一般社団法人をかしや

メニュー

書籍「もう一度会いたい」と思われる人になる 地元今治・松山の本屋さんにも♪

こんにちは。理事菊間たまです。

 

キツツキやウグイスがさえずり始め、
梅や沈丁花の香りに癒される、春♪
 
うれしい^^。
 
しかし、花粉症なので、うきうき外に出ると、
あとでくしゃみ10連発くらいになります。
 
みなさまどんな春のはじめをお過ごしですか。
 
 
さて、おかげさまで
をかしや代表理事 菊間彰 著書、
「もう一度会いたい」と思われる人になる~インタープリターが伝えるコミュニケーションと探究の極意~
好評販売中です。
126029046_3481185745294697_5629786003473071141_o
 
AmazonなどのWeb書店はもちろん、
書店さんでも取り扱っていただいています。
 
 
をかしや地元、愛媛県今治市、お隣の松山市でも、
本屋さんで販売してくださっています。本屋さん、ありがとうございます!
 
 
地元のみなさま、ぜひ本屋さんでお手に取ってみてください^^。
 

EthsDJaUcAEB37S
 
地元今治では、 明屋書店さん3店舗、宮脇書店今治本店さん で販売中!
 
明屋書店今治本店さんがツイッターでお知らせしてくださってます
(写真:明屋書店さんツイッターより)
 

明屋書店 今治本店(片山) 喜田村店 今治別宮店
宮脇書店今治本店 (今治市阿方 マックスバリューの横)
 
 
お隣松山市では、
★ジュンク堂書店さん
★紀伊國屋書店さん(いよてつ高島屋店)
★明屋書店松山本店さん、明屋書店松山市内の大型店舗数店舗さん
 
にて販売中!
 
 
本屋さんって、楽しいですよね。
興味のわく本を見つけると、とってもうれしい^^。
すてきな本がいっぱいあって、ワクワクします。
 
 
私はこの本のイラストを描き、代表理事と一緒に校正作業をする中で、
本づくりというお仕事を少しだけ体験させていただきました。
 
校正が4回もあって、そんなに練り直したりチェックするんだ!と驚きました。
しかし、何回もやっても、見つかるんです。直したほうがいいところ。
それも驚きでした。
 
また、事実についてちゃんと裏付けを取ったり、
出典をはっきりさせたり、入念にチェックします。
本とは、責任を持って伝える、信頼できるものなのだ、と思いました。
 
著者はもちろん、執筆する中で、
伝えたいことを整理し、自分と向き合い、言葉を紡ぎ出していきます。
 
編集の安さん(りょうゆう出版)が、二人三脚で、著者の伴走をしてくださいました。
本当に温かなサポートをいただきました。
 
デザインの方、出版社の方、印刷屋さん、
多くの方が一冊の本を生み出すために関わってくださっています。
 
私は、著者のイメージを見える化できるよう、
考えて、マンガやイラストを描きました^^。
 
 
本とは、本当に、読んでくださる方のことを考えて、
著者の伝えたいことを届けられるよう、練り上げて練り上げていくものなのだなあ。
 
一冊の本には、心を注いだ方々の、愛情が込められているんだなあ^^、と
実感しました。
 
 
だから、本屋さんの本を見ても、以前と見る目が変わりました。
本に、その背景や、作った方々のエネルギーが感じられる気がして、
なんだかありがたい気持ちになりました。
 
本は、誰かとの出会いなんですね^^。
 
本屋さんでいろんな本を目にすることが、さらに楽しくなりました。
 
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

2021年03月09日

オンラインインタープリテーション研修

こんにちは。理事菊間たまです。

 

去る2月27日・28日、

初の、オンラインインタープリテーション研修が開催されました。

154067414_4055707741120783_2920444367223453469_n

主催は、萩ジオパーク推進協議会さん。

をかしや が、3年間ほど

インタープリテーション研修で関わらせていただいているジオパークさんです。

 

 

 

当日は、20を超えるジオパークのみなさん、約90人の方々がご参加くださり大盛況でした!
私たまは、事務所スタジオで実施してる代表理事の近くにいたので、
現場にいるように感じてました。とても楽しい雰囲気でした^^!

 

***

 

2月27日(土)は、萩ジオパークのみなさんの研修。

 

スクリーンショット 2021-02-27 9.49.42
 

ご自分の大切なものについて伝えるワークでは、それぞれのお人柄や思いがにじみ出て感動の雰囲気。
 

次のワークは、萩の研修でおなじみ?となっている無茶振り?

 

「翌日28日の研修で、他のジオパークのみなさんに向けて、
萩の魅力を伝えてください。その準備しましょう!」
というもの。

 

「えっ!?」

 

と、はじめ固まる音がしたような気がしましたが、
さすが、約3年インタープリテーション経験を積まれてきた萩のガイドさんたち!
さっそくわいわいと準備されてました。

 

スクリーンショット 2021-02-27 11.45.08

 

***

 

2月28日(日) 20を超えるジオパークのみなさんが大集合。

 

その前に、萩のガイドさんたちが萩についてインタープリテーションをみなさん向けに行うため、リハーサルがありました。
 

私たまは、昨年萩の研修にお邪魔してから、萩のガイドさんたちのファン^^!
萩ジオパークのガイドさんたちは、私の「もう一度会いたい」ガイドさんです。

 

ひそかに、リハーサルを拝見したのですが、
むちゃくちゃ楽しかった~~~~~~~!!!

 

スクリーンショット 2021-02-28 11.28.38スクリーンショット 2021-02-28 9.33.21

 

萩の旬の色を信号機に見立てて、赤・黄・緑の萩の魅力を伝えてくださった熟女チーム。
きれいな椿のお花のアップ、まぶしい黄色の夏みかんのアップ、そして試食・すっぱい顔の食レポ、緑のわかめのカサカサいう音、など、五感に訴える工夫がとーっても楽しい♪
衣装も赤黄緑にしたり、写真などで現地のようすもたくさん伝えてくれました。
熟女チーム、すごく、キュートでした!!!
 

