一般社団法人をかしや

メニュー

国際交流について考えよう。四国ブロック大会

こんにちは。
一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です

さて、私はかつて「世界青年の船」という内閣府の国際交流研修に参加しました。

 

18歳から30歳までの世界1二日国の若者と一緒に、「にっぽん丸」という船に乗って旅をするプログラムです。

 

船上ではディスカッションしたり、講義があったり、クラブ活動があったりする、要は「船の上の大学」のようなものです。

 

世界青年の船

世界青年の船

 

そして今年から、私は研修後の地域活動団体である「愛媛県IYEO」の会長をしています。

 

以前も本ブログでお伝えしましたが、そのIYEOが、今年の7月15日(土)、16日(日)に「四国ブロック 青少年国際交流を考える集い」を開催します。

 

通称「四国ブロック大会」と呼んでいるこの集いは、四国四県のIYEOメンバーが毎年各県持ち回りで実施している、国際交流に関心のある人が意見交換をしたり、交流して学び合う集いです。

 

そして今年は我が愛媛県での実施!

 

ということで、私としてはせっかくの機会なので、国際交流関係のひとだけではなく、多くの人に参加してもらいたいと考えています。

 

なので、愛媛県の良さを知ってもらい、愛媛の「自然」や「文化」や「食」を満喫してもらいながら国際交流と世界のこれからを考える、そんな一泊二日を考えてみました!
二日間でこんなことをします。

・瀬戸内を渡る風になる 〜しまなみ海道サイクリング!〜

・日本一の激流を体感! 〜急流観潮船ツアー〜

・プライベートビーチ! 〜小さな島のヒミツのビーチで泳ぐ&まったり〜

・ゆるキャラまつり
〜バリィさんとみきゃん、ダークみきゃんがやってくる!〜

・ゆるいからこそつながれる〜ゆるキャラを通じた地域活性〜
第一印刷株式会社社長、西原 幸太郎さんの講演会

・講演を踏まえての意見交換 〜えんたくんミーティング〜

・鯛やヒラメが舞い踊る!? 〜地産地消の愛媛の大宴会〜

・あの都市伝説は本当だった! 〜ポンジュース蛇口〜

SN3V0430

空の上をサイクリング!

SN3V0436

ヒミツのビーチに行きます。泳げますよ〜!!

えんたくんミーティング

えんたくんミーティング

どーですか?
楽しそうでしょ?

プロガイドである私が、自信を持ってお勧めします!

 

はっきりいってこれは、ブロック大会という名前を借りたエコツアーです。

もちろん国際交流のこともしっかりと考えますが。
ということでこの機会にぜひ、愛媛に来ていただければと思っています。

参加費は13000円と高いように思えますが、そんなことないです。

 

だってこれ宿泊費、夜の懇親会費、翌日のエコツアーまでコミコミ料金。

実費しか取ってないので実は激安です。

 

ぜひぜひ、多くの方に来ていただいて、国際交流について考えるきっかけ西てもらえれば、と思っています。

 

以下、ご案内です。

船としまなみ海道

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平成29年度 四国ブロック青少年国際交流を考える集い

 

企画趣旨:
ここ数年、特に昨年から今年にかけて、世界は大きく変わろうとしています。イギリスのEU離脱、アメリカ大統領選挙という二つの象徴的な出来事を経て、オックスフォード辞書はこの現象を「ポスト真実」という言葉で表現しました。そして世界と日本を見渡せば、さまざまな「分断」が進んでいます。そんな世界のこれからを考えるとき、広い視野を持ち、個性を尊重し、お互いを認め合える人材の育成が求められています。
本大会では基調講演として、今治ゆるキャラ「バリィさん」の産みの親である、第一印刷社長西原孝太郎氏をお招きし、ゆるキャラを通じた地域活性についてご講演いただきます。バリィさんは、しまなみ海道の形のクラウンをかぶり、船の形の財布を持ち、「美しい橋のかかる造船の町」である今治を体現しています。そしてゆるく、かわいいキャラクターだからこそ、誰からも愛される存在となっています。
講演、そしてその後のワークショップを通じ、地域を再発見し、立場の違いや利害をこえて「つながる」方法を模索します
2日目には、地域理解研修を行います。絶景を眺めながら海の上を走るしまなみ海道は「サイクリストの聖地」といわれ、外国人も数多く訪れています。また、かつて村上水軍が縦横無尽に走り回った瀬戸内の激流を体験し、船からしまなみ海道を眺めます。
これらを通じて、地域の魅力を世界に発信するためのヒントをさぐります。

