一般社団法人をかしや

メニュー

やまプリ講座第一回!

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

昨日は、をかしや新年度初の主催事業「やまなみインタープリター講座」通称やまプリの第一回でした。

 

講座の様子をレポートしてみようと思います。

 

 

メイン会場は、今治市玉川町鍋地集落の集会所。

のどかな地域の小さな集会所を、地域にお願いして使わせてもらっています。

 

快く使うことができましたが、地域行事以外で使うのは初の試みだそうです。

 

ありがたいことです。

 

 

さて、やまプリ講座をはじめ私たちをかしやの講座には、全国からメンバーが集まります。

今回も、徳島や大阪から来たメンバーがいました。

 

顔合わせをしてかんたんな挨拶のあと、車座になり講座スタート。

 

 

IMGP8390

 

まずはオリエンテーションで講座の趣旨を確認し、講師紹介をします

 

講師はもちろんこのお三方。

 

仕事がめちゃくちゃ早いスーパーサイヤ人です。

 

IMGP8643

 

そしてお互いを知り合う時間。

 

20代の学生から60代の方まで多様なメンバーがいるので、体を動かしたり話しあったりするワークを行います。

 

 

IMGP8398

 

IMGP8399

 

遠方からわざわざこういう講座に参加してくださるメンバーはみな熱意があり、話はとても盛り上がりました。

 

 

休憩を取った後は森についての小講義。

 

 

日本には森がたくさんあることや(森林率67%)、間伐が遅れていること、材木価格がめちゃくちゃ安くて林業がなかなかなりたたなくなっていることなど、山や森にまつわる基本的なことを学びました。

 

 

その後、それぞれが感じたことを共有する時間を設けます。

 

聞いて聞きっぱなしではなく、それをアウトプットすることが大事なのです。

 

IMGP8410

 

IMGP8413 IMGP8416 IMGP8415

 

お昼ご飯を食べて、午後からはいよいよ間伐に出発!

とても良い天気で、田園風景の中を気持ちよく進みます。

 

IMGP8418 IMGP8425

 

 

現地についたら、講師陣によるレクチャー。

本気を出した講師 村瀬さんは、スーパーサイヤ人オレンジ

 

IMGP8435

 

伐採は、まず切り倒す方向に「受け口」をいれ、その後反対側から「追い口」を入れます。

フリップを使い、わかりやすくレクチャー。

 

さすがスーパーサイヤ人オレンジ!

さすがスーパーサイヤ人オレンジ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、山に入るための儀式を執り行います。

山には山の神様がいます。

 

山の神様は女性で、嫉妬深いと言われています。

その神様に、山に入る挨拶と、作業の安全を祈願します。

 

けんちゃんとみさちゃんがいつもやっている方法で、御神酒をささげ、二礼二拍手一礼をもって、神に祈りを捧げます。

 

IMGP8489

 

IMGP8490

 

ちゃんと山に関わる人たちは、このように昔からの言い伝えやしきたりをとても大事にします。

 

けんちゃんの話では、この儀式を怠っていきなり山に入ると、怪我をしたり、なにか作業がうまくいかなかったり、ということが起こるそうです。

 

やはり、昔からの言い伝えは大事ですね。

 

 

この後はいよいよ間伐です。

 

3グループにわかれ、それぞれに講師がつき、以後各グループごとに進めていきます。

今回の作業内容は手鋸による伐採です。

 

木を切るときにはまずまわりを見て、どこに倒したい方向を考えます。

そして木を下から見て、木の重心と枝の張り方をみて、伐倒方向を決めます。

 

そんなプロセスを、実際に講師みさちゃんがレクチャー。

 

IMGP8500 (1)

 

伐倒木と伐倒方向をきめたら、いよいよ切っていきます。

 

IMGP8531 IMGP8543 IMGP8546

 

この森は20年生くらいのヒノキ林。

 

ヒノキは枝が強く、枝を張っているためなかなか倒れないこともしばしば。

 

そんなときはみんなで力を合わせて引っ張ったり、ロープを使って倒していきます。

 

