一般社団法人をかしや

メニュー

やりきった!!萩ジオガイド養成講座

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

今日は10月24日。そして明日25日は満月ですが、なんでも今日の月の方が丸いとか。

確かにすっごく綺麗です。

 

みなさんは最近月をみましたか?

 

月

 

さて、先週末の20(土)、21日(日)に書けて、山口県萩市にて「萩ジオガイド養成講座」を実施してきました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

8月から始まったこの講座、ただの講座ではありません。

 

なんと、最終日の21日には、講座参加者がガイドとなり、ガチでお客さんを案内するのです!

そして、前日の20日までみんなはそのことを知らないという、、、、。

 

まあなんともハードな、ガチンコな講座なのです。

だって、その方が、現場を経験した方が圧倒的に力がつきますから。

 

で、その講座の様子を、等の萩ジオパーク推進協議会さんがフェイスブックに綴ってくれました。

一体どうなったのか?

 

以下、お読みくださいませ。

 


 

萩ジオガイド養成講座
「知識を伝える」から「感動が伝わる」へ

 

 ひとりでも多くのお客様に萩ジオパークを楽しんでいただくための「ひとづくり」、萩ジオガイドを育成する講座を10/20・21の朝から晩までビッチリ二日間、今回も一般社団法人をかしやの菊間彰さんを講師に呼んで
研修しました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、木、屋外、自然

 

最初に、事務局側から重大発表
「明日21日に20人のお客様を用意しています。皆さんにそのお客様を楽しませるツアーをしてもらいます。」

一同驚愕…。

 

中にはガイド未経験者もいる中、たった1日でプログラム作りです。
どんな構成にしよう。どんなアクティビティをする?皆で考えます。
そして、とにかくやってみよう!ということで練習です。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、木、屋外、自然

 

お客様との距離感は?ガイドの気を付ける視点はどこ?何を伝えたいの?
菊間講師の次から次へと出てくる技術を習得することに手一杯…。

 

でも、しっかりと着実に皆さん習得していき、何とか明日ツアーが出来そうな気配が、しかし、みんなはできるか不安…。

 

翌日、快晴のもと、ツアー参加者が続々と来訪。中には小学1年生や、台湾からの留学生、女子大生や観光関連業者まで、幅広いお客様が集まりました。

 

ガイドメンバーは班に分かれ、椿の枝分かれ一番多いのどれがを探すゲームや音探しゲーム、似顔絵づくりゲームなどたくさんのアクテビティを体験してもらいました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然

 

どの班も、丁寧に優しく、お客さんひとりひとりの反応を見ながら素晴らしいアクティビティを展開していきました。
ツアー参加者からは、笑い声や真剣な眼差しでゲームに挑戦する顔が見られ、とても楽しんでおられました。

 

最後は、笠山の石切り場へ、好天の中、海を臨む最高のロケーション。腰を下ろし大地との繋がりを体感して終了しました。

 

dav

 

お客様の反応は上々で、また来たいという声もいただきました。

 

実質たった1日の準備期間で、こんなに良い評価がいただけるとは!
自他ともに認める最高のツアーができました。

 

菊間さんからも「こんなスケジュールでツアー実践は初めて。でも、本当に素晴らしい出来だった。」とお褒めの言葉。

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)、木、屋外、自然

 

さあ、萩ジオパークが認定するジオガイドの誕生です!
これから、どんどん萩のジオパークが楽しめるツアーを展開します。ご期待ください。

画像に含まれている可能性があるもの:靴、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、木、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、子供、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、帽子、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、海、空、山、屋外、自然、水
画像に含まれている可能性があるもの:12人、、スマイル、立ってる(複数の人)
以上
2018年10月24日

祝!萩ジオパーク認定!!

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間です。

 

昨日もお伝えしたとおり、私は今年度「萩ジオガイド養成講座」の講師をさせてもらっています。

維新の志士である高杉晋作や木戸孝允の生誕地がある城下町が有名な、山口県の萩市ですね。

 

 

萩城下町(萩市提供) 

萩城下町(萩市提供)

 

で、かねてより萩では「萩ジオパーク構想」に基づいてジオパーク認定を目指しておりました。

 

「なんで城下町なのにジオパーク?」

 

と思う方もいるかもしれません。実はこれがすごく面白くて、萩の周辺は火山活動や溶岩で作られた場所が多いのです。

 

何を隠そう、萩城下町の屋敷の基礎石は、10キロほど離れた場所にある「笠山」という火山の溶岩なのです。

 

つまり、火山活動や溶岩がなければ、高杉晋作くんちもできなかったってことですよ!!

 

高杉晋作生誕地と溶岩

高杉晋作生家と基礎石の溶岩

 

・・・いや、そんなことはないんでしょうけど、萩のまちなみや文化、食を語る上で、地質的な要素は無視できないのです。萩市では「維新とマグマの胎動の地」というキャッチフレーズをつけてとても上手に表現しています。

 

維新だけではなく、例えば萩は魚が美味しいのですが、それは海の底に小さな火山がたくさんあって”瀬”をつくっており、それが潮流を乱すことで好漁場となっているんだって!

 

萩焼の材料の土も火山由来なんだってさ!

 

萩ジオパーク推進協議会のサイトではそのへんをとてもわかりやすくまとめてくれてますね。

 

 

私も行ってみてびっくりしましたが、萩の周辺には特殊な地形の場所が多く、すごい絶景もありとても刺激的です。

 

須佐湾のホルンフェルス

須佐湾のホルンフェルス

 

 

と、このような特徴と活動が認められて、つい先日の9月20、萩ジオパークの
日本ジオパークネットワーク加盟(日本ジオパーク認定)が認められました。

 

やったー!おめでとうございます。

これでもっともっと面白くなりますね!

 

わたしも責任持ってガイド研修しなきゃいけませんね。

ガイドさんはそのまちの「顔」ですから。

 

 

以上萩ジオパーク認定!のお話でした。

2018年09月28日
1 2 3 14