一般社団法人をかしや

メニュー

新年早々お引越し。

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、今日は1月4日。

三ヶ日が明けて今日から仕事はじめ、という方も多かったのではないでしょうか?

 

をかしやの今日はというと、新年早々引越しをしておりました。

というか、今日だけではなく、昨日も引越しでした。

 

昨年は大晦日まで引越し。

大晦日の本ブログにも書きましたが、私たちをかしやは、足かけ3ヶ月くらい引越ししてます。

をかしやの大晦日

 

引越し先は築100年の古民家。

 

なので、正確に言うと引越しと言うよりも、入居するための古民家の整備や掃除、リノベーションをしているのです。

 

とても伝統を重んじる地域でもあるので、入居に際しては神主さんに来ていただき、きちんと祝詞(のりと)をあげていただきました。

 

こういったことを丁寧にしてくださる大家さんに感謝です。

 

横須賀出身の、もともと関東人である私にはとても新鮮な体験でした。

p_20161029_120012

 

そしてなんだかんだでようやく昨年末であらか整備でき、昨日から本当の引越しに入っています。

 

いやー、ここまで長かった。

 

でも、ようやく形になってきたので、これからが楽しみでもあります。

今年もいろいろ仕掛けて行きますよー。

 

これからはじまる、をかしやの第二ラウンドにどうぞご期待ください!

2017年01月04日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間です。

今年一年もどうぞよろしくお願いします。

201%e6%b3%95%e4%ba%ba7%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6

 

2017年がめでたく始まりました。

皆さんはお正月どのように過ごされたでしょうか?

 

私は愛媛今治で、親族が集まって和やかな正月を過ごしました。

正月を迎えるたびに、日本人でよかったなあと思います。

 

2016年は、7年間個人事業をしてやってきた「をかしや」が一般社団法人として再スタートを切った年でした。昨年1月5日に法人登記したので、ようやく一年が経過したことになります。

 

昨年一年は、愛媛や高知での仕事に加え、ベトナムでも仕事をする機会に恵まれ、海外進出を果たした記念すべき年となりました。

 

私はひそかに決めていることがあります。

 

「10年後には、海外を飛び回って仕事をする」というのものです。

なんの根拠もないのですが、そう思っています。

 

日本は素晴らしい国ですが、それだけでなく、世界の価値観に触れたい。

世界の中の日本人として、胸を張って仕事をしていきたい。

 

日本には美しい自然や、文化や歴史など、良いものがたくさんあります。

 

もちろん世界にも、美しい自然や文化、歴史がたくさんあります。

 

そういった目には見えないけど素晴らしいものを、わかりやすく体験的に伝えていくのが私の仕事。

 

今は主に国内が舞台ですが、いずれは世界の人たちを相手に「インタープリテーション」や「エコツーリズム」の技術や考え方を伝えていきたいと思っています。

 

法人化2年めとなる2017年は、そのための第二ステージ。

 

今年も全力で駆け抜けますので、どうぞみなさま、今年も一般社団法人をかしやを、よろしくお願いいたします。

 

2017年01月03日

をかしやの大晦日

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間です。

 

さて、いよいよ大晦日。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

私たちは、昨日に引き続き、やっぱり古民家整備をしてました。

今年はとにかく、大晦日まで慌ただしい年末でした。

 

でも今日はとてもいい天気。

作業は気持ちよくすることができました。

 

今日のメインの作業は、「いちぶ」の中の棚づくり。

 

みなさん「いちぶ」って聞いたことありますか?

私は初めて聞きました。

nor

 

「いちぶ」というのは、こんな感じの屋内にある「物置」「物入れ」のことらしいです。

四国の方言なのか、愛媛のことばなのか。

詳しくはわからないけど、とにかく屋内にある物入れのことを「いちぶ」というらしい。

 

いちぶというのは、かなり広大です。

私たちの古民家にあるのは、畳三畳分くらいあります。

三畳間の、広大な空間。

棚も何もなし。

 

そのままではとても資材を収められません。

なのでしっかりとした収納棚を作りました

15822868_706923282805359_2362017021751060738_n 15740812_706923229472031_2957941606689859702_n

なかなかダイナミックなサイズでしたよ。

15747839_706923176138703_2936273075474318845_n

ということで、をかしやの2016年大晦日は、日が暮れるまで作業して、つつがなく終了しました。

みなさまの2016年はどんな年だったでしょうか?

