一般社団法人をかしや

メニュー

オセアニアから日本へようこそ!JICA青年研修

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

前回私が記事を書いてから随分と時間が経ってしまいました。

 

というか、9月に入ってからというもの、ろくろく記事を書いていません。

 

 

しかし実は、この間にもいろんなことがありました。

けっこうバタバタとした日々でした。

 

 

9月の3連休は山形での「出張しまなみインタープリター講座」。

山形県寒河江市の近く、大江町というところで、三日間の講座を実施してきました。

 

 

そして大きなトピックだったのは「祭り」。

 

私の住んでいる地域はとても祭りが盛んな地域。

毎年10月の三連休に、盛大な祭りをします。

 

そのハイライトが「継ぎ獅子」。

全国で今治地方にだけ伝わる、伝統行事です。

 

 

そのために、9月に入ってから週三回、10月に入ってからは毎晩、獅子の練習をしました。

 

 

そしてつい先日、10月8日に無事、祭りを終えることができました。

関東人である私にとってとても貴重な体験でした。

 

いやー、祭りを通じて得られたものは大きかった。

その一番は「居場所」です。

 

移住してからもうすぐ10年になりますが、よそ者であり、会社組織に属していない私には、なかなか「居場所」がなかったのです。

 

でも祭りを通じてようやく「地域の一員」になることができました。

 

とてもありがたい瞬間でした。

 

 

 

以前のブログでも少し触れましたが、10月5日からは、JICA青年研修のアテンドをしています。

サモア、フィジー、バヌアツ、ソロモン諸島のオセアニア4国から訪れた青年たちを、いろんな場所に案内しています。

 

 

今回のテーマは「スポーツを通じた地域振興」。

 

なので、国体を見たり、愛媛県のスポーツ振興政策の講義を聞いたり、プロサッカーチームや野球チームの視察をしたり、はたまた県庁に表敬訪問したりしています。

 

国体ラグビー観戦

国体ラグビー観戦

dav dav dav

その中で、日本の文化を知ってもらうために、松山城に行ったり、私たちの地域の祭りに来てもらったり、明後日はしまなみ海道のサイクリングにも挑戦します!

 

 

dav dav

松山城では、なぜかクラシックな「記念メダル」が人気でした、、、。

 

 

合間合間で、うどんなど日本の食事も楽しんでもらっています。

うどん食べる姿も板についてきましたよ!

 

dav dav

 

そんなわけで、まだまだJICA研修継続中。

 

あと一週間、研修員のみなさんが良い学びと素晴らしい体験ができるように、私も楽しみながら仕事したいと思います。

 

それでは、また!

 

 

 

2017年10月11日

鈍川渓谷さんぽっぽの会 夏レポ&秋10/14募集

こんにちは。 をかしや インタープリターでアニマルコミュニケーターの菊間たまです。

 

あちこちに、キンモクセイの香り。オレンジ色に染まっていく柿の実。

バッタ、カマキリ、赤トンボが遊びに来ます。

気持ちの良い秋です。

 

10月14日(土) 9:30~11:30 は

「森のようちえん・森の鈍川渓谷さんぽっぽの会」 です。

秋の自然とふれあう、親子の宝物時間を作りましょう。

 

DSCN6875

『マチボン for kids』 に掲載されてる美しい写真。

これは、7月1日に実施した 「さんぽっぽの会・夏」 での一コマ。

森は、さながら絵本の世界です。

 

当日、取材いただき、活動の様子がをかしやページに掲載されました。

さすが、カメラマンさん。一コマ一コマがとても美しいんです。

DSCN6876

森の中に楽しい声がこだました夏の一日^^。

みんなカラフルですね♪

DSCN6406-2

ちいさな流れで生き物さがし。わくわく。

 

DSCN6410-2DSCN6413-2

ちいさな友だち、いっぱい見つかったね。

 

DSCN6400-2

こんな望遠鏡が落ちてたよ♪

中抜けの枝、ふしぎ~^^。

ひとつ見つけたら、どんどん見つかりました。

 

DSCN6394

登れるカエデの木があって。

ちょこんと座れば森の精。

 

DSCN6389

登るのも降りるのもチャレンジ。パパママの力も借りながら。

 

DSCN6412-2

ありゃ、アシナガバチの巣、発見。

ハチがそばに来たら、動かないこと、刺激しないこと、静かに離れること、

を初めに学んでおいたみんな。

離れて静かにハチさんを観察しました。

 

DSCN6416-2

こどもたちは川が大好き。もみじの手が透明な水に浮かんでる。

 

DSCN6423-2

親子で見つけた素敵なブランコ。

 

DSCN6426-2

苔の上で横になれば、もう、みんな、起きてこない。

フワフワ、幸せ。雲が動いてく。

 

DSCN6378-2

「ああ、幸せな気持ちになった!」

「カニがいっぱい♪」

「こどもたちが本当にいい顔。」(そういう親御さんもすごくいい顔になってる^^)

「いつもと違う目線で遊ぶことができた。」

 

また次の日にも、ご家族で渓谷に遊びに来てくれた子もいました。

「山遊びには、長ズボンと、長靴よ!」って自分でしっかり覚えて^^。

とってもうれしいことです。

 

 

目には見えないけれど、自然にふれながら、

こどもも大人も、

自然との距離、人との距離が縮まっている。

心がゆるやかにほぐれて、リラックスして、自然から力をもらってる。

自分で見つける喜び、やってみる喜び、いろんな喜びが力になってる。

 

自然の中で一緒に遊んだ「宝物時間」が

心の引出しに大切にしまわれていく。

 

秋も冬も、こどもと一緒に、わくわくしましょう^^。

 

*****************************

*****************************

 

『たまのきまぐれ森のようちえん 鈍川渓谷さんぽっぽの会』

 

日時:2017年

秋  10月14日(土) 9:30~2時間程度

冬  12月1日(土) 9:30~2時間程度

初夏 5月14日(日) 実施済

夏  7月1日(土) 実施済

(雨天実施。雨の日は雨の自然と遊びましょう^^)

 

場所:今治市玉川町鈍川渓谷 ふれあいの森森林館集合(9:15)
(森林館・森の遊歩道・森のキャンプ場 で活動します。)

 

対象:
自分で歩いて自然に出かけられるようになった子どもさん親子(1歳さん位親子) ~ 小学2年生まで親子
※ベビーカーでは行けないところです。自分でトコトコ歩いて探検できるようになったお子さんから対象にしています。

 

定員: 16名程度

参加費:親子2人 2,000円、家族1人追加につき +800円

 

持ち物・服装:
野外で活動できる汚れてもいい服装、運動靴やトレッキングシューズまたは長靴、帽子、タオル、飲み物、ピクニックシート、カッパ(雨天時使用。傘は使いません)、お子さんの着替えがあると安心

 

 

お申込みはこちらから↓

 

申込フォーム
またはメール info@wokasiya.jp
(メール申込の場合は、下記をお知らせください)

たまのきまぐれ森のようちえん 鈍川渓谷さんぽっぽの会 申込

①日程(上記をご覧ください)
②参加者全員のお名前と年齢と生年月日
③代表者のご住所
④電話番号
⑤当日連絡先電話番号(携帯)
⑥メールアドレス
⑦参加にあたってひとこと^^

 

*****************************

*****************************

 

2017年10月01日