IMGP8569 IMGP8598 IMGP8586

 

倒すことができたら、枝を払っていきます。

けんちゃんにやり方をおしえてもらい、みんなでガシガシ切ります。

 

IMGP8575

 

IMGP8578

 

このヒノキ林のとなりには竹林があり、とても綺麗に手入れされています。

地主さんに許可をいただき、たけのこ掘りも体験することができました。

 

たけのこ掘りは、実は竹林を管理する上で大切な作業。

たけのこを掘らないとそのまま竹になり、混み合った竹林となってしまいます。

 

みんなでせっせと掘りました。

たけのこを初めて掘る人もいて、お土産もできて、皆大満足でした。

 

IMGP8603

 

IMGP8430

 

このように作業を終えて、集会所に戻り、ひとやすみ。

 

その後、ふりかえりを行いました。

体験して感じたことをフリップに書き、車座になり、それをみんなで共有していきます。

 

IMGP8626

 

IMGP8649

 

斜面での間伐作業は大変ではあるのですが、またやりがいもある。

参加者それぞれがいろんなことを感じた1日となりました。

 

最後に集会所前で記念写真をパチリ。

山の新緑が綺麗です。

 

IMGP8660

 

ということで第1期第一回の記念すべきやまプリ講座が無事終了しました。

 

次回は6月4日(日)。

 

チェーンソーを思い切り使い倒します!

 

 

次回はどんなドラマが生まれるのでしょうか?

 

楽しみです!

2017年04月30日

やまプリ講師の紅一点

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、いよいよ明日から「やまなみインタープリター講座」略して「やまプリ」が始まります。

そんなわけで一昨日から講師の紹介をしてきていますが、今日はその最終回。

 

紅一点の、みさちゃんこと 江崎 美沙さんを紹介します。

 

 

まずはプロフィールをご覧ください。

 

 

江崎 美沙

 

IMGP8500 (1)

 

幼い頃から田舎暮らしに憧れ、林業の現場で働こうと決めて大阪から高知に来てその道に入りました。

 

収入間伐で重機オペレーターを6年の後、地ごしらえ植え付けから切り込み間伐までの育林作業こそやりたくなって、さらに山奥の師匠に弟子入り。

 

ステキな夫とも巡り会えて、2人で独立。林業13年目、山暮らし満喫中。

 

 

 

そう、みさちゃんは生粋の林業女子。

 

 

大坂生まれ、大坂育ちなのに、林学を学ぶために高知大学に入り、そのまま高知できこりになってしまったのです。そして現在、林業キャリア13年め。

 

前回紹介したけんちゃんよりも、実はみさちゃんの方が先輩。

 

 

プロフィールをよくご覧ください。

 

収入間伐で重機オペレーターを6年の後、地ごしらえ植え付けから切り込み間伐までの育林作業こそやりたくなって、さらに山奥の師匠に弟子入り。

 

 

林業用語が多くてわかりにくいかもしれませんが、これって実は、すごい経験なんです。

 

 

まずは重機オペレーターですよ?すごくないですか?

 

重機ですよ、じゅうき。

 

 

重機といえば「はたらくくるま」の代表格、ちびっこなら誰もが憧れるアレですよ。

 

はたらくくるま

 

こんなん運転できるなんですごい。

憧れます。

 

みさちゃんは見た目華奢な感じなんですけどねえ、すごいよなあ。

 

 

そして、

 

さらに山奥の師匠に弟子入り。

 

 

みさちゃんは当初、高知県西部の四万十地域で仕事をしていたとのこと。

 

すでに十分山奥です!