 

いやー、これで2016年の業務がようやく終了。

今は12月31日の20:50。

 

これから年越しそば食べて。紅白歌合戦見て。年末らしく過ごします。

 

みなさまも良き年を迎えられますように!

 

来年2017年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

2016年12月31日

古民家のお宝。

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、年末ですねえ。

すでに12月30日。

今年もあと1日だけです。

 

しかし私たちをかしやは、全くそんなこと関係ない日々を過ごしています。

今、ずっと引越しをしているのです。

かれこれもう3ヶ月も。

 

「なぜ引越しに三ヶ月?」

 

そう思われるかもしれません。

 

実は、引越し先は普通の家ではなく、築100年の古民家なのです。

 

しかも、たいていの古民家は昭和の時代に現代風の改築がなされているのですが、私たちが引越しをしている物件はそういった改装が全く入っていない、100年前ほとんどそのままの家なのです。

 

当然100年もたった家なので、引っ越すためにあれこれすべきことがあります。

 

畳をあげて床下を直したり、屋根裏部屋を回収してフローリングにしたり。

あるいは古い壁をきれいにするために漆喰を塗ったりしています。

 

つまり今私たちは、古民家のリノベーションをしているのです。

 

これが手間がかかる!

 

気づけば三ヶ月もたってしまいました。

でも、少しづつきれいになっていく家を見るのはとても楽しいものです。

rimg0706 rimg0680

もともと私たちをかしやは古いものが好きです。

日本的なもの、地域の古いもの、伝統的なもの。

そういったものを大事にしたい。

 

そんな思いから、古語で「楽しい、趣のある、優美だ」を意味する「をかし」をとって「をかしや」と名付けたのです。

 

さて、築100年の古民家には、やはり「をかし」なものがあります。

たとえば、、、。

rimg0643

あ、あ、赤紙!

・・・と思ったらなんと大昔の、米を保管する道具?のチラシでした。

 

さらにさらに!

p_20161119_152115 p_20161119_151704

大正15年の新聞!

 

いやはやさすがにお宝が眠っております。

 

というわけで、明日の大晦日も片付け。

明日はどんなお宝が出てくるでしょうか?

 

それでは、また!

2016年12月30日

本気!婚活セミナー!!!

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さーて。

三日連続で事業紹介。

ずーーと、

ずーっと、

 

温めてきた企画があります。

もう4年くらいになるかな。

 

私たちをかしやは、もう6年くらい婚活イベントやってるんです。

 

でもね、婚活イベントでカップリングできる人って、だいたい決まってるんです。

こちらがどんなに工夫して、どのように参加者どうし交流できる仕組みを作っても、その結果って変わらないんです。

 

これが悔しくて。

 

基本的に世の中は不公平だと思います。

 

が、、それでも、頑張った人がそれなりに報われるようにしたい。

勇気を出して婚活イベントに来ても、しかも何回も来ても、結局実らないのでは虚しい。

 

どうしたらいいのか?

 

私の中での回答がこれです。

 

「本気!婚活セミナー!!」

 

来年度、いよいよ始動します!

 

も一回言います。

 

来年度から、本気婚活セミナーやります。

 

本気の人だけ来て欲しい。

 

なぜなら講師陣、俺たちも本気だから。

nor

 

 

今日は、今治のファミレスで作戦会議しました。

 

来年度、一泊二日×3回、4月頃から7月にかけて、やります。

 

キーワード、というか、それまで絞り込めてないけど、大事なことは三つ。

 

 

コミュニケーション(聞く力)

 

ダイエット&ボディメイク(やせる、鍛える=自分と折り合いをつける力)

 

ファッション(魅せる力)

 

 

この三つのチカラ。

 

 

私は、嘘付きたくないんです。

適当なこと言って集客したくない。

 

で、何年も婚活イベントコーディネートしてきて、間違いなく言えることがある。

それが上記三つ。

 

とにかく、やりますから。

気になる方は、このブログ要チェックです!