萩焼と土について伝えてくださったチーム。
美しい萩焼のお茶碗で、点てる抹茶のきれいなこと。
とつとつと、いただきましょうかね、と飲まれるお抹茶、ああ~いいなあ~♪と惹き込まれます。
きれいなディスプレイで萩焼を見せてくださり、センスいい~。
萩焼を堪能したあと、土が出てきます。ごろごろ石からさらさらに粉になったものまで。
萩の大地、自然環境から、萩焼を始め文化、まち・暮らしができていったの
だよ~と、地図とともに話してくださいました。

 

ますます、私たまは、萩はすてきだな~と思い、私の町の土はどんなかな~と思い、萩ガイドさんのファンになりました。

 

ぜったい、また会いにいきます。
 

***

 

スクリーンショット 2021-02-28 10.42.58

 

さて、多数のジオパークさんに対し、この萩・オンラインインタープリテーションが実施され、
みなさん、目からウロコだったり、楽しい雰囲気に包まれました。

 

「ええ~!!萩や地質についてしゃべるんじゃ、ないの~!?」
と驚かれたガイドさんたちも多かったかと思います。

 
 

地質って、難しく話すといくらでも難しくなるのだと思いますが、
ジオパークを訪れるお客さまは、地質に興味があって詳しい方ばかりではありません。

 

初めての方、旅の景色や発見を楽しみに来られる方に、
ワクワク、発見をプレゼントし、ジオパークやそのまちのファンになっていただくことが大切です^^。

 

知識は引出し。必要なときに取り出して、必要な方にお届けするために。
 

参加者さん自身が楽しみ発見できる、体験 と、知識情報 は両刀なのですよ^^ と、代表理事マロの話でした。

 
 

 

***

 

スクリーンショット 2021-02-28 16.02.24
 

そして、各ジオパークのみなさんにも、できるだけ五感を使う工夫をして伝える、オンラインインタープリテーションにチャレンジしていただきました。

 

でも、自分ところの紹介だと、やっぱり、しゃべりたくなっちゃうよね、
ということで、みんな知識ベースをゼロでフェアにするために、
他己紹介!することに。

 

グループになって、ざっくりとお互いの魅力を聞き、お互いの紹介をする。
情報は限られますが、相手から感じた魅力を、初めての人に紹介するなら、どんな五感を使った体験を入れて、興味をもってもらえるか、考えながらトライされました。

 

初めてで苦戦されたかと思いますが、みなさん工夫されて楽しい紹介をされてたようです。
絵などで紹介したり、寸劇をされたチームもあったそうです。

 
 

***

 

オンラインでは、匂いや味を伝えにくく、五感でできる体験に限りはあります。
でも、想像力の刺激を駆使して、できる工夫がいろいろとあるな~とか、
伝えるために本当に大切な、思いやあり方について、学べることがたくさんあるな~、と、
オンラインインタープリテーション研修の可能性をたくさん発見することができた2日間でした。

 

ご参加いただいたみなさん、主催の萩ジオパーク推進協議会さん、ありがとうございました。

 
 

***

 

こちらは、参加された方のご感想。

 

☆キーポイントは、「できるだけしゃべらないこと」。
え?しゃべらなければガイドにならないじゃん!
そうです、それがインタープリテーションなんです。
そして、「知識だけでなく五感を使って体験を通じて伝えること」。
実践ワークでは、小道具を使うなどさまざまな手法を取り入れたりアクティビティやプログラムを組み込むなど、他のジオパークと意見を交換しながら感動を伝えられる技術を磨きました。
ふむふむ、凄いよ、インタープリテーション!(facebook投稿より)

 

☆本日のインタープリテーションセミナーとても楽しく素晴らしい体験となりました。
次回はぜひ臨場感あふれる生の講座を受講したいです。

 

***

 
 

ご感想で、
以前から萩の白井くんが熱心に唱えていたことが、やっとわかった~!
という方々もいらっしゃいました。

 

萩ジオパーク担当の、専門員白井孝明さんは、とっても熱い方^^。

ジオの世界にインタープリテーションを! とおっしゃり、

代表理事菊間マロ彰が、研修をさせていただいてきたのです。

 

スクリーンショット 2021-02-28 16.00.34

 
“大地と人のつながり” をもっと身近に感じてほしい、
“大地とともに生きる” 意識がこれからの未来にもっと必要だ、

 

と、難しくなりがちな地質の話をわかりやすく、親しみやすく伝えることにずっと努めておられます。

 

156876367_2886819671638362_1578828240351165743_n
楽しい、萩ジオパークのパンフレット。
大地と人のつながりを楽しもう! と、暮らしや文化と大地のつながりを示しています。
158723722_306466500812849_1507117336625520374_n

白井さんの著書。
 

本当に、大地の上で、恵みをいただき、
私たちは大地に生かされています。

 

私は去年、白井さんの本を読んで感動しました。

 
 

大きな地球と、私たちをつなぎ、
広い視野、深い気づきをもたらしてくれるのが、
ジオパークなのだと思います^^。

 
 

たくさんの方が、大いなる大地、自然とのつながりに気づいて、
さらに豊かに幸せに暮らしていけますように。

 
 

そのために、インタープリテーションがお役に立てることがおおいにあります。

 

これからも、


 

をかしや代表理事菊間マロ彰は、

 

自然、文化、地域、人…さまざまな魅力を伝える
みなさまのお手伝いをいたします^^!

 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

2021年03月08日

プリ太のLINEスタンプができました!

をかしや理事 菊間たまです。

 

寒い毎日が続いています。皆様お元気ですか。

 

私は、寒いけれども、
ピンとした空気の匂いとか、お日様の温かい光が
いっそう大好きになっています。
そして、薪ストーブのゆらゆら揺れる炎も。

 

IMG_20210109_094307495 IMG_20210109_094342443

 

世の中の流れを感じる日々ですが、
今後は、所有、モノの時代が過ぎて、
一人一人の個性や精神性が大切になる時代だそうです。

 

いろいろなことがありますが、
皆様にとって、素晴らしい毎日が訪れますように。
2021年も、をかしやをどうぞよろしくお願いいたします。

牛とプリ太カラー

 

 

さて、をかしや代表理事 菊間彰著書

 

「もう一度会いたいと思われる人になる
~インタープリターが伝えるコミュニケーションと探究の極意~」

 

126029046_3481185745294697_5629786003473071141_o
本についてはこちら

各WEB書店、書店にて販売中。
 をかしやにて直接販売もしております。
ご希望の方はお問合せフォームからお申込みください。

 

この本のナビゲーター、

インタープリターの「プリ太」くん♥

完成カラープリ太-ハロープリ太©入り
かわいい♡と言っていただきとてもうれしいです。
私も、描いていて楽しくなるキャラクターです♪

 

 

プリ太くんのモデルは、
代表理事マロが20年前から使っていた「マロマーク」(左)

100541238_2780609882065428_1998446728050638848_o
今回、本の案内人キャラクターを誰にしようかな…
と考えたとき、
そうだ!あれだ!となったのです。
しかし、もはや「マロ」個人ではなく、
独立したインタープリターとして、インタープリテーションの世界をみなさんに伝えてほしい!
というわけで、
新たに、プリ太くんが誕生したのでした^^。

 

 

 

 

そんなプリ太くんの、LINEスタンプが、完成し、販売開始しました!

