一般社団法人をかしや

メニュー

今年度最終回。出張しまなみインタープリター講座@愛知

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

久しぶりの投稿となります。

 

さて、をかしやの看板事業といえば「しまなみインタープリター講座」。

 

過去8期にわたりしまなみ海道を舞台に実施してきたこの講座は、「コミュニケーション力」「伝える力」「企画力」を身につける総合講座です。

 

そして今年は初の試みとして、山形、横須賀、愛知の全国3カ所で展開しています。

 

 

shimapribook

今回は今年度最終回となる、愛知での講座のご案内です。今まで通り二泊三日、合宿形式での実施です。

 

2017年度 出張しまなみインタープリター講座 

9月26(土)〜18(月・祝) 山形 @やまさぁーべ(山形県大江市)

11月3(金・祝)〜5(日)  横須賀 @オーシャンヴィレッジ三浦(神奈川県三浦市)

(2018年)2月10(土)〜12(月・祝) @愛知県美浜少年自然の家(愛知県知多郡美浜町)

 

「しまなみは遠い!近くでやってくれ!!」

 

と言われ続けた8年間、みなさまお待たせしました。

最終回は愛知県知多郡美浜町での実施。

名古屋から1時間圏内です。

 

ぜひぜひ足をお運びくださいませ!

 

詳細は下記ご覧ください。

これからも情報を随時アップしていこうと思っています。

 

多くの方の参加をおまちしていまーす!!

 

IMGP9363

 


 

出張しまなみインタープリター講座@愛知

〜「伝えたい」と願う全ての人へ〜

 

広島県尾道市から愛媛県今治市まで、六つの美しい島を端正な七本の橋でつないだ海の道があります。それが「瀬戸内しまなみ海道」。そしてその一帯は、青い海と白い砂浜、そこに浮かぶ島々が魅力の、知る人ぞ知る自然体験の聖地のようなところです。

 

しまなみインタープリター講座、略して「しまプリ講座」は、そんな「しまなみ地域」を舞台に、さまざまな体験と実践を通じて、コミュニケーション力、企画力、伝える力を身につけていく総合講座としてうまれました。

 

インタープリターとは、自然や歴史や文化などのガイドのことですが、「知識」や「情報」を伝える一般的なガイドのイメージとは少し異なります。自分が流暢にしゃべるのではなく、できるだけ相手にたくさん話してもらうようにします。知識や情報を伝えるよりも、「体験」を通じて参加者自身に自ら気づいてもらう、という仕掛けをします。

 

しまプリ講座は、このような伝えるための技術や考え方を学ぶ道場です。これまでに8期8年間、年齢も職業も地域もさまざまな人たちが、全国からしまなみに集い学び合ってきました。OBOGの数は150人以上におよびます。

 

そして今年度しまプリは、「しまなみ海道」からはなれ、全国3ヶ所(山形・神奈川・愛知)で実施することとなりました。場所が変わろうとも、伝えるために必要な事柄は変わりません。今まで8年間で培ってきた「しまプリメソッド」を余すところなく皆さんにお伝えします。

 

出張しまプリ 第3弾は、愛知県での実施。

中京地区のみなさん、お待たせしました!

 

会場は、海を望む高台にある公共施設「愛知県美浜少年自然の家」。

とてものどかで景色の良いところです。

美浜少年自然の家

img_slide01

 

本講座は、インタープリターのための講座であるとともに、「伝えたい」と願うすべての人たちを対象とした講座です。営業マン、販売業、教育関係、地域に携わる人など、およそ人とコミュニケーションを取る全ての方にとって役立つ内容です。

 

「伝えたいけど伝わらない」というもどかしさを解消するためのヒントが詰まっています。

 


ご縁のある方との出会いをスタッフ一同楽しみにしています。

 


※修了者は自然体験の指導者資格「自然体験活動(NEAL)リーダー」を取得することができます。


★こんなことが身につきます!★
・ 伝える力
・ コミュニケーション力
・ 企画の基礎

 

dav

 

・スケジュール(予定)


2月10日(土)
13:00 オリエンテーション
14:30 インタープリテーション体験
〜その場所「ならでは」の魅力を伝えるツアーを体験します〜

16:00    講義:インタープリテーション論

               〜「伝わる」ために必要な要素をわかりやすく講義します〜 
18:00 夕食→懇親会

 

2月11日(日)
8:00 朝食
9:00 インタープリテーショントレーニング

   〜その場所の魅力を伝えるガイドトレーニングをします〜
12:00 昼食
13:00 インタープリテーショントレーニング2

   〜参加者と講師からのフィードバックを受けて、もう一度実践してみます〜
17:00 安全管理の基礎
18:00 夕食→懇親会

 

