一般社団法人をかしや

メニュー

しまなみ海道にて、貸切釣りガイドツアー。

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

昨日は貸切釣りガイドツアーでした。

をかしやは、普段は釣りのプログラムはやっていないのですが、オーダーがあればいつでも承っています。

去年の夏休みも二件ほど釣りガイドをしました。

 

あまり知られていないのですが、私たちをかしやは釣りだけではなく、オーダーしていただければほとんどなんでもやるのです。

 

さて、今回の釣りガイドのお客様は9年来の友人である「ガビーさん」ご一家。

 

をかしやは2009年から2011年にかけて三年間、「いまばり湯ノ浦ハイツ」というホテルで夏休みの自然体験プログラムを実施していました。その最初の年、2009年のプログラムに参加してくださったのがガビーさんご一家で、それ以来のお付き合いになります。

 

その時の記事はこちら

 

このブログ記事の中でガビーさんに抱っこされて蜘蛛の巣をくぐっているのが、今は高校2年生になった長男のショーゴ君。うーん、時の経つのは早いものです。

 

ガビーさんと小さいショーゴくん

 

ガビーさんご一家は関東在住なのですが、毎年毎年30年以上も夏休みに今治に遊びに来られています。

 

小学生の頃から毎年来ているので、今治の自然やその変化にもすごく詳しいです。特に趣味であるクワガタの生態に関してはすごいものがあり、ブログで情報発信もしてくださっています。

 

そしてガビーさんご一家はとても素敵なご家族で、以前お父様にこんなお話を伺ったことがあります。

 

「世の中には、休みには外国に行ったりする方もいらっしゃるけど、ここに毎年来て、一週間くらい滞在して、のんびりして夕方にテニスする。そういうのが私たちにとって最高の贅沢なんです。」

 

なんて優雅な時間の過ごし方。大人です。欧米人の休暇みたいです。

その時の記事がこちら。ガビーさんとの衝撃の出会いの様子も綴ってあります!

 

2010年の写真。うーむ、二人とも若い!!

 

 

さて、そんなお馴染みのガビーさんご一家を釣りにご案内しました。

去年に引き続いてのご用命です。

 

夏のしまなみエリアは暑すぎて条件的にキビシイ場合も多いのですが、一週間ほど前に予備調査を行い、一番良いと思われるとある島に釣り場を決定しました。

 

 

その時のこと。いろんな場所や仕掛けを試したのですが、その一環としてサビキ釣りで釣れた小魚を生き餌にして放り込んでおきました。

 

運とタイミングが良ければ大物がかかることがあるのです。

 

そしてその時がやって来ました!竿につけてあった鈴がリンリンなり、竿先が強烈に引き込まれます!!

 

「よっしゃー!」と竿をとり、やり取り開始です。強烈な引きで、糸がどんどん引き出されていきます。

こういう時には無理にあげようとせず、ある程度魚を走らせて弱らせるのがコツです。

 

しかしいくら時間が経ってもこの魚は一向に弱った気配を見せません。

少しづつ糸を巻いてもすぐに引き出され、一進一退の攻防が続きます。

私の釣り人生の中でも、間違いなく最大級の大物です。タイか、ヒラメか、青物か。

 

期待に胸が膨らみます。

 

そしてファイト開始から30分がたち、ようやく魚が浮いて来ました。

白い巨大な魚体が見えます!

 

「でかい!タイか!!」

 

少しづつ寄せて来て、いよいよ魚の姿があらわになります。

でかい!1メートルくらいあります。

そして、その姿は座布団のよう!

 

「ヒラメか!」

 

・・・・しかし、どうも様子が違います。

なんかひらひらしてる・・・。

そして形が普通の魚っぽくない。広い。

・・・その正体はこいつでした。

 

巨大なエイ・・・

巨大なエイ・・・

 

エイかよ!!!