スクリーンショット (3)

★プリ太 インタープリターだよ
★プリ太 インタープリターだよ2

の2種類を、クリエイターズスタンプとして販売しています。

(上記をクリックすると見れます^^)

 

➀は、使いやすいあいさつ集です。プリ太がハートをお届けします。

 

➁は、ちょっと笑えるセリフや、いろんな表情を集めました。
ちょっとインタープリター編なスタンプ・本に出てきた言葉も入っています。

スクリーンショット 2021-01-22 12.50.32

 

 

 

両方とも、本に出てくるプリ太と、新しい描きおろしプリ太が入っています。

クリエイター名は yuuzuki です。

OKありがとうございます3大好き考え中2

くすっと笑って使っていただけたらうれしいです^^

よろしかったらぜひ覗いてみてください^^

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

2021年01月20日

『「もう一度会いたい」と思われる人になる』 出版記念イベント

こんにちは。をかしや理事 菊間たまです。
 
紅葉、黄葉、きれいですね^^。
青空と、色づいたカラフルな葉っぱ、山々を見ると
うれしくなります。
 
さてさて、うれしいこと。
 
紹介します。

をかしやの新メンバー インタープリターの

「プリ太」くん です。

本日のニュースは、プリ太くんからもお知らせしてもらいます♪

 

それでは、プリ太くん どうぞ~!

完成カラープリ太-ハロープリ太©入り

「はじめまして! プリ太 と言います。

ぼくは、代表理事の著書『「もう一度会いたいと思われる人になる」

~インタープリターが伝えるコミュニケーションと探究の極意~』

の中のご案内役です!

どうぞよろしくお願いします。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています^^!」

 

 

 

 

をかしや代表理事 菊間彰 初の著書

『「もう一度会いたい」と思われる人になる

~インタープリターが伝える
コミュニケーションと探究の極意~』

126029046_3481185745294697_5629786003473071141_o

学事出版より 11月20日(金) 刊行されました!

楽しそうだね

 

学事出版のホームページではその日から、
書店、Amazonなどweb書店では翌週11月27日(金)には順次、販売がスタートします。

 

すでにご予約いただきました皆様、ありがとうございます!

 

 

みなさまのお役に立てますよう、
菊間彰、真心こめて執筆いたしました^^!

どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

ありがとうございます

中身についてはこちら一つ前の記事をどうぞ。
中身をチラリとお見せしています♪

 

 

刊行にあたり、

 

出版記念オンラインイベント開催!!

彰と本

本について著者菊間彰が語る、出版記念イベントが2本、
そして、インタープリテーション の可能性を探究するワークショップを、
清里ミーティング の分科会にて開催します。

やったあ

それでは、ご案内です。

 

 

菊間彰が5分で語ります!
新著『「もう一度会いたい」と思われる人になる』って、どんな本?

 2020年11月27日金曜日 19:30 〜19:40

 

  こちら、なんと、10分間 !!

Facebook Live のライブ配信です!わーお! おどろき
著書を出すきっかけを作ってくださった、

友人 淡路島の名ファシリテーター 青木マーキーさん主催。

短くて、中身のある、チャレンジングな、動画配信です。

乞うご期待!

 

↓詳細はこちらへ↓

Facebook Live 菊間彰が5分で語ります! 新著『「もう一度会いたい」と思われる人になる』って、どんな本?

 

 

『「もういちど会いたい」と思われる人になる』出版記念 著者の菊間彰さんが語るコミュニケーションと探究の極意

2020年11月28日土曜日 15:00 〜16:00

 

こちらは、 1時間の オンライントークイベントです。語っちゃいます ニヒヒ

 

編集者として伴走してくださった安修平さんと一緒に、

著者が、本の内容からタイトルに込められた願い、使ってほしい場面など縦横に語ります。

出版に到るまでの汗と涙と感動の物語!? が詰まった1時間です^^。

 

イベントに参加すると、サイン入り本を特別価格で申し込める特典があります。

 

↓詳細はこちらへ↓

オンラインイベント 『「もういちど会いたい」と思われる人になる』出版記念 著者の菊間彰さんが語るコミュニケーションと探究の極意

 

 

清里ミーティング2020オンライン 参加者企画ワークショップ インタープリテーション再入門 〜インタープリターが伝えるコミュニケーションと探究の極意~

2020年12月8日火曜日 10:00 〜11:30

 

清里ミーティングは、環境教育に関心のある人たちの交流の場として30年以上続いています。
環境教育やESD(持続可能な開発のための教育)に携わる方、
あるいはこれから始めたいと関心を持っている方であれば、どなたでも参加できます。
環境の最新トピックを知り、全国の人々と話し合い、自分の活動を紹介し、他の人から学ぶ機会です。

今年は初のオンライン開催。

 

 

この清里ミーティングの参加者企画として、可能性は無限だ キラーン
本のテーマ インタープリテーション の応用と可能性を探究するワークショップを開催します。
 
をかしや 菊間彰、
しまなみインタープリター講座を共に創り運営してくださった
河野宏樹さん(NPO法人これからの学びネットワーク)、
著書の出版まで伴走してくださった 編集の安修平さん(りょうゆう出版
と、3人で実施します。

 

 

インタープリテーションは、学校にも仕事にも地域活性にも応用が効く、切れ味鋭い「刀」です。
新刊「もう一度会いたい」と思われる人になる〜インタープリターが伝えるコミュニケーションと探究の極意(菊間彰著)を題材に、インタープリテーションという刀の「振り方」を考えます。

 

 

清里ミーティング2020オンライン は
2020年12月6日日曜日~12日土曜日 開催。

ワークショップへのご参加は、まずは清里ミーティングにお申込みください♪

清里ミーティングには、ワクワク新しい世界が待っています^^。

 

↓詳細はこちら↓

清里ミーティング2020オンライン

 

 

以上、3つのご案内でした。

ご参加お待ちしています^^!

 

会いたいです

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

2020年11月23日

ワークショップ・太陽の光と川の水で電気を作る MINI発電所を作ろう!