 

もう一度、わかりやすく言います。

こんな男子を目指します。

 

1、どんな相手とも話せて

2、痩せてる!腹筋割れてる!

、、、あるいはそこまでじゃなくてもいいけど、自分の「体」に自信持ってる!

3、オシャレになる=(デートでも服に迷いがない)

 

 

なりたくないですか?

 

乞うご期待!!!!

 

ではまたー。

 

 

nor

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年12月29日

いのししまつりin大三島

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

昨日に引き続き、来年の事業の紹介です。

 

今日紹介するのは「いのししまつりin大三島」。

 

をかしやは過去3年間、しまなみ海道 大三島を舞台に、狩猟をテーマにした事業を実施してきました。

 

その名も「狩猟合宿in大三島 〜島で猟師に命を学べ〜」

 

大三島の猟師である「なべちゃん」こと渡邊秀典氏とコラボし、実際に罠を掛け、イノシシを追いかけ、解体まで体験する。そして夜にはめちゃ美味しいしまなみイノシシを味わい尽くす!

 

というプログラムです。
過去記事はコチラ!

 

なべちゃんのすごいところは、みかん農家でありながら獣害対策のために狩猟をはじめて罠猟師となり、奪ったイノシシの命を無駄にしないために食肉処理場をつくり、「しまなみイノシシ活用隊」というチームを作り、東京や大阪などの高級レストランにきちんと販路を開拓し、獣害を見事に「資源」に変えてしまったところです。

 

獣害に悩まされてるところは全国にありますが、それを「資源」として活用し、地域ビジネスまで昇華しているところはそれほど多くないかと思います。

 

そんななべちゃんは今、イノシシ活用隊の仲間とともに、皮を活用する「島シシレザー」や「シシ骨ラーメン」など、地域を元気にしようと奮闘し、島で様々な動きを作りだしています。

 

つい先日は「みかん農家の笑顔怖すぎ!」とネット上で大炎上してました。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/1017/blnews_161017_0183242207.html

https://togetter.com/li/1038229

 

さて、そんな背景のある「狩猟合宿」

この事業に参加して大三島に移住された方もいますし、人と獣の関係を考える、とても意義のある事業だと思っています。

 

しかししかし、、、。

 

罠を仕掛け、イノシシの解体までするこの事業は、普通の人にとってハードルが高かったのも事実。

 

そこで今年は内容を完全リニューアルし、多くの人にとって楽しめるものとしました、

そして参加費も大幅に下げました!

 

題して「いのししまつりin大三島」。

 

大三島に流れるゆったりとした時間に身をゆだねながら、そこで獲れたイノシシをあらゆる手段でたべつくしちゃおう!という内容。

 

特にオススメなのが通称「モンハン焼き」と呼んでいる、イノシシもも肉の丸焼き。

これは本当にたまらん旨さ!!

imgp6491 imgp3847

しまなみのイノシシはみかんを食べているため、肉からもほんのりとみかんの香りがします。

 

しかも完璧な下処理をしているので、臭みは全くありません。

このシシ肉、普段は顧客単価1万円クラスの東京や大阪のイタリアンやフレンチ、和食のお店に卸している肉です。

 

そんな最高の「ジビエ」食材を焼肉、鍋、燻製、シシ骨ラーメンなど、あらゆる手段で食べまくります!

 

シシ一頭まるごとの解体はしませんが、半身使って部位ごとにダイナミックに調理しますよー!!