 

この時のがっかり感ときたらありません。

エイやサメなどの軟骨魚類は食べられないこともありませんが、アンモニア臭があり、美味しくないのです、、、。

第一重すぎであげられないし・・・。

 

結局そのままリリースし、海にお帰りいただきました。

 

渡船の都合で2時間しかいられないのに、巨大エイに30分も取られてしまった、、、。

無念。

 

なんだチミは・・・。

なんだチミは・・・。

 

 

とまあ、下見でこんなこともあったのですが、気を取り直して本番です。

今日は大物が釣れることを信じて。自然豊かなしまなみに来たからには、ぜひ大物を釣っていただきたい。

 

港から船に乗り、みんなで島を目指します。

 

イルカ船に乗って

船に乗って島へ。

 

 

船からはしまなみ海道がよく見えます。

いつ見てもしまなみは美しい。

 

 

美しき しまなみ海道

 

dav

 

dav

 

そしていよいよ島に上陸。釣り場である波止(防波堤)へ急ぎます。

波止についたら釣り開始!

 

しまなみを眺めながらの釣りはロケーションもよく、気分最高です。

 

しまなみ海道を眺めながら

しまなみ海道を眺めながら

 

しまなみの海は潮がとても早く、刻一刻と変化します。

潮の流れや動きが見る見るうちに変わっていくのです。

そして魚たちの動きも潮によって変わります。

 

この日の潮は若潮。

釣り初めから2時間ほどで干潮を迎え、午後はどんどん潮が満ちてくるパターン。

どのタイミングで釣れるかは、やって見なければわかりません。

 

最初はあまり釣れなかったのですが、1時間した頃からポツポツと釣れ始めました。

干潮に近づいて潮が動かなくなってから釣れるパターンです。

 

この釣り場には、どこにでも群れているスズメダイはあまり多くなく、メバルがとても多い。

そのほかにもアジやベラの仲間、ホゴ(カサゴ)やグレ(メジナ)なんかもポツポツ釣れます。

 

その釣れたアジを餌にしてやはり投げ込んで見ることにしました。

大物はくるでしょうか?

 

 

しばらくしてまたその時はやって来ました。

ガビーさんの竿が海に引き込まれそうになっています!

 

「キター!!!」

私は竿に猛然とダッシュし、なんとか海に落ちる前に確保することができました。

態勢を整えてガビーさんに渡します。そしてファイト開始!

 

ガビーさんの竿から糸が勢いよく引き出されています。

こういう時は竿を立て、竿の弾力を使って魚の引きを吸収します。

竿をのされて(倒されて)糸が一直線になったらすぐに糸は切れてしまうのです。

 

ドラグ(糸出し装置)は、魚が強く引いた時にジリジリと出るくらいにしておいて、魚をしばらく走らせます。

 

そして引きが弱まった時に竿をじわーっと持ち上げ、竿を下げながらその分を巻き取ります。

これをポンピングと言います。釣りの基本的な技術の一つです。

 

※ただし、ポンピングには釣り糸のテンションが変化するのでバレやすい(はずれやすい)という弱点もあるようです。なので釣り具も釣り糸も進化している現代では竿を一定の角度で保ち、魚の引きが弱った時だけ巻くという「クレーン巻き」という方法が主流になっている模様。

 

ガビーさんにそんなことをお伝えしながらやり取りを見守ります。

糸がジージーと音を立てて出ていきます。かなりの大物!

その後しばらくやりとりしたのですが、、、残念ながらバレて(はずれて)しまいました。

 

あの魚はなんだったんだろう?

かなりの引きでした。

 

そうこうしていると、私の竿も大きなアタリが!!

すぐに竿を取りファイト開始。

それほど大きくはないのですが、ゴンゴンとよく首を振ります。

 

「タイか?」

 

期待に胸踊ります。

やりとししつつ順調に糸をまき魚を寄せます

そして魚体が見えました!

「白い、タイか!?」

 

しかし、またなんか違う・・・。

なんかくねくねしてるし。

 

さらに糸を巻いて、タモ網を使って無事ランディング。

その魚がこいつでした。

 

サメ

 

「サメかよ!!!」

「また軟骨魚類かよ!」

 

もう笑うしかないですね・・・。サメも笑ってるよ・・・。

もちろん、この後サメさんには海におかえりいただきました。

※この写真だと小さく見えますが、このサメ60㎝以上あります。

 

 

これに前後してもう一回かかったのですが、残念ながらそれもバレてしまいました。

 

バレてはしまったものの、3連発での、大物の到来に興奮しっぱなし!!

しまなみの海には大物とロマンがいっぱいです!!

