家を作るのです!

 

 

ツアーは、松山と今治の界あたりにある、新日本建設さんの自社林で行いました。

 

松山からバスで出発し、森の入り口で下車。

 

そこから40分ほど山の道をトレッキングし、いよいよ会場に到着です。

 

dav

 

森林を管理している日野さんから、森林についての説明や森にかける思いを聞いた後、さっそく伐採の見学です。

 

 

dav

チェーンソーを入れて

 

dav

クサビを打ち込み

 

dav

倒します

 

dav

倒れました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事に倒すことができました。

これだけ大きな木を切り倒すと、すごい地響きがします。

 

感動モノです。

 

その後は、切り株やおがくずを実際に触ってみます。

触るとみんなびっくりします。

だって、すごく湿っているんです。

 

「サラサラなのかと思った」という感想がよく聞かれます。

 

そうじゃないんです。

だって生きている木ですから。

春の時期は、水をたくさんあげるのです。

 

そんなことを実際に体験します。

 

dav

 

その後は、いよいよツリーハウスづくりと、ロープワークを駆使したブランコ作り。2班に分けての実施です。

 

遊具作りといっても、ロープワークをやって楽しめるのは大人なので、子ども達はロープで思いっきり遊びます!

 

縄跳びしたり、

 

dav

 

綱引きしたり。

 

 

dav

 

ロープ一本で大盛り上がり!

 

 

私はロープワークの担当だったのですが、同時進行で、新日本建設の工務部の皆さんがツリーハウス作りを指導し、1時間半ほどでツリーハウスが完成!

 

ロープで作ったブランコも取り付けます。

 

 

そして完成したツリーハウスがこちら。

 

dav

 

なかなか素晴らしい出来栄えです。

 

そりゃそうです、作ったのは子ども達ですが、新日本建設の工務部の皆さんが、事前にしっかりキット化してくれているのですから。

 

プロの仕事です。

 

 

ロープで作ったブランコも大人気!

おおいに盛り上がっていました。

 

dav

 

この後はお弁当を食べ、火おこしをして自分で起こした火で焼きマシュマロをし、最後に植林をしました。

 

天気も良く、参加者のみなさんは非常に満足して帰られた様子。

 

 

私としても、とても充実した1日となりました。

やはり私は林学か出身なので、森のことを伝えられるのは嬉しいのです。

これからも、いろんなやり方で森のことを伝えていこうと思っています。

 

 

 

そうそう、今週末からいよいよ「やまなみインタープリター講座」が始まります。山と森林にかかわるライフスタイルを学ぶこの講座、いろんな背景を持ったメンバーがぞくぞくと集まっています。

 

まだ定員に余裕がありますので、興味のある方はぜひどうぞ!

 

 

以上、木こりの森体験ツアーのレポートでした。

2017年04月24日

太陽が育む森。

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて今日の仕事は、太陽石油さんのCSR(企業の社会貢献)事業のお仕事。

今治市との協働で実施している「太陽が育む森」という事業でした。

 

この事業はすでに13年も実施している由緒あるイベントで、太陽石油の社員さんが今治市内の森に来て植林したり、さまざまな自然体験をする、という内容です

 

私が関わるのは今回で4回め。

 

dav

会場の様子

 

dav

 

全体のスケジュールとしては、午前中に植林を行い、私たちの出番は午後から。

私は太陽石油の社員さんを対象に、ロープワーク教室を実施させていただきました。

 

植林を終え、お弁当を食べて、いよいよロープワーク教室開始。

 

 

ロープは使い方次第で、とても役にたつ道具になります。

私が実施するロープワーク教室は、まず基本的な結び方を2つ3つ覚えます。

 

そして最後に、覚えたロープワークを実際に使って作業をします。

 

今回は、結びの王様と言われる「もやい結び」と、長さを自由自在に調整できる「自在結び」をマスターし、最後にブルーシート(白いけど、、、)を使ってタープ(布で作る屋根)をはる、という体験をしました。

 

まずは私が結び方のデモンストレーションをし、あとは実践あるのみ。

 

 

立木に結びつけたり、お互いの体をつかったり、とにかく結びを体で覚えていきます。

 

dav

 

dav

 

結びは難しいけど、やるととっても面白い。

うまくできたら、自然と笑みがこぼれます。

 

dav

 

そうして幾つかの結びを覚えたら、いよいよ実践!

 

シートを使ってターピング。

屋根作りにチャレンジです!

 

現代的な日常生活では、ロープなど使う局面は少ないかもしれません。

しかしロープワークは、キャンプなどの野外活動でとても役立ちます。

 

さらに、ものすごく役立つ局面があります。

 

それが「災害」です。

 

私はかつて新潟に住んでおり、ちょうどその時に中越沖地震が起きました。

被災して三日間くらいは電気ガス水道などのインフラがストップしました。

 

夜は真っ暗、ガスもないから煮炊きもできません

 

そんな時に役立つのがアウトドアスキル。

 

 

一枚のシートがあり、ロープワークができれば雨風をしのぐことができます。

 

火を起こすことができれば、寒い夜も暖を取ることができます。

 

 

緊急時には、それが生死を分けることもあるのです。

 

 

実際に私は3年前の広島で起きた水害の際、被災地支援にも行き、それを実感しました。

不便な状況下では、アウトドアスキル、サバイバルスキルは何よりも頼りになるものです。

 

ということで、そんな状況を想定して、一枚のシートだけで屋根を作ります。

 

dav

 

もちろんみなさん、こんなことするのは初めて。

1時間半前まで、ただ一つのロープワークさえ知りませんでした。

 

しかし今は少なくとも2つの結び方を知っています。

それを駆使して、タープ張りに挑みます!

 

 

タープを貼るためには「ポール」と呼ばれる柱が必要。

でもそんなものはありません。

 

 

だから山の木を切り、柱を作ります。

 

dav

 

 

 

 

 

アウトドアの経験がなくても、そんなの関係ねー!

 

知恵を絞り、体をうごかします。

 

各自ができることを考え、やるべきことをやります。

 

 

するとどうでしょう。

 

人生で全くやったことのないことでも、幾つかのロープワークをしっているだけで、ちゃんとできてしまうのです。

 

dav

タープ完成

 

 

このようにして、いまだかつてやったことのない未曾有の課題にチャレンジし、そして皆の力を合わせて見事に克服できたのでした。

 

 

最後に、完成したタープの前で記念写真。

 

みんないい顔

みんないい顔

 

 

達成間溢れる、いい顔をしています。

 

 

ということで、ロープワーク教室無事終了しました。

 

 

やはり、アウトドアはいいですね。

 

人間の「限界」を知ることができる。

 

自然は厳しいけど、誰にでも平等です。

 

そこから我々が学べることが、たくさんあるのではないかと、いつも思ってます。

 

 

 

 

 

2017年04月22日