こんにちは。菊間たまです。
寒くなりましたがみなさまお元気ですか。
日に日に冬が近づいていますね。
冷たい空気、澄んだ星空、鮮やかな紅葉。

寒くなると、よりお日様の温かさが身に沁みます^^。ああありがたい。

 

今年のをかしやは、再生可能エネルギーについて学んだり、
体験する勉強会やワークショップを実施しています。

 

今月末、11月29日(日) 太陽光発電、小水力発電を体験し、
自然エネルギーから電気ができる仕組みがわかるワークショップを開催します。

 

太陽光小水力発電ちらし

太陽光小水力発電ちらし

 

 

「太陽の光と、川の水で電気を作る
MINI発電所を作ろう!」

 

お日様のエネルギーは無限大。ソーラーパネルにより、
太陽の力を電気として使わせてもらうことができます。

 

小水力発電は、地域の川や用水路でも発電できる、
可能性いっぱいの再生可能エネルギーです。

 

今回はこの2種類の自然エネルギーを、使える電気に変えていく体験をします。
いくつかの機器をつないで、発電システムを作っていきます。

 

 

電気は目には見えません。
コンセントにぽちっとさせば、当たり前のように電気製品が使える毎日です。
しかし、電気はどうやっておうちに来ているのか、
何から電気ができているのか、
体験しながら知ることで、ライフスタイルについて考えることができます。

 

そして、身近で、自然のエネルギーを電気にして使えるって、
すごくないですか。
私たまは、電気や物理は、苦手ですが、
食べ物から自然の恵みをいただいているように、
エネルギーも自然の恵み。
恵みをいただいて心地よく過ごせるのは、ありがたいことですね^^!!

 
おうちで。アウトドアで。防災に。持続可能な未来のために。
電気を生み出して使える機器、テクノロジーにふれることで、
ワクワクする未来の可能性が広がります^^。

 

ご参加お待ちしています。

 

申込フォーム

「太陽の光と、川の水で電気を作る
MINI発電所を作ろう!」

電気はどこから来るのだろう?

このワークショップでは、2種類の自然エネルギーから電気を作ります。

ソーラーパネルを使った太陽光発電、
らせん型小水力発電機を使った小水力発電のシステム作りを体験します。

いくつかの機器をつないで、お家で使える電気に変えていきます。

仕組みがわかれば、電気がもっと身近なものになりますよ。

 

期 日:2020年11月29日(日) 9:30~16:30

会 場:今治市玉川町鍋地集会所

対 象:小学5年生~一般

定 員:16人

参加費:無料

講 師:小林 修氏 (愛媛大学国際連携推進機構)

入岡 利成氏(キカイ・ジャパン合同会社)

持ち物:マスク、水筒、帽子、タオル、防寒着(野外へ出ます)、お弁当、

USBで充電したい小型電子機器

 

申込問合せ先:一般社団法人をかしや

 

お申込は  申込フォーム

 

お問合せは info★wokasiya.jp  (★を@に変えてご利用ください)

 

主 催:一般社団法人をかしや

 

ƒZƒt?ƒ“ƒAƒ“ƒg?ƒAƒCà’cŒˆ’èÅV

この活動は一般財団法人セブン‐イレブン記念財団の助成を受けています。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

2020年11月15日

をかしや菊間彰 初の本を出版します!

こんにちは。一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

すっかり寒くなって、冬の訪れを感じますね。をかしや家は築100年古民家でとても寒いので、先日より薪ストーブを焚いています。薪ストーブは遠赤外線の効果で体が芯から温まります。

 

森のエネルギー、木のエネルギーをいただけるのは本当にありがたいことです。

 

IMG20201106233002

 

さて、今日はビッグなお知らせがあります。

私、をかしや菊間 彰は今月末に初の著書を出版することになりました!

タイトルは

 

「もう一度会いたい」と思われる人になる

 インタープリターが伝えるコミュニケーションと探究の極意」

 

私はプロの自然案内人=インタープリターとして20年仕事をしていますが、その経験とノウハウを詰め込んだ一冊です。ガイドやインタープリターの皆さんはもちろん、教育関係や観光関連、それ以外にもおよそコミュニケーションに関わる人であれば、どなたにでもお役に立てる本だと自負しています。

 

それくらい「コミュニケーション」はインタープリターにとって核になる技術であり能力なのです。

 

今までも私たちは「しまなみインタープリター講座」を10期10年に渡って開催してきましたが、この講座でも重視していたのは「コミュニケーション力」「伝える力」「企画力」の三つでした。

 

講座でお伝えしてきたことや、私が現場で学んできたことをこの一冊にぎゅっと詰め込んだ20年の職業ガイドとしての集大成。

 

ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思っています。

 

菊間さんカバー04_20201025

 

表紙はこのようになっております。帯にある紹介文は元サッカー日本代表監督、そして現在はFC今治オーナーである岡田武史さんに書いていただきました。

 

岡田さんはかねてより自然体験とスポーツを通じて人材育成をされており、以前OIJ(OKADA Institute Japan)という一般社団法人を作って活動されていました。

 

OIJのオープニングイベントを私たちが受託させていただき、それ以来のご縁となります。

 

その時は岡田さんに加えて元ヤクルトスワローズの古田敦也さんもプログラムに参加いただき、爽やかに見えて実はそのマッチョぶりに驚いたものです。もう9年も前の話です。

 

その時の様子はコチラ!

 

 

そして本の最後にも、ある方から激励文を寄せていただいています。私の大学時代の先輩なのですが、これは本を見てからのお楽しみ。ぜひ読んでみてください。

 

 

さて、本の内容について少し紹介しましょう。

 

まずこの本は「インタープリター」を全く知らない方も対象として書きました。なのでインタープリターがどんな働きをするのか、冒頭にマンガで紹介しています。その一部をご覧ください。

 

 

スクリーンショット 2020-11-13 13.53.22

 

このように、マンガを読めば「インタープリターってこんな人」がわかるようになっています。

 

「ファシリテーター」がよく知られているのに対し、インタープリターという言葉は全く知られていません。なので全編を通じて、初めて読んだ人でもわかる仕立てにしました。

 

そもそも「インタープリター」や「インタープリテーション」に関する本って、日本で今まで二冊しか刊行されていないんです。それくらいマイナーなのです、、、。

インタープリター・トレーニング

インタープリテーション入門

 

でも、その技術と考え方はあらゆる仕事に応用が効きます。なので私としては多くの人に知っていただきたく、できるわけわかりやすく、かつ具体的に活用できるように書きました。

 

 

そして、誰にでも読みやすくするためにいろんな工夫を凝らしました。

まず、イラストと写真を豊富に使ってあります。

 

スクリーンショット 2020-11-13 14.10.05

 

加えて、本の案内人=インタープリターが各章をご案内するようにしています。

その名も「プリ太くん」。

 

つりざお

 

と、このように様々な工夫をしてあります。どうぞ楽しみにしていてください。

ちなにに本書のマンガとすべてのイラストは、をかしや理事「たま」こと菊間裕子が書いています。

 

「もう一度会いたい」と思われる人になる

 インタープリターが伝えるコミュニケーションと探究の極意」

 

11月27日発売予定です。ただいま、アマゾンで絶賛予約受付中!