 

imgp3820 imgp3808 %e3%82%b7%e3%82%b7%e9%aa%a8%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%ef%bc%92

 

もちろん、ただ食べるだけではなく、しまなみイノシシ活用隊の話を聞いたり、実際にイノシシのいる大三島の山を歩いたり、みんなで料理を作ったり、参加メンバー同士で交流も楽しめるワークショップとなっています。

 

p_20150919_172300 imgp3508 imgp9363 %e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%86%99%e7%9c%9f

 

昨年までとは、泊まる場所も変わりました。

そしてこれがまたオススメです。

 

泊まるのは、今年オープンした素敵なゲストハウス「OHANA」

OHANAゲストハウス

 

東京から移住してこられたオーナーさんが経営する、オーガニックゲストハウス&カフェです。

私も先日初めてお邪魔しましたが、とても雰囲気の良いところです。

 

ohana%e3%82%b1%e3%82%99%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc ohana%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9f%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc

 

ということで、完全に新しくなった「いのししまつりin大三島」。

以下の要領で開催しますので、ぜひ多くの方に来ていただきたいと思っています。

ご縁のある方と出会えるのを楽しみにしています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いのししまつりin大三島」

期 日 :2017年 2月4日(土)13時 ~5日 (日)12時頃解散

場 所 :愛媛県今治市(大三島) 食肉処理施設とOHANAゲストハウス
(大三島町宮浦)
内 容 :

○しまなみのシシ肉は美味い!猪肉をあれこれ調理して食べよう

○人と自然の関わりについて考えよう! のワーク

○ちょっとドキドキ!半身のイノシシをさばいてみよう。

○イノシシはどこにいる?大三島をゆるりと散策しよう

○島のカフェでのんびりお茶タイム
・・・などなど

 

対 象 :16歳以上の
・とにかく美味しいジビエを食べたい人

・島でのんびりと過ごしたい人

・狩猟、野生動物を通じた地域活性化に興味のある方

・自然や環境、アウトドアが好きな人

・狩猟をこれからはじめてみたい人

・なべちゃんや、をかしやの取り組みが気になる人

 

定 員 :15名

参加費 :14,800円(宿泊、モモ肉丸焼き=モンハン焼き等、猪肉満喫の食費込み!)

※夜の懇親会費は別途、1,000円程度です。

 

申込締切:1月29日(日)

申し込み方法:

info@wokasiya.jp まで、以下の項目をご記入の上メール下さい。

※@を@に変えてください
①名前/②性別/③生年月日/④住所/⑤メールアドレス/
⑥緊急連絡先(携帯電話)/⑦参加動機/⑧本事業を知ったきっかけ

お電話でのお申込は0898-55-3976まで。

 

その他 :解体した猪肉が残った場合は実費にて販売します。
自分で解体したシシ肉をお土産にもって帰れます!

 

 

 

2016年12月28日

不便キャンプ2017 薪を使いこなす!

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、年末も押し迫って今年も残すところあと5日。

みなさんはいかがおすごしでしょうか?

 

今日は来年の2月に実施する事業の紹介をしたいと思います。

その名も「不便キャンプ2017 薪をつかいこなす!」。

 

私たちは、四国とその周辺エリアのインタープリターやファシリテーターの同業者が集まって「南海道ネットワーク」というのを結成しています。そして年に何回か、南海道ネットワーク主催で持ち回りでいろんな事業を実施しています。

 

https://nankaido.jimdo.com/これまでの記録/

 

そして今回の担当は、淡路島在住のファシリテーター「マーキー」こと青木 将幸氏。

 

淡路島にある古民家「琴屋」を舞台に、「薪」をフル活用した暮らしを実践してみます。

 

琴屋には電気も水道もガスも通っていません。

 

しかも開催時期は一年で一番寒い2月の頃。

便利なインフラなしでどーやって過ごすんだ!?

とお考えの方も多いでしょう。

 

でも大丈夫。

 

寒いからこそ、不便だからこそ、知恵が生まれるのです。

薪を使いこなして暖をとり、食事を作る。

そんなシンプルな暮らしの中に、昔ながらの「生きる知恵」が詰まっています。

 

興味のある方は、ぜひご一緒しましょう!

私の大好きな、灯油ランタンの使い方講座もやりますよー!!

 

以下、ご案内です。

 

 

不便キャンプ2017「薪を使いこなす!」

〜薪をつくる、薪棚を組む、薪を使う〜

2017年2月1-2日(水・木)in淡路島

会場の古民家「琴屋」
会場の古民家「琴屋」
琴屋の庭での団欒
琴屋の庭での団欒
ランタンの灯火
ランタンの灯火

 

 

 

みなさん、こんにちは。ファシリテーターの青木将幸です。

冬の寒さが厳しくなるなか、いかがお過ごしでしょうか?