 

 

期日: 平成29年7月15日(土)~16日(日)

 

会場:講演会・・・今治市民会館大会議室
http://map.city.imabari.ehime.jp/map/927-im-koukai.html
宿泊、懇親会および二日目・・・サンライズ糸山
http://www.sunrise-itoyama.jp/

 

 

対象: 内閣府、各ブロック内の地方公共団体が実施し
た青少年国際交流事業の既参加者、国際交流に関心の
ある青少年等

 

参加費:宿泊(全日程参加)
大人:13,000円(中学生以上)
(懇親会費込、1泊2日朝食昼食およびレンタサイクル含む)
こども: 6,000円(4歳〜小学生) ※3歳以下は無料
日帰り参加:4,500円
(初日は懇親会費、二日目は地域理解研修費込)
初日ワークショップまで:500円

 

日程:
第1日目 7月15日(土)
12:00~13:30 四国ブロック国際交流事業関係者連絡会議
13:00~13:30 受付
13:30~13:45 開会式
13:45~14:45 基調講演
「ゆるいからこそつながれる〜ゆるキャラを通じた地域活性〜」
第一印刷株式会社 代表取締役社長  西原 孝太郎 氏

 

15:00~16:30 ワークショップ「えんたくんミーティング」
※小グループに分かれて実施するワールドカフェ形式のワー
クショップ。自由に書き込める丸いダンボール「えん
たくん」を囲んで座り、アイデアを自由に出しあいます。
16:30    ワークショップ終了、
17:00  「サンライズ糸山」へ移動
19:00~21:00 懇親会
第2日目 7月16日(日)
7:00~ 8:30   朝食、チェックアウト
9:00~10:00 帰国報告会
10:30~14:50 地域理解研修
A.サイクリング B.潮流体験 (昼食含む)
15:00      解散式のち解散

 

参加申し込み:
できるだけ下記専用サイトからお申し込みください。
もしくは参加申込書に氏名、住所、性別、参加人数、懇親会参加、宿泊希望を明記の上、7月7日(金)までに、下記までE-mail、FAXにてお申込み下さい。

 

参加申込書は、 http://blog.livedoor.jp/ehimeiyeo/application.pdf からダウンロードできます。

 

【申し込み先】
①専用WEBサイト:https://ws.formzu.net/fgen/S86242032/
②E-Mail: e-iyeo@hotmail.co.jp
③FAX :0898−55−3976

 

【振 込 先】 愛媛銀行 大街道支店
普通  口座番号:2698638
名義:愛媛県青年国際交流機構 事務局長 東口 有紀

後援: 愛媛県 愛媛県国際交流協会 今治市 愛媛新聞社
今治市国際交流協会

 

問合せ先:
四国ブロック青少年の国際交流を考える集い実行委員長
菊間 彰

TEL 090-8322-9431
FAX 0898-55-3976
E-Mail e-iyeo@hotmail.co.jp

 

 

詳細
http://blog.livedoor.jp/ehimeiyeo/archives/68650743.html

http://www.wokasiya.jp/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81…/…/
2017年06月10日

ひさびさの観潮船&しまなみ海道サイクリング!

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、今日は久々のしまなみ海道サイクリングでした。

 

というのも、昨日もお伝えした「四国ブロック青年国際交流を考える集い」(通称ブロック大会)が来たる7月に開催され、その事業の中で、しまなみサイクリングと急流観潮船の体験も実施するのです。

 

ということで、今日は会員メンバーと下見に行ってきました。

 

私にとってもしまなみサイクリングは久しぶり。

しまなみ海道に惚れ込んで移住し、起業した私ですが、1年以上サイクリングには行っていません。

 

久しぶりにしまなみ海道を満喫してきました。

 

初めに行ったところは、しまなみ海道を渡ってひとつ目の島「大島」。

ひとしきり見て回るため、車でGO!

