一般社団法人をかしや

メニュー

朝日新聞に掲載されました。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、先日もお伝えした朝日新聞の取材の件ですが本日掲載されました。

 

その記事がコチラ!

 

朝日新聞(3月29日)

朝日新聞(3月29日)

 

見出しは「しまなみの価値 世界へ」

 

うーん、なかなかかっこいいじゃないですか。

 

内容としては、先日表彰された「ジャパンアウトドアリーダーズアワード」JOLAに関する記事なのですが、取材の時に私がお伝えした

 

「世界中からしまなみに人を呼びたい」

「しまなみにはそれだけの価値がある!」

 

 

ということをしっかり記事にしてくれてます。

 

ありがたいことです。

 

JOLA自体の説明も、とてもわかりやすくまとめてくださっています。

 

特に愛媛では知名度が決して高いとは言えないので、わかりやすく記事にしていただいているのは非常にありがたい。

 

ぜひご一読下さいませ。

 

これを糧に、今後も愛媛しまなみを全国に発信し、また人を育て続けていこうと思っています。

 

以上本日の朝日新聞の記事でした。

 

2017年03月29日

佐世保での研修最終日「プログラム企画」。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

大変久しぶりのブログ更新となります。

楽しみにしてくださった皆さん、すみません。

 

ここしばらく経理経理で、事務作業に明け暮れていました。

そう、私たちをかしやが一般社団法人化してから初の決算だったのです。

 

 

いや〜、やはり法人の決算は難しい。

 

特に、今年は初の決算だったため、どうしても個人事業の口座への振込があったりして、その辺の処理がたいへんでした、、、。

 

でも、こういった複雑なプロセスをへて決算するからこそ、法人は社会的な信頼度が高いのだなあと、しみじみと深く納得したのでした。

 

nor

 

さて、二週間もたってしまいましたが、佐世保で行われた研修の最終日4日めのレポートです。

 

 

全四日間の研修を締めくくる内容は「プログラム企画」。

 

企画の立て方って、なかなか習う機会がないと思います。

 

なのに、仕事や地域ごとなどで突如として企画しなければならない局面がやってくる。

 

でも一体どのようにしたら良い企画を立てられるのかわからない、、、、。

 

このようなことって多いと思います。

私たちをかしやの企画講座は、このようなニーズから非常に人気の高い講座です。

 

 

 

 

今回は、自然体験プログラムの企画作業を「通じて」企画の立て方を学ぶ内容。

 

扱うものは自然体験ですが、企画に関する基本的な考え方は全て共通しているので、イベントごとから商品開発まで、あらゆることに応用が可能です。

 

 

 

さて、研修のはじめは「アイスブレイク」から。

打ちとけ合いの遊びです。

 

今回も参加メンバーが実施してくださいました。

 

DSC04353DSC04357

 

朝からストレッチをして、気持ち良く研修スタート!

 

 

 

まずは、企画に関する小講義から。

 

 

私たちをかしやの「自然体験型 婚活イベント」を例に、プログラムというものがどのように構成されているかを紐解いていきます。

 

プログラムは、ただ単におもしろいコンテンツを並べていけば良い、というものではありません。

 

一番大事なのは全体を貫く「串」となる「コンセプト」。

 

コンセプトが全体に刺さっているか否か、そしてその良し悪しで、企画の質はほとんど決まってしまいます。

 

そのことを、プログラムの構造を紐解きながら全員で確認していきます。

 

DSC04362

 

DSC04369

 

この研修に参加してくださる方は、

 

「はじめてコンセプトということばの意味が「腑に落ちた!」

 

と言ってくださる方が多いです。

 

そう、コンセプトってよく聞くけどイマイチ意味がわからないものの代名詞。

 

だからこそ具体的な婚活イベントの構造を紐解くことで、具体的にわかりやすく学ぶことができるのです。

 

 

 

そして講義が終わったら即実践。

 

興味や関心の近い4〜5人程度の小グループに分かれて、実際に企画していきます。

 

DSC04373

 

DSC04374DSC04381DSC04407

 

みなさんあーでもない、こーでもないと、いろんなアイデアを出し合ったり、激論を交わしたりしておりました。

 

この日はとても気持ちの良い天気でしたが、屋外には出ずひたすらカンズメ!で知恵をしぼりました。

 

ちなみに外はこんな感じ。

 

DSC04287

 

 

さて、3時間ほど考えに考えて、いよいよチームごとに発表です。

 

 

nor

 

このグループのテーマは「キャンプ場のプランニング」。

 

グループメンバーには、実際に地域おこし協力隊として活動している隊員が複数名いました。

 