2月12日(月・祝)
8:00 朝食
9:00 企画実習

             〜基本的な企画の立て方を学び、実際に企画を立ててみます〜
12:00 昼食
12:30 企画発表とフィードバック
14:00 3日間のふりかえり
15:00 終了

 

会場  :愛知県美浜少年自然の家

(愛知県知多郡美浜町大字小野浦字宮後1-1)

http://sizennoie-mihama.jp/


対 象 :16歳以上の
・ 伝える力を身に付けたい人

・営業マン、販売業、教育業など、人とコミュニケーションをとる必要がある人
・ 地域おこし協力隊など「地域」に関わる人
・ 世の中をオモシロクしたい人
・ 一生役立つ技術やネットワークが欲しい人


定 員 :20名

最少催行人数:10名

※2月1日(木)に催行判断をします。


参加費 :19,800円

※自然体験活動リーダー登録には別途登録料が必要です(任意登録)

 

講 師 :河野 宏樹(環境教育事務所Leaf代表、JOLA2017特別賞)
      http://jola-award.jp/winner/615/
        菊間 彰(一般社団法人をかしや代表理事、JOLA2017ファイナリスト)
      http://jola-award.jp/winner/616/

 

申 込:以下のアドレスに、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、何で本講座を知ったか、参加に当たってひとこと、をお書きの上お申し込みください。

info@wokasiya.jp

※@を@に変えて送信くださいませ

 

※本事業はセブンイレブン記念財団の活動助成をいただいて実施します。

セブンアンドアイ財団決定最新

 

★参加者の声★

今回、しまプリに参加したことで僕の人生おもしろい方向に向いたと思います。(10代 学生)

“場のちから”というのがインタープリテーションにおいてとても重要である。(20代 自由業)

「しゃべりすぎない」ことが何よりも大きな気づきになった。そして「自分の意見を押しつけない」ことも、今後の大きな課題となった。(30代 山岳ガイド)

いろんな立場、性格、特技の人が集まると面白い! (20代 ホテル職員)

知識を伝えることがインタープリテーションだと思っていましたが、実際に体験したことの方が頭に残ることを実感しました。 (20代 学生)

講座で学んだ「企画のしかた」を生徒の作文授業に生かしたら、非常に良い作文ができ、他の先生方に「どうやったの!?」と聞かれました。 (30代 教師)


同じ事をしても人それぞれ感じ方が違うこと、視点の違いを改めて感じてよかったです。 (40代 獣医師)


全体を通してとてもわかりやすく、楽しみながら学習できるプログラムでした。この講座で学んだことは、自然と人をつなぐ技術や伝える技術だけでなく、様々 な場面で応用して活かせるものばかりでした。「たくさんの人や自然との出会い」を期待して参加しましたが、期待以上の素敵な出会いがありました。それが何 よりの収穫です。  (30代 薬剤師)


フィードバックの重要性、対象者理解の重要性についてあらためて確認することができました。これは仕事にも生かせます。 インタープリテーショントレーニングでは伝える実力がついたと思います。みんなでわかちあい、熱い想いを共有することができ、うれしく思います。みんなすばらしい!  (40代 企画営業職)

 

島プリ体験2
2017年12月13日

JICA研修、無事におわりました。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事、「マロ」こと菊間 彰です。

 

季節外れの台風21号が日本に近づいてますね。

しかも「超大型、非常に強い」台風とのこと。

 

こちら愛媛では、現在雨が降り続いているものの、まだそれほどひどいことにはなっていません。

これからひどくなるようですが、無事に過ぎ去ってくれることを祈りたいものです。

 

全国のみなさんにも、どうか被害がでませんように。

 

 

さて、前回のブログでもお伝えしたのですが、私たち をかしやはこの10月、JICA(国際協力機構)の青年研修に関わっておりました。

 

サモア、フィジー、バヌアツ、ソロモン諸島の、オセアニア地域4カ国から10人の研修員を迎え、「スポーツを通じた地域振興」のテーマのもと、二週間の学びをお手伝いしてきました。

 

先日その研修が無事終了しましたので、簡単にダイジェストでレポートしたいと思います。

 

 

今回の研修は、愛媛県内の様々なセクターのスポーツ関連政策や、取り組みを視察し、また講義をいただくという内容。

 

サッカーチームや野球チームの視察や講義をいただいたのは前回のブログでお伝えした通り。

 