→アマゾンでのご予約はコチラ!

 

そして嬉しいことに、予約開始から2日で、なんと!

アマゾン新着ランキング1位となりました。  ※ランキングは変動する場合があります。

たくさん予約していただいて本当にありがとうございます!

 

 

一夜寝ている間にこのような事態になっていようとは。

よもやよもやだ!   by 煉獄さん

 

 

最後に目次を載せておきます。

ぜひみなさんお買い求めくださいませー。

 

アマゾンでも地元の書店でも、予約していただけるとさらに嬉しいですー!!

よろしくお願いします。

 

以上私マロの初の著書出版のお知らせでした!

 

もう一度会いたい」と思われる人になる インタープリターが伝えるコミュニケーションと探究の極意」

著者:菊間彰

出版社:学事出版

 

 

 

スクリーンショット 2020-11-13 14.30.16

スクリーンショット 2020-11-13 14.30.27

スクリーンショット 2020-11-13 14.30.39

スクリーンショット 2020-11-13 14.30.49

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

2020年11月13日

8/22(土)シャワートレッキング追加実施決定!

こんにちは。一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

今年の夏は本当に暑い!お盆を過ぎたというのに毎日猛暑日・・・。

そしてなかなか遠方に旅行もできない、でも遊びに行きたい!

 

ということで、今年は近場での自然体験がとても人気があるようです。私たちのフィールド鈍川渓谷も例年にないくらい混んでいました。

海も大混雑とのこと。

 

身近な自然に目を向け、地域の魅力を再発見できるというのはとても良いことなのではないかと思います。夏の定番プログラム、シャワートレッキングも、例年以上に大人気、満員御礼でした!

 

しかも地元今治にたくさんご参加いただきました。これは今までになかった現象です。

 

RIMG0042

RIMG0046

RIMG0051

RIMG0057

RIMG0063

 

当初予定していたプログラム日はすでに終了しましたが、こんなに喜んでいただけて 、ようやく地元のみなさんに来ていただけるようになり、今こそ自然体験が必要とされています。こんな時にやらない手はありません!!

 

ということで、1日だけですが、8月22日(土)に追加実施をすることにしました。
今まで来られなかったみなさん、チャンスです!ぜひ気持ちの良い鈍川渓谷におこしくださいーーー!!

 

以下、ご案内です。美しい自然の中へ、思いっきり飛び込もう!!

 

RIMG0038

※8/8、8/14は

 

2020夏シャワトレチラシ

★シャワトレ!★
「鈍川渓谷シャワートレッキング」

親子シャワトレ

鈍川渓谷の清流の中をさかのぼっていく夏の冒険!

水の中を歩いたり、泳いだり、川の自然と涼しさを満喫!
キラキラ水しぶきをあびながら、川の爽やかトレッキング。
だから「シャワトレ」

ちょっとドキドキ、スリリングなポイントも、力を合わせて乗り越えよう!
この夏チャレンジしてみませんか!

毎年大好評です。

2020年 日程:
8月
10日(月・祝) 終了
14日(金)   終了
15日(土)   終了
16日(日)   終了

22日(土)  ←追加実施決定です!!

時 間:13:00~2時間程度
集 合:今治市玉川町鈍川渓谷 ふれあいの森森林館 発着
対 象:小学1年生以上~一般(高校生以上は大人料金)
定 員:各回15名
参加費:親子2人3,000円

(家族追加 大人1,000円/人 こども800円/人)

大人(高校生以上)のみ参加 2,000円/人

RIMG1912

◇服装・持ち物:

服装・・・水着の上にTシャツ、ズボン(乾きやすく保温性のある化繊生地がおすすめ)
こどもさんは特に体が冷えやすいので、水着、ラッシュガードの上に、
化繊のTシャツやジャージ、フリースなど保温用の重ね着服を
お持ちいただくと安心です。タイツやズボンは脚を守ってくれます。

足元・・・スポーツサンダル(靴下着用)またはウォーターシューズか履きなれた
スニーカー(濡れてもよいもの) ※ビーチサンダル、クロックス不可

持ち物・・・飲み物、タオル、着替え、靴の替え、帽子、
水中メガネ(あるとより楽しい♪)など
※川の状態(水量)、コースによりますが、膝上~腰くらいの水深が多いです。
時折深いところもあり、泳いだりしますので、全身ザブンと濡れるつもりで
おいでください。

◇集合場所はこちら

より大きな地図で 鈍川渓谷 ふれあいの森森林館 を表示

※「鈍川渓谷シャワートレッキング」は、前日までにお申込ください。
※荒天・増水時は中止とさせていただきます。
※ご予約後はキャンセル料が発生します。

◇申込み先:申込フォーム
◇問合せ先:
メール mail@wokasiya.jp

電話 090-8322-9431
0898-55-3976
(留守の場合があります。留守番電話にご連絡先をいただければ折り返しご連絡いたします)

体験のようすは、
こちら過去記事・夏休みプログラムカテゴリーをさかのぼってご覧ください。
気持ちよさそうなイイ顔がいっぱい^^

RIMG1826

みなさんのご参加を心よりお待ちしています。
気持ちいい!と心から喜べる、自然とつながる瞬間を
一緒に体験しに行きましょう^^!

2020年08月19日

夏休み自然体験プログラム2020のお知らせ!

こんにちは。一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

夏真っ盛りですね。いやー毎日暑い暑い!