 

このたび、南海道ネットワークというアウトドアの達人の仲間たちといっしょに、不便キャンプ2017「薪を使いこなす!」を開催します。

 

会場は、淡路島にある築100年の古民家・琴屋(ことや)。

古い瓦屋根の、どっしりした古民家ですが、ここには電気・ガス・水道が通っていません。

 

しかし、井戸と、薪の材料となる木々や古材は周辺に豊富にあります。

 

有史以前より、人類は薪を使いこなすことで、暖を取り、食事をつくり、道具を加工し、外敵から身を守ってきました。

 

スマートフォンや、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯ジャーなど、日常の便利な家電をいったん置いて、「薪」という人類の原点にもどり、2日間をじっくり楽しんでみようと思います。

 

このキャンプに参加すれば、 「薪の扱い」が格段に上手になります!

 

具体的には、以下のようなことをやろうと思っています

 

・木を切って、薪をつくろう→チェーンソーやのこぎりの使い方を習得できます

・薪割りにチャレンジ→斧や鉈の扱いのコツをお伝えします

・薪棚をつくろう!→実際に使える薪棚を作り、古民家に設置していただきます

・3度の食事を、薪でつくろう!→オール薪で料理を試みます!

・ファイヤープレイスやかまどの設置のコツを学ぶ

→実際に古民家でそれらを設置し、利用してゆきます

・電気やガスに頼らないで非電化で暮らすコツを学ぶ

・灯油ランタンなど電気を使わない灯りを使えるようになる

 

などといった、アウトドアや災害時にも役立つノウハウを、わいわいやりながら、身につけてゆけたらと思います。みなさんのオススメ道具や、得意技などを見せ合いながら、楽しくすごしましょう。

 

指導するのは、3人のアウトドアの達人です。

香川の「赤ひげ」こと松野陽平さん、愛媛の「マロ」こと菊間彰さん、広島の「ヒロキチ」こと河野宏樹さん。

 

いずれも経験豊富で、楽しいイケメン?達。

この3人に出会えるだけでも、ラッキーです。

進行役は淡路島在住のファシリテーター、青木マーキーがつとめます。

 

冬、最も寒い2月にこそ、薪で暖をとるベスト・タイミングです。

平日の2日間、休みをとって、ぜひおいでください!

 

◆日時 2017年2月1日(水)10:30開始  2日(木)16:00終了の1泊2日

◆場所 淡路島の古民家・琴屋(兵庫県南あわじ市津井1348)

◆参加費 10,000円(シュラフ持参の方は500円引きで9500円!)

◆定員 10名(アウトドアの経験がなくてもOK。どなたでも参加できます。)

 

◆ご案内

松野 陽平(まつの・ようへい) 絆創工房代表  http://hansoukoubou.jimdo.com/

うどん×ロゲイニング大会実行委員長。体験活動を通して人 と人、人と自然のつながりを創ることを目的とし、体験活動の企画運営を主 に行っている。2時間のエコツアーガイドから14泊15日の子どもキャンプの ディレクターまで、立場も期間も幅広く関わる。ツリークライミングの技術 を活かし、樹上の世界を案内するのが得意技。

 

 

菊間彰(きくま・あきら) 一般社団法人をかしや 代表  http://wokasiya.jp/

1974年生まれ。「よろず体験事務所をかしや」代表。環境教育と自然ガイド(インタープリテーション)が専門。エコツアー企画・実施、人材育成研修、各種ワークショップを手がける。富士山麓の「ホールアース自然学校」、沖縄のエコツアーガイド、愛知万博「森の自然学校」、「生態計画研究所」を経て、2008年より愛媛県今治市に移住、をかしやを設立。「まごころこめて、ほんものを提供する」がモットーのインタープリター(自然案内人)。人と自然が好き。

 

 