そのほかにもいろんな所に行きました。

 

 

例えば地域の祭り。

 

かねてからお伝えしてきた通り、私たちの地域の祭りに、研修員の皆さんをご招待しました。

神輿を担いだり、獅子舞を見たり、お接待を受けたりして日本の祭りを満喫してもらいました。

 

dav

 

うーんさすがに体がデカイだけあってパワフル。

神輿がめっちゃ軽そうでした、、、。

 

祭りに関しては書くべきことがたくさんあるので改めて記事にしようと思います。

 

 

うどんもよく食べましたね。このころは研修半ばで、うどん屋さんもだいぶ板についてきてます。

 

dav

 

しまなみ海道サイクリングにも行きました!

やはり私としては、愛媛に来てもらうからにはしまなみ海道は外せない。

 

天気はあまり良くなかったのですが、みんな大喜びしてくれました。

大洋州の国々は道があまり舗装されておらず、自転車はあまり普及してないとのこと。

 

なので、10人のうち5人が自転車、ほかのメンバーはバスでしまなみ海道をまわりました。

その自転車メンバーも、「14年ぶりに乗った」とか「20年ぶり!」なんて人もいましたよ。

 

dav

dav

うれしそうな人たち

 

dav

しまなみ海道をバックに

 

RIMG1085

 

RIMG1099

 

サンライズ糸山から宮窪まで

サンライズ糸山から宮窪までサイクリング

 

サイクリングを終えてからは、大三島の大山祇神社に参拝しました。

クリスチャンである彼らにとっては、八百万の神様を信じるという、日本人の宗教観も印象に残ったようです。

 

手水を上手に使うの巻

手水を上手に使うの巻

 

樹齢2600年の大楠の前で

樹齢2600年の大楠の前で

 

 

真面目な講義ももちろんたくさんあります。

愛媛県のスポーツ関連政策や、総合型地域スポーツクラブ、自治体のスポーツ振興政策など。

 

今回のメンバーは行政マンが多かったので、政策関連の講義も得るものが大きかったようです。

 

dav

 

ただ講義を受けるだけではなかなか身につきません。

学んだことをアウトプットしてこそ、初めて自分のものになるものです。

 

なのでワークショップ形式でグループごとに意見をまとめて発表したりもしました。

 

dav

 

スポーツ関連施設の視察もしました。

 

オセアニア地域はやはりインフラの整備がそれほどすすんでおらず、屋内スポーツより屋外スポーツの人気が高いそうです。ラグビーとかサッカーがポピュラーらしい。

 

なので日本のいろいろな施設をみてもらいました。

特に人気だったのは武道場。日本らしいですから。

 

dav

 

二週間のスケジュールで一度だけ、懇親会もしました。

やはり日本にきたからにはぜひ「居酒屋文化」も体験してもらいたいので。

これはみんな喜びましたねえ。

 

dav

dav

七輪が人気!

dav

 

こんな感じで2週間に渡って実施してきたJICA青年研修。

最終日には研修員のアクションプランのプレゼンがあり、その後閉会式を行い、無事、愛媛での全日程を終了しました。

 

私は最終日に別件の仕事があり、あろうことが最後だけいられない(泣)という状況だったのですが、業務終了後、彼らの泊まっているホテルのロビーに駆けつけました。

 

すると、彼らから各国のプレゼントのサプライズ!

やはりこういうのは嬉しいものです。

 

dav

バヌアツチーム

 

dav

ソロモンからただ一人参加したカスパー

 

dav

サモアとフィジーから

 

私からも記念の品として日本の扇子をプレゼントさせてもらいました。

彼らの国は暑いし、日本の祭りで扇子を見てますから、使うたびに祭りを思い出してもらえばと。

burst

みんなデカイ!

 

 

ということで、研修は無事終了しました。

 

今回改めて思ったのですが、やはり国際交流の機会はとても大事ですね。

大洋州の人たちは体はデカイし、真っ黒だし、接したことがなければすごく怖く思えるかもしれない。

 

でも実際に接して見れば、すごく真面目だし、可愛い所やシャイなところもある。

それは人間として、本質的に私たちと全く変わらない。

 

そんな当たり前のことを改めて感じることのできる機会となりました。

 

 

私はこれからも、こういった機会をことあるごとに作っていきたい。

準備や実施等々、たいへんなこともままあるのですが、それでもやるだけの価値と意義があると思っています。

 

そして多くの人に、世界中の人と触れ合う楽しさ、面白さを伝えていきたいと、改めて思ったのでした。

 

 

2017年10月22日
1 2 3 23