 

今日は毎年恒例の「シャワートレッキング」のフィールド調査に行ってきました。

 

梅雨の大雨で川底が洗われて、めちゃくちゃ美しい渓相でした。地元鈍川(にぶかわ)渓谷でシャワートレッキングを初めて8年くらいになりますが、もしかしたら今年の鈍川は、今までで一番綺麗かもしれません。

 

はたから見ると同じに見えるかもしれませんが、実は川って毎年様子が変わるんです。自然は生きているんですね。

 

IMG20200806104233

IMG20200806105348

IMG20200806110611

IMG20200806112917

 

さて本題です。今日は、毎年恒例の夏休み自然体験プログラムのお知らせです。

 

コロナウイルスが蔓延し、「密」を避けなければいけない今だからこそ、雄大な自然の中で思いっきり体を動かし、ココロも動かしちゃいましょう!ステイホームでちょっと重たくなった体も軽くなるかも!?

 

今年のプログラムは、先にあげた「シャワートレッキング」に加え、全くの新規プログラムがあります!

 

実に9年ぶり!  湯ノ浦ハイツ以来のホテルでの自然体験プログラムです。

 

奥道後自然体験2020夏!

 

会場となるのは奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)」。山まるまる一つが敷地という、大自然に囲まれたホテルです。

まさに「松山の奥座敷」の異名にふさわしい場所です。

 

松山から車で20分程度ととてもアクセスが良いにも関わらず、雄大な自然に囲まれています。

 

そしてプログラムは二つ。

 

【朝の渓谷 ワクワク大冒険】 朝7:00〜8:00

物語の舞台は、かつて大蛇が住んでいたという湧ヶ淵(わきがふち)。
朝の澄んだ空気の中、「水」をテーマに川沿いの道を歩き「大蛇の淵」と最終目的地「聖なる洞窟」を目指します。
道中ではいくつかの「修行」を行い己の心身を鍛え「水の呼吸」を身につけていきます。呼吸を身につけ困難を乗り越えた最終目的地は聖なる「お不動さんの洞窟」。大蛇伝説を下敷きに、修行を通じて襲い来る困難を乗り越えよう!!

元気と勇気が「湧く」冒険奇譚プログラムです。

水の呼吸

 

【夜の森 ケダモノアドベンチャー】

夜の自然はケダモノたちの世界。
このプログラムでは「動物」をテーマに、通常味わうことのできない「夜の森」を体験します。

夜の森は、昼とは全く異なる表情を見せ、奥道後の森に潜む野生動物たちの気配を強く感じることができます。
道中ではいくつかの「修行」を実施します。キツネが獲物を取る動きを模し、音もなく忍び寄る「フォックスウォーク」や、夜目を鍛える「暗闇体験」。これらの修行により「ケダモノの呼吸」を身につけ、動物たちの世界へとさらに深く入っていきます。

五感を使って夜の自然を満喫するアドベンチャープログラムです。

ケダモノの呼吸

 

そしてすごいのが値段の設定。

 

両プログラムとも1,500円/人なのですが、実はこの料金には大露天風呂の温泉入浴券がついています。

「奥道後 壱湯の守」の温泉は西日本最大級の大露天風呂!もう、むちゃくちゃ広いです!!

 

少し前まで「ジャングル風呂」という、本当にジャングルのような森の中に温泉があって、子ども達に大人気でした。

 

数年前にリニューアルされ、めちゃくちゃ広くて綺麗な温泉となりました。

目の前には石手川が流れ、気分爽快です。

 

大露天風呂

 

そしてこの温泉入浴料が、通常1,100円するのです。

 

ということは、プログラム参加料金は実質400円!!!!!!

 

これは激安です。この夏の超絶おすすめプログラムです。

思いっきり自然の中で体験し、汗をかき、そのあとは温泉に入って疲れを癒し、ゆるんでいってください。

 

実施期間は8月8日(土)〜16日(日)までの約一週間。ただし、

※8/8、8/14は夜のみ開催、8/13、8/16は朝のみ開催なのでお気をつけください。

 

詳細と申し込みは下記特設サイトからお願いします。

 

自然体験のプロである私たちをかしやが、満を辞してお送りするホテルプログム。

ぜひ多くの方に体験してもらいたいと思っています。


 

続いては、おなじみシャワートレッキング。
夏の大人気プログラムです。

 

実は、今年はシャワトレを実施するかどうか相当悩みました。

 

明けない梅雨。

 

大雨による大増水。

 

おまけにコロナウイルスによる自粛ムード。

 

今年はやめておいた方が良いのではないか?
そんな考えが何度も頭をよぎりました。

 

しかし、今日鈍川に下見に行き、考えを改めました。
小4の次男も連れて行ったのですが、まずは写真をご覧ください。
IMG20200806104239
IMG20200806110810
IMG20200806113249
IMG20200806113759

IMG20200806131826

IMG20200806133543

IMG20200806110751

夏休みになってからというもの、「ヒマなんよー」を連発し、テレビを見まくるかゲームをするか、そんな毎日を過ごしている彼。

 

しかし、水を見ると顔つきが変わりました。小さな頃から川に通っているからというのもあるのですが、やはり美しい自然には子どもを夢中にさせるパワーがあります。流れに負けまいと踏ん張り、難所をいくつも超え、淵に飛び込み、ライダーキックをかまし、泳ぎまくる。

 

いつもとは打って変わって、心の底から楽しんでいるのが見て取れます。

 

難所に挑戦し、乗り越えるたびに子どもはどんどんたくましくなっていきます。

 

これは、私たちが毎年シャワートレッキングを通じて見てきたこと。

 

自然に接し、チャレンジすることで、子どもたちはものすごく成長することができるのです。

 

もちろん、それは大人に取っても同じ。自然は優しく、時に厳しいですが、誰に対しても平等に厳しい。

自然は決して「忖度」してくれません。だからこそそこに対峙すると、人は学んで対処法を身につけ、成長するのです。

 

私も飛び込んでみた。

私も飛び込んでみました。

※8/8、8/14は

そんなわけで、今年もシャワトレ実施します!

 

こんな時だからこそ、自然の中に出かけ、思いっきり体験し、学び、癒されてほしい。

それこそが、私たち自然体験活動の専門家が提供すべき価値ではないか。

 

そんな思いで実施することとしました。

 

詳細は以下の通りです。

 

今年も多くのみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

2020夏シャワトレチラシ

★シャワトレ!★
「鈍川渓谷シャワートレッキング」

親子シャワトレ

鈍川渓谷の清流の中をさかのぼっていく夏の冒険!