そこで、実際に業務として関わっているリアルな場所を舞台に、キャンプ場を通じた活性化案をいろいろと考え、プレゼン。

 

プレゼン後は、聞いていたメンバーからコメント(フィードバック)を貰います。

 

 

この時は「いろんなところですでに実施している案もあるから、もっと絞り込んだ方が良い」などのコメントが出ていました。

 

このように、企画するだけでなくそれを発表し、仲間からのコメントをもらうことで自分たちの企画を修正していくことができます。

 

 

nor

 

こちらのグループは、婚活イベントを考えました。

野外活動を通じて仲良くなる婚活イベントです。

 

nor

「婚活 de なかまづくり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンセプトは「婚活 de なかまづくり」。

 

 

焚き火やらクッキングやら様々なアウトドア活動を通じて、パートナーだけではなく仲間もつくっちゃおう!という内容です。

 

とても楽しそうですね!

きっと面白く、豊かな時間を過ごせるイベントになるでしょう。

 

でも、婚活に参加する人はあくまでパートナーが欲しくて参加しているはず。

 

仲間ができるのはとてもよいことだけど、それは副次的なものではないだろうか?

 

ということで、「なかまづくり de 婚活」の方がよいのではないか?

というフィードバックを、私からはさせてもらいました。

 

 

婚活は短時間のイベントなので、ルックスとか話が面白いとか、そういうわかりやすいところに目がいきがちです。

 

本当はそれぞれの人に、しみじみとした、味わい深い魅力があるはず。

 

でも少なくとも婚活イベントでは、それは伝わりにくいもの。

 

その結果、なかなかカップリングできない人もいる。

 

 

であれば、仲間を作ってお互いの人柄にふれあいながら、じっくりとパートナーを探していこう。

 

そんな婚活があっても良いじゃないか。

 

 

それが「なかまづくり de 婚活」というコンセプトが意味するところです。

 

言葉がちょっとかわるだけで、全体がすごく変わってくるものなんです、コンセプトって。

 

 

nor

「デトックスして腸ハッピー!」

 

そしてそして「健康」をテーマにしたプログラムを考えたこのグループ。

日帰りの、健康増進プログラムを考えました。

 

企画のはじめの段階では、体に良いものを食べたり、体操をしたり、リラクゼーションしたりと、「健康」にまつわるいろんなことをしよう!

 

という意見が出ていました。

 

しかし、「いろんなことをする」という企画はだいたい良いものになりません。

 

 

そして、そうこうしているうちにコンセプトが決まりました。

 

そのコンセプトとは「デトックスして腸ハッピー!」

 

食べたりリラックスしたりというよりも、とにかく「出す」ということにフォーカスしたのです。

 

 

このコンセプトが決まったのち、とにかく「出す」ためにはどんな内容にしたら良いか、というところに議論が集中しました。そして結果として

 

「自宅にいる前日からプログラムは始まっている。その日は18時までに食事を終えてもらうことで、翌日まで自然に半日の断食を行うことができる。

 

翌日プログラムが始まったら排泄を促すようなストレッチ。そして、食物繊維を多く含んだ昼食をとる。

 

午後はじっくりゆったりと排泄を促す時間にあてる。

 

最後に玄米を炊き、玄米の炊き方を覚えると同時におにぎりをつくり、それを帰宅後18時までに食べることで翌日まで半日断食を行い、さらなるデトックス効果をめざす。」

 

 

というものになったのです。

 

とにかくデトックス一点集中。

 

 

プログラムタイトルは「DEL DEL パーティー」

 

 

これ、非常に優れた企画だと思います。

優れた企画はとにかくシンプルです。

 

そしてそれは「尖った」コンセプトを立てることで生まれます。

 

 

企画において大事なのは、「盛る」ことではなく「削ぐ」ことです。

 

 

これを容易にしてくれるのが他ならぬ「コンセプト」なのです。

 

 

 

ということで、それぞれの班の発表とフィードバックを終え、無事に研修は終了したのでした。

 

このようにして、佐世保での4日間の研修は終了しました。

 

佐世保は景色が美しく、食べ物が美味しく、そして魅力的な人がたくさん。

そんな、とても素敵な町です。

 

またぜひ、訪れたいですね。

 

以上佐世保研修のレポートでした。

 

 

 

・・・なお、今回の記事で「怒涛の出張編」はひとまず終了。

 

次回からは新章突入

 

「をかしやの、をかしな田舎暮らし編」がはじまります。

 

絶対に見てくれよな!

 

 

ってドラゴンボールか!!

 

お楽しみに〜!!

 

n2016121601
2017年03月05日
1 2 3 4