河野宏樹(こうの・ひろき) 環境教育事務所Leaf 代表  http://4leaves.jp

1974年広島生まれ。静岡県にあるホールアース自然学校職員を経て、2004年に「環境教育事務所Leaf」を設立。学校、企業、自治体、公益法人等との協働を通じて環境・平和・国際協力を中心とした教育事業を行なうと同時に、参加体験型学習のプログラム開発や指導者養成を行なっている。先祖は河野水軍だと聞いているが、瀬戸内の巨石を見ると血が騒ぐのはそのDNAのせいかと納得している今日この頃。

 

 

青木将幸(あおき・まさゆき) 青木将幸ファシリテーター事務所 代表  http://www.aokiworks.net/

1976年生まれ。熊野出身。環境NGO、企画会社などを経て、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。年回100回近くの会議、研修、ワークショップの進行役として、全国を駆け巡る。2012年3月より淡路島に移住。最近は、古民家の壁塗りや、草取りをしつつ、釣りや料理などで、淡路島を満喫中。

 

◆お申し込みは、 下記をご記入の上、marky@aokiworks.net(担当:青木)にメール下さい。 1)氏名(ふりがな) 2)性別 3)生年月日(保険加入用) 4)住所(郵便番号) 5)携帯電話番号 6)メールアドレス 7)会場までの交通手段(自家用車・高速バス・その他) 8) 参加にあたって一言

 

★高速バス移動の方は、東京・名古屋などからも、品川6:00発のぞみ99号で到着できます。  新神戸経由で、三ノ宮駅から9:00に出発する「みなと観光バス・淡路島特急」にご乗車下さい。  自家用車移動の方は、直接現地へお越しください。

 

2016年12月27日

メリークリスマス!!

こんばんは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

いやー、クリスマスですね。

とくに今年はクリスマスと三連休が重なったこともあり、家族や仲の良の良い友人、あるいは恋人同士、楽しく過ごされた方も多いのではないでしょうか?

 

最近では「クリぼっち」=クリスマスにひとりぼっちで過ごす、という言葉もあるようです。

 

そして私はこの言葉、大好きです。

 

今でこそ私も家族で過ごすようになりましたが、以前は一人で過ごすことも多かった。

というか、私は群れて過ごすのが好きではなく、基本一人の時間が好きです。

一人の時間があってこそ、いろんなアイデアが産まれてくるもの。

 

クリぼっち、上等ではないでしょうか?

 

そもそも論ではありますが、完全に日本に定着したクリスマスではありますが、なんで恋人同士で過ごさなきゃいけないんでしょうか?イエス・キリストの生誕祭に日本人が相乗りしてるだけのような気がしますね、、、。家族で楽しくするのはいいかもしれないけど、、、。

 

まあ賛否両論あれど、こういうところ、つまり外国の文化をうまくアレンジして取り入れるところ、日本人はとても上手だと思います。

 

ここ数年で言えばハロウィンでしょうか?

 

ハロウィン当日、私は高知にいましたが、いやー、高知でも仮装してる人が多かった!

当人に許可とってますので、ここに少し載せさせていただきます。

 

p_20161031_220913p_20161031_221832 p_20161031_220723 p_20161031_215345

 

いやー、華やか華やか。

 

ただちょっと気になったのは、コスプレしてる子は圧倒的に若い子が多いこと。

そして女の子が多い。

 

男子コスプレイヤーは、時間が遅かったこともあるのか、全然見かけませんでした。

おっさんや淑女に至っては皆無。

 

うーむ、もっともっと海外のように、紳士淑女も普通に仮装して楽しめる大衆文化になるといいなーと個人的には思っております。

 

ともあれ、クリスマスのこの夜、どうか皆さんが幸せに過ごせますように。

 

メリークリスマス!

 

 

 

 

2016年12月25日

伊予の海。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

今日の愛媛はとても暖かな1日でした。

しかし昨日は全く違っていて、とにかくすごかった!