水の中を歩いたり、泳いだり、川の自然と涼しさを満喫!
キラキラ水しぶきをあびながら、川の爽やかトレッキング。
だから「シャワトレ」

ちょっとドキドキ、スリリングなポイントも、力を合わせて乗り越えよう!
この夏チャレンジしてみませんか!

毎年大好評です。

2020年 日程:
8月
10日(月・祝)
14日(金)
15日(土)満員となりました
16日(日)

時 間:13:00~2時間程度
集 合:今治市玉川町鈍川渓谷 ふれあいの森森林館 発着
対 象:小学1年生以上~一般(高校生以上は大人料金)
定 員:各回15名
参加費:親子2人3,000円

(家族追加 大人1,000円/人 こども800円/人)

大人(高校生以上)のみ参加 2,000円/人

RIMG1912

◇服装・持ち物:

服装・・・水着の上にTシャツ、ズボン(乾きやすく保温性のある化繊生地がおすすめ)
こどもさんは特に体が冷えやすいので、水着、ラッシュガードの上に、
化繊のTシャツやジャージ、フリースなど保温用の重ね着服を
お持ちいただくと安心です。タイツやズボンは脚を守ってくれます。

足元・・・スポーツサンダル(靴下着用)またはウォーターシューズか履きなれた
スニーカー(濡れてもよいもの) ※ビーチサンダル、クロックス不可

持ち物・・・飲み物、タオル、着替え、靴の替え、帽子、
水中メガネ(あるとより楽しい♪)など
※川の状態(水量)、コースによりますが、膝上~腰くらいの水深が多いです。
時折深いところもあり、泳いだりしますので、全身ザブンと濡れるつもりで
おいでください。

◇集合場所はこちら

より大きな地図で 鈍川渓谷 ふれあいの森森林館 を表示

※「鈍川渓谷シャワートレッキング」は、前日までにお申込ください。
※荒天・増水時は中止とさせていただきます。
※ご予約後はキャンセル料が発生します。

◇申込み先:申込フォーム
◇問合せ先:
メール mail@wokasiya.jp

電話 090-8322-9431
0898-55-3976
(留守の場合があります。留守番電話にご連絡先をいただければ折り返しご連絡いたします)

体験のようすは、
こちら過去記事・夏休みプログラムカテゴリーをさかのぼってご覧ください。
気持ちよさそうなイイ顔がいっぱい^^

RIMG1826

みなさんのご参加を心よりお待ちしています。
気持ちいい!と心から喜べる、自然とつながる瞬間を
一緒に体験しに行きましょう^^!

2020年08月07日

HPをリニューアル!インタープリター養成ページ追加しました。

こんにちは。一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

こちら愛媛では暑い日が続いています。夏到来に備え、先日地区100年のをかしや古民家にグリーンカーテンを設置しました。ヘチマを中心にひょうたんやメロンなども混ぜて。実るのが楽しみです。

 

これだけ暑さので梅雨明けしたのかと思いきや、まだ開けてないとのこと。今年はすでに平年の2倍以上の雨が降っているので、そろそろ梅雨明けしてもらいたいものですね。

 

 

グリーンカーテン

 

さて、今日は をかしやHPリニューアルのお知らせ。

 

このブログも含め今のHPは3年前に作ったのですが、一つだけ課題が残っていました。

それは私の仕事の本丸である「インタープリター養成」「ガイド養成」の専用ページがなかかったということ。

 

私たちをかしやは、開業してからおよそ12年です。今までにさまざまな事業を行い、そして変遷してきました。

 

初期の頃は「森のてらこや」という森のようちえんを主催し、また自然体験プログラムやしまなみ街道のツアーなどを多く行なっていました。

婚活イベントも散々やりましたね。

 

この頃は旧HPとブログの時代で、今とは全然テイストが違っていました。

旧HP

旧ブログ

 

そしてその後体験プログラム系が減り、企業研修などの研修事業が増えてきました。「しまなみインタープリター講座」という主催のインタープリター講座も10期10年続けました。そんな流れで作ったのが、現ホームページです。

 

旧HPはドリームウイーバーを使って理事のたまが作りましたが、この新HPはプロに頼みました。おかげですっきりと美しいデザインとなり、私自身とても気に入っています。

 

しかし課題が一つありました。年々ガイド養成やインタープリター養成系の仕事が増えてきてるのに、それに対応できていなかったのです。

 

そもそも「インタープリター」という言葉があまりに認知度が低い、、、。

 

 

インタープリターとは要はガイドなのですが、しゃべり倒すのではなく五感を使い、体験を通じて魅力を伝える「体験型」のガイドのことです。私はインタープリター稼業をはじめて今年で20年になるのですが、認知度の低さは20年前とあまり変わってないような気がします。

 

うん、これはまずい。プロのインタープリターとしては、その仕事内容や魅力を伝えるツールを作らなくては。

 

ということで、再びプロに頼んで作ってもらったのが、今回の追加ページなのです。

 

これを読めば「インタープリター」というのがどういう人なのか?地域にとってどんなメリットがあるのか?研修のメニューはどんなものなのか?など一目でわかるようになっています。ちょっと長めですが、読みやすいようにスラスラとスクロールできるランディングページ風にしました。

 

ぜひ、ご覧いただきたいと思っています。

 

ちなみに作っていただいたいたのは「ワクタル デザイン&イノベーション」さん。

 

代表の飯尾さんはとても気さくで親身になってサポートしてくれます。HP作成だけではなく、コンサルティングもしてくれるとても頼もしい方です。

 

HPのリニューアルを検討されている方はぜひ相談してみてください。

 

さて、それではリニューアルしたHPぜひご覧ください。もしよかったら感想など聞かせていただけると嬉しいですー。

 

インタープリター養成プログラム

 

 

2020年07月20日

オンラインでファシリテーション研修をしました。

こんにちは。一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

珍しく連投してみます。そして、本記事でちょうど200記事目となりました!これからもたまーに更新していきますので、末長くおつきあいくださいませ。

 

さて、本日のお題は「オンラインファシリテーション研修」です。

 

前回の記事でも書きましたが、私たちは自然体験やインタープリテーション、ファシリテーションなど主に「直接体験」を生業にしているため、コロナで大きな影響を受けました。が、そのまま手をこまねいていたわけではなく、新しいことにチャレンジしています。

 

 

先週と先々週は、経営者の勉強会である「愛媛県中小企業家同友会」のリーダーシップ研修の仕事でした。主に中堅社員さんやこれからリーダーを目指す人たちを対象に、毎年さまざまなテーマを設定して実施する研修です。今年のテーマは「ファシリテーション」。