 

まずは当日の昼食である「海鮮BBQ」を食べたのち、亀老山展望台へ。

 

 

ここ亀老山展望台は、隈研吾氏が設計した「外から見えない展望台」。

 

素晴らしい絶景を楽しめるだけでなく、景観に配慮し外からは見えないようになっています。

 

 

その絶景は、こんな感じ。

 

dav

 

うーむ、美しい。

 

せっかくなので記念写真を一枚。

 

burst

 

ひとしきり絶景を楽しんだら、しまなみ海道の付け根にあるサイクリング拠点「サンライズ糸山」にて自転車をレンタル。

 

ここもまた素晴らしい景色です。

 

dav

サンライズ糸山からの眺め

 

そしていよいよサイクリング開始!

dav

 

 

地上65メートルにかかる橋の上を走ると、まるで空を飛んでいるよう。

 

しまなみの海は美しく、エメラルドグリーンに輝いています。

 

 

私はかつて沖縄でもガイドしていましたが、しまなみの海は沖縄に負けない美しさだといつも思ってます。

 

dav

 

そしてしばらく気持ちの良いサイクリングを続け、途中の島におります。

 

江戸時代に今治藩の馬を育成していた「馬島」です。

 

 

ここは小さな島で、そして小さな小さなヒミツのビーチがあります。

 

dav

 

しまなみのビーチは、沖縄にも匹敵する白沙のビーチです。

7月16日の本番では、このビーチで泳ぐこともできます!

 

今回はまだ泳ぐには寒いので、お湯を沸かしてコーヒーブレイク。

とても豊かな時間を過ごします。

 

dav

 

そして橋に戻り、しばし走って大島へ。

 

自転車を降り、急流観潮船に乗船!出航!

 

ヨーソロー!!

 

dav

 

しまなみ海道がかかる「来島海峡」は日本三大急流と言われる場所。

潮の最大速度は10ノット(時速約18.5㎞)に及びます。

 

その潮の流れはまさに激流。

とても海とは思えず、川の上流部の渓流の流れのようです。

 

私も初めに見た時は本当にびっくりしました。

 

そんな来島海峡の激流や渦潮、湧き潮を間近で見て、時には実際に流されてみたりするのが「急流観潮船」。偉大な自然のパワーを間近に感じることができます。

 

dav

 

dav

 

dav

 

dav

 

今日は「小潮」で潮の速さは3ノットでしたが、それでもこの複雑さです。

大潮の時はとんでもないことになります。

 

そしてしまなみ海道を下から見上げられるのも観潮船ならでは。

どこから見てもしまなみは美しい。

 

dav

 

 

 

ひとしきり激流を堪能した後は、「造船の町」今治を象徴する「波止浜(はしはま)港」へ。

 

建造中の船や巨大なクレーンが立ち並ぶ造船所を、海から眺めることができます。

 

dav

 

dav

 

そうして約50分の乗船を経て、船は大島へ戻ります。

大満足のクルージングでした。

 

 

すべての下見を終えて、一行は再びしまなみ海道へ。

ゆったりとサイクリングしながら、サンライズ糸山へ戻ります。

 

また帰りの大島からの眺めが良いのです。

 

dav

 

 

dav

 

そんなこんなでサンライズに到着。

愛媛のゆるキャラ「みきゃん」がお出迎えしてくれました。

 

いかがですか?

しまなみ海道。

 

私は全国の素晴らしい自然をたくさんガイドしてきましたが、愛媛しまなみはそのどこに比べても、沖縄に比べても負けていないと思います。

 

 

7月15(土)、16(日)。

 

 

一泊二日で、その素晴らしいしまなみを満喫できる集いを実施します。

 

ちょっとでも気になった方は、ぜひ予定を開けておいてください。

 

 

ちなみに参加費は西原社長の講演、バリィさんやみきゃんとのふれあい、食費(3食)、宿泊、宴会、体験すべてコミコミで、13000円と激安!!

 

詳細は随時アップしていきます!

 

 

以上「四国ブロック青年国際交流を考える集い」(通称ブロック大会)の下見レポートでした。

 

2017年05月20日
1 2 3