スカッと晴れてはいたものの寒くて風が強く、なかなかダイナミックな天気でした。

 

私は昨日松山にいたのですが、普段は穏やかな海が、昨日は波がすごく高く、まるで高知の海のよう。

 

愛媛の海は、私たち をかしやのあるしまなみも松山付近も瀬戸内海のため、普段は全然波はありません。

 

とても穏やかで、まるで湖のような静けさです。

%e9%87%a3%e3%82%8a%e7%94%b7%e5%ad%90

これは夏の写真ですが、季節を問わずこんな感じ。

潮は早いけど波はなく、とても美しい海です。

 

私は数年間よりサーフィンを趣味にしています。

愛媛は山あり海あり、川あり森ありと、自然遊びにはもってこいで、ほぼどんな遊びでもできます。

 

あたたかい愛媛ですが、意外や意外、スキーもできます。

現在営業してるだけでも、愛媛県内にスキー場が3つもあるのです!

 

そんな自然天国愛媛にあって、ほぼ唯一できない自然遊びがサーフィン。

なので私は波を求めて片道3時間半かけて高知まで通い、サーフィンをしていました。

 

 

しかししかし、そんな波のない愛媛の海に、昨日はすごい波がたったのです!

私は愛媛に移住してからもうすぐ9年になりますが、こんなことは初めてでした。

その光景がこちら。

dav dav dav

どうでしょう?

ちょっとすごくないですか?

 

いつもとあまりに違うので、近所のおじいちゃんおばあちゃんも見に来ていましたよ。

私も心底びっくりしました。

 

いやー、やっぱり自然ってすごい。

そして改めて、つくづく自然は奥深く面白いなーと思ったのでした。

 

それでは、また!

 

 

 

 

 

2016年12月24日

をかしやのHPについて

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて今日は、をかしやのホームページについて書きます。

そして初めてスマホから投稿してみます。

パソコン忘れて出てきてしまったので、、、。

 

旧をかしやホームページは、理事でもある妻「たま」が作りました。もう八年も前になります

 

当時のをかしやの主なコンテンツは、自然体験とエコツアーでした。しかし今は、さまざまな研修がおもな業務になっています。

年月がたつうちに変遷してきたんですね。

 

しかし、ホームページにはそれが何年も反映されておらず、長いこと業務とのミスマッチが起こっていました。

 

これはイカン、

なんとかしないと。

 

ということで、今年法人化したのに合わせ、新ホームページを作成しました。

 

作るに当たって、自分たちで作るのはしんどいので、業者さんにお願いすることにしました。誰に頼むかは、相当悩みました。

 

なぜなら、私たちの仕事は非常に特殊で、それをわかりやすくカタチにしてもらうのは相当むずかしいことは明らかだからです。

 

依頼したのは「ワクタル・デザイン&イノベーション」さん。

ビジネスと融合したデザインを制作する、ワクタルデザイン (WAKTAL DESIGN)

 

代表の飯尾さんとは、八年ほど前、つまり愛媛に来てすぐの頃、とあるセミナーで出会いました。とても爽やかな印象でした。

 

でもそれ以降、あまり関わりはなかったのですが、改めてワクタルさんのHPを見て、依頼することを決めました。

 

まず、デザインのプロとしての姿勢がすばらしい。

お金で物事を判断しないとか、お客さんのためになるデザインをする、とか、エロやバイオレンスを肯定するデザインはしない、とか。

 

私もプロだからわかりますが、プロは自分のもつ武器の力を知っているものです。私も、私のもつ「伝える力」を良いことのためだけに使いたいと思っています。

ワクタルについて

 

そして、飯尾さんの過去の話が赤裸々でおもしろい!

こういう紆余曲折を経てきた人は、絶対に人を裏切らないだろう確信がありました。

 

ちょっと長いですが、良かったらぜひ読んでみてください。

飯尾 渉について

 

そうしてできたのが、このホームページとブログです。

 

結果として、ワクタルさんに頼んで本当に良かったと思っています。

伝えたくても伝わらないわかりにくい私たちをかしやの仕事を、見事に「見える化」してくださいました。

 

まさに、人の魅力を引き出すプロだと感じました。

 

本当にありがたいことです。

ホームページ作りたい、リニューアルしたい。

そんなときは「ワクタル」さんを超絶オススメします!

 

ということで、今日はホームページについて綴ってみました。そしてスマホでの入力はホントに疲れた、、、。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

とあるファミレスにて。

bty
2016年12月23日
1 10 11 12 13 14