 

中小企業家同友会では毎月例会(勉強会)があり、いろんな人の報告を聞いた後にグループディスカションを行います。しかし、そのディスカッションの進行がむずかしいという意見がたくさんありました。意見を引き出しつつ、うまーく場をファシリテートできる人の育成が急務!となっていたのです。

 

そこで4回連続で、ファシリテーター養成研修をすることとなりました。・・・これが今年1〜2月時点でのお話。

 

 

しかし、その後世界的なコロナショックがあり、集まって実施する研修ができなくなってしまいました。うーん。

そんなわけで急遽Zoomをつかった「オンラインファシリテーション研修」となったのでした。

 

オンラインリーダーシップ研修

 

Zoomを使ったコミュニケーションがあたりまえになって久しいですが、実はオンラインにはオンラインの「お作法」が必要です。そしてまだまだそれは一般的ではなく、結果として「1人だけ長々としゃべる、ほとんどの人はただ聞いているだけ」というミーティングになりがちです。

 

こうなるとつまらないので、飽きちゃうし、他のことをしたくなります。そして余計につまらなくなります。

 

これを私は「オンライン負のスパイラル」と呼んでいます。

 

この状況ではオンラインコミュニケーション自体が嫌いになってしまいます。だからこそ、オンラインファシリテーターが必要なのです。

 

オンライン負のスパイラル

オンライン負のスパイラル

 

 

さて、研修の最初はオリエンテーションからはじめます。私はリアル研修では、「KP法」という、A4の紙にキーワードを書いてホワイトボードに貼り出す形で説明することが多いです。今回はオンライン研修ですが、ホワイトボードと、パソコン据え付けではない専用のカメラを使って、KP法で実施してみました。意外とリアル研修同様に伝わるものです。

 

DSC_2446

 

ちなみにこの会場には事務局スタッフしかおらず、参加者はカメラの向こうにいるため、実際にはこんな状況で話しています。

 

DSCF0471

 

・・・なかなかシュールな絵柄ですね。

 

そして、参加者がみている画面ではこのようになっています。

 

オンライン負のスパイラルについて解説中。

オンライン負のスパイラルについて解説中。

 

オンラインでは、KP法だけではなくクリップボードと紙で解説することも多いもの。こういう場合はあえて手書きの方が伝わる気がしますね。バリバリのデジタルな世界だからこそ、アナログの良さが生きてきます。そしてクリップボードも大事。オンラインの場合、紙だけだと照明や光の状態によっては透けて文字が見えにくくなってしまうことがあります。

 

またオンライン研修では、一番はじめにグランドルールを設定するようにしています。私が設定する「お約束」は次の三つです。

 

・基本的に「ミュート」で。

・いつでも発言OK!

・リアクションは大げさに

 

オンラインのお約束

オンラインのお約束

 

こんなシンプルなグランドルールがあるだけで、場の雰囲気は全く違ったものになります。みんなが安心できるのです。

 

この研修は今のところ第二回まで実施したのですが、第一回目ではまず「オンラインコミュニケーションを楽しむ」ことをゴールとしました。

 

オンラインで使えるアイスブレイク(打ちとけ合いのゲーム)を全員でいくつか体験し、「ブレイクアウトルーム」という小部屋機能を使って少人数で「デートゲーム」をしました。お題はこんな感じ。これをあらかじめ考えてもらい、何人かで話し合うのです。

 

リアル研修でよくつかう定番のアイスブレイクなのですが、オンラインでも全くリアル同様に実施できました。

 

デートゲームお題

そのあとは「オンラインのお作法」を確認したのち、再びブレイクアウトルームに分かれて少人数での話し合い。そうして2時間の研修はあっという間に終了したのでした。

 

 

第二回の研修のテーマは「やってみよう!オンラインファシリテーション」

 

第一回の内容をさらに深め、全員が15分のオンラインファシリテーションに挑みました。

まずは最初に、前回のおさらいも兼ねてオンラインの「お作法」を確認!これ、大事です。

 

そしてすぐに4人組のブレイクアウトルームに分かれ、1人15分のファシリテーションにチャレンジ。お題は参加者が自由に設定し、15分の場の進行をしたあと、5分間で振り返り。途中一度休憩を入れて、4人それぞれが、それぞれのやり方でファシリテーター役を勤めました。

 

4人の進行を体験することで、自然と「ファシリテーターの存在、やりかたにより、場が全く違ったものになる。」ということを体験することができました。

 

そしてここでとても大切なのが「休憩」。リアル研修とは異なり、オンラインでは1時間に一回、10分程度の休憩は必ず入れた方がいいようです。ブレイクアウト機能を使うことでまた違っては来るのですが、基本的にオンラインでのコミュニケーションはものすごく疲れます。おそらく、情報がほとんど視覚からしか入ってこないために、他の情報を得るために脳が全力で回転しているのだと思います。

 

なので、1時間に一回程度は休憩を入れた方が良いみたい。ちょっと休憩してお茶飲んだり、甘いもの食べたり、体を動かしたりしてリラックスする。こう言った「スキマ時間」の設計がオンラインではものすごく重要だと感じています。

 

休憩や飲み物はとても大事!

休憩はとても大事!

 

全員がオンラインファシリテーションを体験し、ふりかえりも終えたら再び全員が集まり、感想の共有。みなさん「オンラインでもここまでできるのか!」と新鮮なオドロキがあった様子。楽しい時間を過ごし、たくさんの気づきがあった、あっという間の2時間20分でした。

 

当初予定では、オンラインだと長丁場はきついので2時間の予定でいました。しかし思いのほか話がはずみ、みなさん良い顔をされているので全員に了解を取った上で延長させてもらいました。しっかりと研修するなら、オンラインでも2時間半くらいは欲しいですねえ。

 

 

このようにして、二回のオンラインファシリテーション研修が無事終了。私としても大きなチャレンジで、十分な準備をして臨みました。そして終わってみれば、新しい発見と学びがたくさんあった研修でした。私もめちゃ疲れたけど楽しかった!!

 

前回投稿した「そのへんにある野草を採って食べてみようの会 in Zoom」に続き、オンラインの大きな可能性を感じた二日間でした。

 

 

オンラインでの研修に興味がある方は、ぜひご連絡くださいませ。

 

 

以上オンラインファシリテーション研修のレポートでした。

 

DSC_2449

 

2020年07月15日
1 2 3 20