 

 

その後も適宜休憩をしながら釣りを続けました。

午後からは潮が満ちて来て、目の前の海が次第に川のような流れになっていきます。

 

潮のタイミングによって、さっきまで全く釣れなかったのが急に釣れ出したり、また釣れなくなったりします。

海は不思議です。

 

dav

 

結局船の時間である16時まで釣りをして、この島を後にしました。

魚は釣れたり釣れなかったりを繰り返しつつも、30数匹を上げることができました。

 

本日の釣果

本日の釣果

 

最後に、港でみんなで記念写真を取りました。

日差しがめちゃ眩しくて、みな険しい顔になっております。

ちなみに一番背が高い黒い服の人は、高校二年生になったショーゴ君です。

 

sdr

 

このようにして、しまなみのアツい1日は終了しました。

昔からの友人を、このようにご案内できるのはガイド冥利につきます。

 

ガビーさん、お父さん、ショーゴ君、カンタ君、ありがとうございました。

またぜひ、一緒に釣りに行きましょう!

 

 

以上貸切釣りガイドツアーのレポートでした。

皆さんもいかがですか?

 

2018年08月08日

夏はシャワトレ!鈍川渓谷シャワートレッキング。

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

今年は大雨が降ったり台風が来たりしてなかなか実施できませんでしたが、先日ようやくシャワートレッキングを実施できましたのでレポートしたいと思います。

 

今年初のお客様はN様。お父さんと小学一年生の息子さんと二人でのご参加です。

RIMG1754

 

シャワートレッキングは美しい渓流をさかのぼっていく体験です。

 

川底には滑りやすいところと滑りにくいところがあります。

最初はわかりにくいのですが、基本的には「白く見えるところ」を踏むと滑りません。

 

白いところは砂、そして茶色や緑に見えるところは石についたコケで、ここを踏むと滑ります。

 

そんなことをレクチャーしながら、川をさかのぼって行きます。

 

RIMG1731

RIMG1733

難所では親子力を合わせ、どんどん進みます。

 

RIMG1723

鈍川渓谷は基本的にそれほど水は多くないのですが、時には深い場所もあり、そういう場所ではのんびり泳ぐこともできます。

 

RIMG1715

澄んだ水がほんとうに美しい。

 

 

そうかと思うと浅瀬があり、そんな場所にはカジカガエルのオタマジャクシがいたりします。それをじっと眺めたり。

 

RIMG1724

 

川の様子は刻一刻と変わります。

時には難所も現れます。

 

大人でもビビっちゃうような激しい滝もあるのです!

そしてそこに挑戦するのです!!

 

RIMG1725

RIMG1726

RIMG1729

 

難所を超えでガッツポーズ!!

 

RIMG1748

 

小1のTくんも負けてはいません。

激流、難関にチャレンジです!

 

RIMG1757

 

RIMG1799

 

そして難関を超えてガッツポーズ!!!

 

RIMG1807

 

そのようにしてどんどん進み、神秘的な場所へと歩を進めます。

ここは私たちが「主の淵(ヌシのふち)」と読んでいる場所。

 

淵とは周りに比べ深くなっている場所ですが、ここは川の両側にそそりたった崖があり、すごく神秘的な雰囲気がある場所です。

 

私たちはここの主様に祈りを捧げ、それから静かに進むようにしています。

RIMG1766

 

無事に淵を超え、ゴールに向けてガンガン進みます。

この頃になると、川底の様子や川の歩き方を体で覚えているため、滑りやすい川も何の問題もなく歩けるようになっています。

子どもも大人も、初めとは別人のようにたくましくなっています。

 

RIMG1755

 

RIMG1810

RIMG1760

 

こんな感じで2時間のシャワートレッキングは終了しました。

とても気持ちよく、清々しいい時間でした。

 

でもそれだけではなく、たったの2時間で、大人もこどももまるっきり別人のように動きが変わっているのです。

多分ご本人たちは気づいてないと思うのですが、全く動きが違います。

 

どうやら自然から学べることは、予想以上に大きいようです。

 

 

 

いかがでしたか?

楽しく、涼しく、気持ちよく、そして「生きる力」が知らず知らずのうちに身につくシャワートレッッキング。

 

この夏のオススメです!!

 

シャワートレッキングは、この夏あと4回実施です!!!

 

妙なる自然を感じよう。をかしや2018夏休みプログラム!

2018年08月07日
1 2 3 17