 

だって四万十は、「日本で一番東京から遠い場所」と言われてるくらいですから、、、。

 

四万十

 

そこからさらに山奥に移住して、師匠に弟子入り。

 

実際に私はけんちゃんみさちゃんのお宅にお邪魔したことがありますが、

 

 

・・・すごい山奥でした。

 

 

そんな、さらに不便な山奥にいってまでもっともっと学んで、自分の技術を高めたいという向上心がすごいと思います。

 

悟飯

 

 

重機を使った伐採と搬出から、植林、下草刈りや除伐、つるきりなどの保育作業、そして間伐から主伐採まで、林業のすべてをトータルで経験していて、全部できるという人は、男性でも多くはないと思います。

 

林業やっている人は、だいたい間伐や搬出に関わる人が多く、それ加えて育林まで全てできる!という人は実は稀なんです。

 

そのくらい、みさちゃんの経験値はすごいのです。

 

 

 

さすが、スーパー林業女子。

 

 

 

キャリア13年なので当たり前の話ですが、みさちゃんもめちゃくちゃ仕事が早いです。

 

冬の間、林業の現場で一緒に仕事しますが、やはりこの人たちと仕事すると、

 

「悟空やベジータと一緒に戦わなければならなくなったクリリンの気持ち」

 

になります。

 

クリリン3

 

ハイ、このくだり、もう3回目ですね、、、。

 

 

 

そして、みさちゃんを語るときに外せないのが、けんちゃんとの夫婦仲の良さでしょうね。

 

いつも一緒にいて、仲がいい。

 

見ていて微笑ましくなりますし、こちらまで幸せな気分になってきます。

 

 

 

それもこれもひっくるめて、みさちゃんは今の人生に満足し、日々の仕事や暮らしを満喫している感じがすごくします。これって素晴らしい。

 

 

だって、今の時代、便利な都会に住んでも、モノをたくさん持っていても、幸せじゃない人っていっぱいいます。

 

自分の仕事に喜びや楽しみや価値を見いだせない人もたくさんいます。

 

 

みさちゃんは、田舎の不便な所にあえて住んで、体力的にもキツい林業をあえてしながら、生きることそのものを全力で楽しんでいます。

 

 

そんな、生粋の林業女子、そして自分の人生を主体的に選んでいる一人の自立した大人女子、みさちゃんに、ぜひ会いに来てください。

 

 

都会の生活に疑問を感じたり、今の人生に迷っていたり、田舎への移住を考えたりしている全ての人におすすめします。

 

 

以下、やまプリ講座のご案内です。

 

 

単発参加も大丈夫なので、よろしければぜひどうぞ!

 


 

やまプリ講座  〜やまなみインタープリター講座〜

 

「やまプリ講座」は、森林や林業、そして山と関わるライフスタイルについて学ぶ講座です。

 

例えば、薪ストーブを使うと、少し人生って豊かになります。

あるいは、焚き火を囲むだけで心が穏やかになります。

 

そんな、山や森と関わる第一歩を、伐採体験やチェーンソー体験、そしてさまざまなメンバーとの交流を通じてやってみよう!という講座です。

 

日時:第一回・・・・平成29年4月29日(土・祝)9:30~17:00

第二回・・・・     6月4日(日)9:30~17:00

第三回(一泊二日)・・・7月8日(土)9:30~ 9日(日)17:00

定員:20名

会場:愛媛県今治市玉川町鍋地集落および集会場

テーマ:第一回・・・きこり入門

第二回・・・チェンソーワーク

第三回・・・森を伝える人になる

 

こんな人にオススメ!:

 

中学生以上の

 

・森林や林業にちょっと興味のある人

・木を伐採して、その木で何かを作りたい人

・チェーンソーの扱い方、選び方を知りたい人

・チェーンソーの目立て(刃の研ぎ方)の仕方、目立てに超便利!な道具の選び方を知りたい人

・薪ストーブや、薪の扱い方を学びたい人

・多様なひとびととの交流を楽しみたい人   ・・・などなど

 

参加費:連続参加:9,800円(三回一括料金、三回目の食費別途)

単発参加:初回・二回目、3,000円/回、最終回5,000円(食費別途)

 

※ガク割、あります! 中高大学生の参加費は上記料金の半額!!

 

講師:村瀬 宏之氏、江崎 賢二氏、江崎 美沙氏

 

申し込み方法:下記申し込みフォームからお申し込みください

申込フォーム

 

※本事業はセブンイレブン記念財団の助成を受けて実施します。

2017年04月26日

2017年04月28日
1 6 7 8 9 10